「怒り」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「怒り」


李相日監督が、「悪人」に次いで
吉田修一の原作を映画化した衝撃の群像ミステリードラマ。


怒り MOVIE


夏の暑い盛りに、東京の八王子で若夫婦が惨殺される事件が発生。
現場には「怒」の血文字が書き記されていた。
逃亡した犯人の行方をつかめぬまま、警察が全国に指名手配してから1年。
千葉の漁港で田代、東京の新宿で直人、
そして沖縄の離島ではバックパッカーの田中と、
3つの相異なる場所で素性のよく知れない3人の男たちが出現。
それぞれ周囲の人々と次第に交流を深める中、
彼らの間に愛憎と葛藤のドラマが生じるようになる。



制作年/2016
内容時間/142分

監督/李相日
企画/川村元気
原作/吉田修一
脚本/李相日
撮影/笠松則通
音楽/坂本龍一
主題歌/坂本龍一 feat. 2CELLOS「M21-許し forgiveness」

(CAST)
槙洋平/渡辺謙
藤田優馬/妻夫木聡
槙愛子/宮崎あおい
田中信吾/森山未來
田代哲也/松山ケンイチ
大西直人/綾野剛
小宮山泉/広瀬すず
佐久本宝/知念辰哉
薫/高畑充希
明日香/池脇千鶴
南条邦久/ピエール瀧
北見壮介/三浦貴大
藤田貴子/原日出子


吉田修一さんの原作『怒り(前後編)』を読んだ後に映画を観ましたが
内容を知っていてもかなりショッキングな映画でした

容疑者と思われる3人
田中信吾役の森山未來さん
田代哲也役の松山ケンイチさん
大西直人役の綾野剛さん、3人とも見事な演技で
私は犯人が誰か分かっていましたが
それでも惑わされました^^;

3人の側に寄りそう人々は彼等を怪しむけれど
でも犯人だという確証はない
信じたいけれどでも信じられない…
でも少しでも疑ってしまったら
もう歯止めがきかなくなってしまう…
原作を読んだときにも感じましたが
怒りというよりは寂しくそして哀しい物語でした
(犯人に対する感情は怒りでしたけどね)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_01_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.