「スラムドッグ$ミリオネア」


インドのスラム育ちの青年がTVのクイズ番組に出場、
いよいよ番組史上最高額の賞金が懸かった最後の問題を前にするが?


スラムドッグ$ミリオネア


インド。国民的な人気を誇るTVのクイズ番組に出場した青年ジャマールは、
次々と難問に正解し、いよいよ番組史上最高の賞金が懸かった
最後の問題を残すのみとなった。
だが、そこで初日の収録を終えたジャマールは、警察に逮捕されてしまう。
スラム育ちでまともな教育も受けてこなかった彼が、
これまでの難問に答えられるわけがないと不正を疑われたのだ。
ジャマールは無実を証明するため、彼が体験した波乱の過去を語り出す。


原題/Slumdog Millionaire
制作年/2008
制作国/イギリス
内容時間/121分

監督/ダニー・ボイル
共同監督/ラヴリーン・タンダン
製作/クリスチャン・コルソン
脚本/サイモン・ビューフォイ
撮影/アンソニー・ドッド・マントル
音楽/A・R・ラフマーン

(CAST)
ジャマール・マリク(青年期)/デヴ・パテル
ラティカ(青年期)/フリーダ・ピント
サリーム・マリク(青年期)/マドゥル・ミッタル
プレーム・クマール/アニル・カプール
警部/イルファン・カーン

“第81回アカデミー賞で8部門に輝いた傑作!”
第81回(2008)アカデミー賞作品賞
第81回(2008)アカデミー賞監督賞「ダニー・ボイル」
第81回(2008)アカデミー賞脚色賞「サイモン・ボーフォイ」
第81回(2008)アカデミー賞撮影賞
第81回(2008)アカデミー賞編集賞
第81回(2008)アカデミー賞録音賞
第81回(2008)アカデミー賞作曲賞「A・R・ラーマン」
第81回(2008)アカデミー賞歌曲賞「Gulzar、A・R・ラーマン」


当時、アカデミー賞の授賞式をTVで観て興味はあったのですが
衝撃的な内容なので映画館へは足を運べず・・・^^;
結局見る機会を逸してしまった作品

でも親子ほどの年の差がある友人Yさんに
『すごく面白くていい映画なので是非観てください!』と勧められ
今頃ですが…やっと観ました^^;

Yさんの言うとおり『面白かったです!』
もちろんスラムや子供を食い物にする大人達の描写など
衝撃的なシーンはありましたが
混沌とした中に溢れ出るエネルギーが凄い
映画の脚本、構成や映像、音楽、俳優陣も素晴らしく
特に心が痛くなるほど子役の子どもたちの演技がリアルで
アカデミー賞8部門受賞に価する素晴らしい作品でした

社会派イギリス映画を観る度に感じることは
そこまで描いて大丈夫!?
今回はインドからクレームがなかったのかな?と
インド社会の闇を正面から描いていた映画でした

本作「スラムドッグ$ミリオネア」も社会派映画だと思いましたが
『未来を花束にして』や『わたしは、ダニエル・ブレイク』など
社会派イギリス映画は一度見ると忘れることができない
後々まで印象に残る秀作が多いですね



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2021_05_11




「青くて痛くて脆い」


住野よるさんの同名ベストセラー小説を、
吉沢亮さんと杉咲花さんの主演で映画化。

大学で友人と秘密結社サークルを結成した青年が、
変わり果てたサークルへ復讐を企てるのだが……。


青く痛くて脆い


人付き合いが苦手な大学生の青年・田端楓は、
あるとき空気を読まない理想論を振りかざして
周囲から煙たがられていた同級生・秋好寿乃と知り合う。
ひとりぼっち同士の2人は友人となり、
“世界を変える”ための秘密結社サークル“モアイ”を結成する。
だが、やがて秋好は“この世界”から消え、
モアイは企業とのコネ作りが目的の就活サークルに変貌してしまう。
楓は自分から居場所と秋好を奪ったモアイへの復讐を誓うのだが……。



制作年/2020
内容時間/119分

監督/狩山俊輔
脚本/杉原憲明
撮影/花村也寸志
音楽/坂本秀一

(CAST)
田端楓/吉沢亮
秋好寿乃/杉咲花
前川董介/岡山天音
本田朝美/松本穂香
天野巧/清水尋也
西山瑞希/森七菜
川原理沙/茅島みずき
大橋/光石研
脇坂/柄本佑


住野よるさんの原作は未読です

「青くて痛くて脆い」はタイトルを見て気になり
誰が出演しているのかな!?とチェックして見ると
なんと、NHKの大河ドラマ『青天を衝け』の主役・吉沢亮さんと
NHK連続テレビ小説『おちょやん』の主役・杉咲花さんが出演している!
(私が)今年一番注目しているお二人がW主演!凄すぎる!!
そして、住野よるさんの『君の膵臓が食べたい』
原作小説&映画がとても面白かったので
本映画もかなり期待して観ました
でも吉沢亮さんと杉咲花さんの演技力のお蔭で!?
映画を見ながら何ともやるせない気持ちに

吉沢亮さん演じる楓は
自分でも気づいていない感情“嫉妬や妬み”に捕らわれ
負の感情をコントロール出来なくなってしまう
自己中心的な思い込みの結果復讐を果たすが
その結果本当は一番大切にしたかっただろう人を傷つけてしまうことに

楓や秋吉だけでなく登場人物達が何かしらズレて見えたのは
私がおばさんだからかな!?感性が固まっている?

SNSを使うことに対しての躊躇のなさに唖然としてしまい
ネット社会の歪みが人の悪意を倍加させてしまう
便利だけど使い方によっては凶器にもなる
今の現代の風潮を描いている作品だと感じました

もう一つ、いや一番嫌なシーンは
光石研さん演じる先生が森七菜さん演じる不登校の教え子に
学校に来るよう強要し迫るシーン
自分が一番正しいという思い込み
自分は相手のことを一番に考え助けてあげているんだと
他者の考えを受け入れない典型的なシーンで
このシーンを見ながら瑞希同様に必死に逃げ出したくなりました

タイトル通り、正しく「青くて痛くて脆い」映画でした
ただラストシーンで少しだけ希望を感じられたかな
楓は傷つくことを恐れずに勇気ある一歩を踏み出せた!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2021_05_09




04  « 2021_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.