「天風遙かに」芝村凉也さんの返り忠兵衛 江戸見聞シリーズ第15弾



芝村凉也さんの返り忠兵衛 江戸見聞シリーズ第15弾「天風遙かに」


定海の地に思いを馳せる
忠兵衛の避けられぬ闘い
守旧派の横暴と襲いかかる飢饉


天風遙かに


定海藩では守旧派の首魁たちによる横暴が目立つようになり、
さらに天候不順による飢饉が襲いかかろうとしていた。
一方、江戸において藩を憂うも為す術のない筧忠兵衛には、
神原采女正や浅井蔵人との避けようのない立ち合いのときが迫っていた。
定海藩の運命と忠兵衛の運命、すべてが決着を迎える。
書き下ろし長編時代小説第十五弾、堂々のシリーズ完結編。


本書「天風遙かに」で返り忠兵衛 江戸見聞シリーズ完結しました!

私にとっては浅井蔵人や神原采女正の印象が強く
最終巻を読み終えても主人公・忠兵衛
あまり印象に残っていないです…^^;
ただ定海藩の農民が江戸に直訴に向かったシーン
(影で忠兵衛を助けた大物の存在もあったのですが)
忠兵衛大活躍!(初)カッコよかったです!

これまでに起こった様々な問題を
大風呂敷でバサッとすくい取ったようなラスト
張られた伏線をしっかりと回収してくれたので
読み終えた後はスッキリ爽快!

定海藩に戻った忠兵衛と紗智には
藩を立て直すという難問が待っている
でも若い忠兵衛と紗智の二人なら
定海藩の抱える問題も解決できるのでは?
そう感じさせるラストでした。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_11_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.