2020年、1年間で私が観た映画のトータル本数は141本です
昨年が83本だったのでかなり増えている!
それは新型コロナのお蔭ですね (・・・悪いことだけではなかった!?)
自粛でSTAY HOME中には、本当に映画に救われました
映画ありがとう(私はWOWOWにもありがとうですね)

・邦画→103
・洋画→16
・アニメ→20
・アジア映画→2

今年もダントツ邦画が多かったのですが
それは平成仮面ライダーシリーズが思いのほか面白くて
放送された全作品を観てしまったから^^;

アジア映画は2本と少ないのですが、2本とも『十年』と『パラサイト』という秀作
『十年』は今年観た映画の中で特に印象に残った映画のひとつです

アニメでは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と
『この世界の(さらにいくつもの)片隅で』
その2本を観た時の感動は今でも心に残っています
本当に素晴らしい作品でした
『花とアリス殺人事件』も意表を突く展開で楽しめました

洋画で印象に残っている作品は
『運び屋』『うちに帰ろう』『ウィンストン・チャーチル/ヒットラーから世界を救った男』
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』の4本です
4本とも実際に起こったエピソードを元に描いているからか、とても心に響く作品でした

最後に103本の邦画の中で特に印象に残った映画は
『新聞記者』『あの日のオルガン』『蜂蜜と遠雷』『日日是好日』
『記憶にございません』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』『his』・・・他にもありますがキリがないので
社会派ドラマ、コメディー、ベストセラー小説を映画化した作品等
様々なジャンルで楽しませてもらえました

来年も沢山の映画と出会いたいですね


今年一年お世話になりました
来年も(拙い文ですが)当ブログでひとり言を続けていくつもりです
「映画の世界~私のひとり言~」来年もヨロシクお願いしますm(__)m
 
来年も(来年こそはですね・・・)
皆様にとって素晴らしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます



テーマ : 年末&お正月    ジャンル : 日記
 2020_12_31




「愛唄-約束のナクヒト-」


「キセキ -あの日のソビト-」の製作陣による、
GReeeeNの楽曲をモチーフとした映画プロジェクトの2作目


愛唄


平凡で無気力な毎日を送り、
恋することも知らずに育った青年サラリーマンのトオル。
ある日、彼は自分の人生のタイムリミットを知らされ
自暴自棄になり、ビルから飛び降りようとするが、
元バンドマンの旧友・龍也と再会。
偶然拾った詩集をきっかけに親しくなった
元女優の比呂乃との出会いから何かが少しずつ変わり始める。
そして、トオルは病院で入院している少女・凪と知り合うが、
彼女はトオルが影響された詩集の作者本人だった。



制作年/2019
内容時間/128分


監督/川村泰祐
脚本/GReeeeN
脚本/清水匡
撮影/向後光徳
音楽/GReeeeN


(CAST)
野宮透/横浜流星
伊藤凪/清原果耶
坂本龍也/飯島寛騎
小池妙子/中村ゆり
相川比呂乃/成海璃子
橋野冴子/中山美穂
伊藤佐和/富田靖子
野宮美智子/財前直見


凪役の清原果耶さん目当てで観た映画ですが
他のキャストもとてもよかったです
主演の横浜流星さんの演じた余命3ヶ月の透
飯島寛騎さんが演じた透の友人・元バンドマンの龍也
透が偶然拾った詩集の持ち主、元女優・相川比呂乃役の成海璃子さん
みなさんの飾らないナチュラルな演技に惹き込まれました
そんな若手俳優陣に埋もれずに私が気になった人がもう一人
それは誰かというと看護師を演じていた中村ゆりさん
中村さんが登場するとついつい目がいってしまい
中村さんの清楚な美しさに自然と惹き付けられた!?

