「羊の木」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「羊の木」


過疎対策として元受刑者6人を受け入れた地方都市で、
プロジェクトを任された市役所職員は彼らに翻弄され…。


映画 羊の木


港町・魚深市の市役所職員・月末は、
上司から極秘の国家的プロジェクトを任される。
それは受刑者を仮釈放させ、
過疎化が進む町で彼らを受け入れるというものだった。
月末は6人の元受刑者を出迎え、身の回りの世話をすることになる。
その一方、月末は市役所で故郷に戻った元同級生の文と再会、
かつての仲間たちを加えてバンド活動を再開する。
だがそんな中、港で死亡事故が発生、
元受刑者の誰かが犯人なのではないかと疑われ…。



制作年/2018
内容時間/127分

監督/吉田大八
脚本/香川まさひと
原作/山上たつひこ、いがらしみきお
撮影/芦澤明子
音楽プロデューサー/緑川徹ほか
音楽/山口龍夫
主題歌/ニック・ケイブ・アンド・ザ・バッド・シーズ

(CAST)
月末一/錦戸亮
石田文/木村文乃
杉山勝志/北村一輝
太田理江子/優香
栗本清美/市川実日子
福元宏郎/水澤紳吾
宮腰一郎/松田龍平
大野克美/田中泯


元受刑者達の得体の知れない不気味さ!?を
6人の役者陣が見事に演じていました!

個性的で存在感のある役者6人が演じる受刑者は
普通に生活をしているだけでも何だか不気味で…
中でも松田龍平さんはホント嵌まり役でした
宮腰一郎役は松田さんでなければ
あの空気感は出せなかったのでは!?
ナイスキャスティング!

6人に振り回される月末一役の錦戸亮さん
人の良さそうな市役所職員役似合っていました
月末は宮澤とは真逆のキャラクターで
錦戸=普通の人、松田=危ない人
2人のシーンでは見ているコチラが不安になるほど
それに気づかない人のいい月末に
そんなに無防備に信じていいの!?と…

宮澤の不気味さを淡々とした演技で表現していた松田さん
ホントお見事でした!

物語としてはサスペンスの部分だけではなく
人をどこまで信じることが出来るのか…
元受刑者と彼等を取り巻く人々の心の葛藤
過去の犯罪者としてではなく
真摯に仕事に取り組む彼等を受け入れる人もいて
それの先に僅かでも希望があるのかな!?
そう感じさせてくれた映画でした
面白かったです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_01_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.