「月の満ち欠け」



佐藤正午さんの「月の満ち欠け」


この娘が、
いまは亡き我が子?
いまは亡き妻?
いまは亡き恋人?

そうでないなら、
はたしてこの子は
何者なのか?

自分が命を落とすようなことがあったら、
もういちど生まれ変わる。

月のように。
いちど欠けた月がもういちど満ちるように―

そして、あなたの前に現れる。 ~『帯紙』より~


月の満ち欠け 2カバー


あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──
目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?
三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、
その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。
この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。



『直木賞受賞『月の満ち欠け』rebornキャンペーンがスタートしました!
新カバーでお近くの書店さんに登場中。
新カバーの裏には、受賞式で読み上げられた佐藤正午さんのメッセージが印刷されています。』

私が購入したのはキャンペーン商品だったのね^^;
二重カバーになっていたので???
直木賞を受賞したのでカバーを変えたかったのかな?とも思ったのですが
それなら最初のカバーを外すよね!?
編集者のコメントを読み納得しました。
追加されたカバーの裏にはちゃんと佐藤正午さんのメッセージがありましたよ(^^)


輪廻転生をテーマにした物語は
これまでにも沢山出会いましたが
本書では生まれ変わりを「月の満ち欠け」にたとえており
とても詩的な表現で心にすっと入ってきました。


愛する人に出会うため輪廻転生を繰り返す瑠璃
瑠璃の繰り返しの生により振り回される人々の戸惑いと混乱…

確かに純粋な究極の愛を描いていると思うのですが
それは愛というよりもエゴに近い?
そう感じてしまった私はひねくれているのかも…^^;
ラストもビックリで…衝撃というよりも…何でもあり?
小山内さんもこれは嫌でしょう!?


佐藤正午さんの作品を初めて読みましたが
登場人物にあまり共感できず…
でも物語としてはとても面白かったです。
冒頭から不穏な雰囲気を醸し出し
輪廻転生もの?とすぐに気づきましたが
これほど繰り返されるとは…
正しく“月の満ち欠け”でしたね。

最近私は電車の中でしか本を読まないのですが
本書は続きが気になり帰宅後も読み続け
ほぼ一気読み!?でした(^^)




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_11_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.