透が余命宣告を受けた日
透はショックのあまり生きる気力を無くし
ビルから飛び降りようとしていたが
そんな透を偶然龍也が見かけて声をかける
一見遊び人風の龍也ですが
その龍也が透に言った言葉が心に刺さりました
その言葉はショックを受けている透にすぐには届きませんが
伊藤凪の詩『K』に出会ったことで透の心に何かが芽生える
自分の思いから逃げていた相川比呂乃の背中を押し
透自身も凪と共にその日を迎えるまで生ききる
凪もどこかで自分の思いを抑え諦めていた!?
そんな凪も透と出会ったことで生ききったのかな
そう思えた映画でした

ただ親の立場で見ると本当に辛い・・・
富田靖子さん演じる凪の母
財前直見さん演じる透の母
そのシーンは涙が溢れてきて止まらず



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_30


「mellow」

Category: 映画 > ・邦画  


「mellow」


ドラマ「おっさんずラブ」などで人気の田中圭さんが、
主人公の花をこよなく愛するイケメンの夏目役で出演
イケメンで独身の夏目をめぐるもつれた恋愛騒動を
今泉力哉監督がコミカルに描いた恋愛群像劇


mellow


オシャレな生花店〈mellow〉を営む夏目誠一。
亡き父親に代わって近くのラーメン店の若き店主となった古川木帆や、
近所に住む中学生の浅井宏美など、
独身のイケメンである彼にひそかに恋心を抱く女性たちは数多いが、
花をこよなく愛する彼は、一向にそれに気付くことなく穏やかな毎日を送っている。
そんなある日、夏目は、店の顧客である人妻の青木麻里子から、
彼女の夫も同席した場で突然愛の告白を受け、面食らうことに。


制作年/2020
内容時間/106分


監督/今泉力哉
脚本/今泉力哉
撮影/水口智之
音楽/ゲイリー芦屋


(CAST)
夏目誠一/田中圭
古川木帆/岡崎紗絵
浅井宏美/志田彩良
原田さほ/白鳥玉季
青木麻里子/ともさかりえ


クリスマスなのでホンワカした映画を観たいな?と思い
タイトルにつられて今泉監督の『mellow』を観たのですが
私が思っていたのとは少々違っていて
ラブロマンス的な映画と思っていたのですが・・・
突っ込み処満載の不思議でコミカルな映画でした(笑)

ともさかりえさんが演じた青木麻里子が面白くて
ともさかさん、つかみどころのないフンワリキャラ嵌まり役でしたね

中学生の少女&夏目の姪のさほちゃんも可愛くて
とてもナチュラルな演技が印象的でした

私が一番うけたのは、夏目と木帆のラストシーン
“飛行機が!”
そこで終わる!?と思わず突っ込んでしまいましたが
でも二人の少し間の抜けた距離感がよかったです

よくわからない(つかみどころのない)映画でしたが
見終えた後ホンワカとした気分にはなれました(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_25




「任侠学園」


今野敏さんの人気小説を
西島秀俊さん、西田敏行さんW主演で
木村ひさし監督が映画化


任侠学園


困っている人は見過ごせない義理と人情に厚すぎるヤクザ“阿岐本組”。
社会貢献に目がない組長は後先考えずに厄介事を引き受けてしまい、
ナンバー2の日村は振り回されてばかり。
そして今回、日村が組長に命じられたのは、
経営不振に陥った私立高校の立て直し。
学校には嫌な思い出しかない日村は
気が進まずも理事として学校に乗り込むが、
そこにいたのは無気力・無関心のイマドキ高校生と、
事なかれ主義の教師たちだった。



制作年/2019
内容時間/120分


監督/木村ひさし
脚本/酒井雅秋
撮影/葛西誉仁
音楽/末廣健一郎


(CAST)
日村誠司/西島秀俊
阿岐本雄蔵/
二之宮稔/伊藤淳史
沢田ちひろ/葵わかな
黒谷祐樹/葉山奨之
小日向美咲/桜井日奈子
唐沢隼人/白竜
小日向泰/光石研
永神健太郎/中尾彬
綾小路重里/生瀬勝久


社会貢献好きなヤクザの組長が
次から次へと厄介事を引き受けてしまい、
その都度人助けに奔走するはめになる
子分たちの困惑と騒動を描いた今野敏さんの人気小説
「任侠」シリーズの第2作「任侠学園」

小説「任侠学園」がとても面白かったので
実写映画化ホントに嬉しいです♡
かなり期待して映画「任侠学園」観ました(^^)

内容を少しだけ変えていましたが(今の時代に合わせた!?)
日村誠司役の西島秀俊さんはじめ
阿岐本組の面々の人の良さはちゃんと伝わりました

阿岐本組の皆さん一応ヤクザなんですが
自称・暴力団ではない!とのこと
任侠を重んじる昔気質のヤクザなんです
西田敏行さん演じる組長が社会貢献に嵌っていて!?
その度に日村達が尻拭いに走る・・・
なんだかんだ文句を言いながらも一生懸命に社会貢献に励んでいる
そんな日村たちを見ているとホンワカした気持ちになれ
映画「任侠学園」を見て心が癒やされました(^^)


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_22




「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」


鴨志田一さんの人気小説をもとにした
TVアニメのその後を描く完全新作劇場版


青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない


空と海が輝く街・藤沢。高校2年の梓川咲太は、
先輩で人気女優の桜島麻衣と恋人になり、心躍る毎日を過ごしていた。
だが彼の日常は、初恋の女性・牧之原翔子の出現で一変する。
なぜか翔子は、中学生と大人の2人が存在しているのだ。
成り行きで“大人翔子”は咲太と妹が暮らす家に同居するが、
咲太と麻衣との関係はぎくしゃくすることに。
そんな中、“中学生翔子”が重い病気を患っていると判明、
咲太の胸の傷痕がうずき始める…。


制作年/2019
内容時間/90分

原作/鴨志田一
原作イラスト/溝口ケージ
監督/増井壮一
脚本/横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督/田村里美
音楽/fox capture plan
制作/CloverWorks


(声の出演)
梓川咲太/石川界人
桜島麻衣/瀬戸麻沙美
牧之原翔子/水瀬いのり
古賀朋絵/東山奈央
双葉理央/種崎敦美
豊浜のどか/内田真礼
梓川花楓/久保ユリカ


「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」のタイトルで
テレビアニメ化もされた鴨志田一さんによる人気ライトノベル
「青春ブタ野郎」シリーズの初の劇場版です

私は鴨志田一さんの小説未読&TVアニメ版を観ていなかったので
最初は物語の内容をなかなかつかめず・・・^^;
途中からSFなんだと気づきやっと追いつけた!?
いやたぶん物語の全容は映画を見終えてもまだつかめていない
そう言い切る自信があります!(>_<)

物語の時系列がかなり入り組んでいるので
登場人物の描写も過去を描いているのか現在なのか
頭も目も追いつけなかった・・・なので内容を把握できず

内容は理解出来なかったけれど映画はとても面白かったですよ
なので鴨志田一さんの原作小説を読んでから
映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」
もう一度観ようかな!?と思っております



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2020_12_17


「his」

Category: 映画 > ・邦画  


「his」


2019年に放送された連続テレビドラマの後日譚

江の島で出会った2人の男子高校生が
友情、さらには恋愛感情を次第に育んでいくさまを
ドラマ「his ~恋するつもりなんてなかった~」でみずみずしく描き
好評を博した今泉監督が、その後日談となる本作を映画化



his


高校時代に江の島で出会い、
お互いに友情と恋愛感情を育むようになった、
井川迅と日比野渚の2人。
しかし、迅が大学卒業を控えたある日、
渚は突然彼に別れを告げて去っていってしまう。
その後、自分がゲイであることを周囲に知られるのを恐れ、
ひっそりと田舎でひとり暮らしをしていた迅の前に、
渚が8年ぶりに再び姿を見せる。
その間に女性と結婚したものの、
いまや妻と離婚協議中の渚は、
6歳になるひとり娘の空を連れていた…。



制作年/2020
内容時間/127分


監督/今泉力哉
脚本/アサダアツシ
撮影/猪本雅三
音楽/渡邊崇


(CAST)
井川迅/宮沢氷魚
日比野渚/藤原季節
日比野玲奈/松本若菜
吉村美里/松本穂香
日比野空/外村紗玖良
桜井弁護士/戸田恵子


今回観た映画「his」は
昨日紹介した『愛がなんだ』の今泉力哉監督作品です

『アイネクライネナハトムジーク』『愛がなんだ』に続いて
3作品目を観たのですが想像以上に面白かったです
「his」が3作品の中で一番心にグッときたかも

「his」を観た最初の感想は
長野まゆみさんの『凛一シリーズ』を実写化した?でした
宮沢氷魚さん演じる迅が美しすぎて
宮沢さんの線の細さは3次元とは思えないほど
(少女マンガから抜き出てきた!?)


本作はLGBTを描いた作品でしたが
渚の娘・空が言った『好きだからキスするんでしょう!?』
それに尽きると思いました

渚は少し自己中のところがあり
そのため奥さんの玲奈を傷つけ苦しめてしまった
でも渚を追い詰めたのは社会の偏見もあるのかな!?
LGBTが社会に浸透し受け入れられているのなら
渚も玲奈と打算的な結婚はしなかったのでは!?
それにしても玲奈への仕打ちは酷すぎるけどね

そんな渚に振りまわされぱなしの迅
渚と別れた迅は就職先の会社になじめず退社
LGBTであることを隠すため田舎で隠遁生活している
息を凝らしながら生きている迅の姿が痛々しくて
でも静かに暮らす迅の家に渚が娘・空をつれてやってくる
また迅は渚に振り回されるのかと思いながら映画を観ていたのですが
迅が生きて行く為には渚というカンフル剤が必要でしたね
迅のカミングアウトにはビックリしたけれど
渚と空の存在が迅に生きる力を与えてくれた
心の葛藤を乗り超えた先に人としての愛がありました
性別なんて関係ない!

『好きだからキスするんでしょう!?』~by空



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_16




「愛がなんだ」


角田光代さんの同名小説を
片想いの恋にいちずに生きるヒロイン役に岸井ゆきのさん
ヒロインが片想いする相手役に成田凌さんを迎え
「his」の今泉力哉監督が映画化


愛がなんだ


イケメン男子のマモルに出会って一目惚れして以来、
彼のことが片時も忘れられない28歳のOL、テルコ。
仕事中であろうが真夜中であろうが、
彼から電話があれば即座に対応し、
平日にデートに誘われれば、
仕事をすっぽかして彼のもとへ駆けつけるありさま。
すっかりマモルに夢中のテルコだったが、
マモルにとって彼女は、単に自分に都合のいい便利な相手でしかなかった。
それでもテルコはマモルにいちずに尽くし続けるのだが…。


制作年/2018
内容時間/125分


監督/今泉力哉
脚本/澤井香織
脚本/今泉力哉
撮影/岩永洋
音楽/ゲイリー芦屋


(CAST)
テルコ/岸井ゆきの
マモル/成田凌
葉子/深川麻衣
ナカハラ/若葉竜也
すみれ/江口のりこ


先月WOWOWで特集された今泉力哉監督5作品
『パンとバスと2度目のハツコイ』
『愛がなんだ』
『アイネクライネナハトムジーク』
『mellow』
『his』


『アイネクライネナハトムジーク』を観てスゴク面白かったので
他の4作品もHDDに録画しました

『W座からの招待状』の小山薫堂さんと信濃八太郎さんが絶賛していた
というか、他の作品を紹介した後のお二人のコメントで
『愛がなんだ』の方が面白かったけど(私の思い込みかも!?)と紹介していたので
是非観なくては!と
「愛がなんだ」観ました!
私は『アイネクライネナハトムジーク』の方が好みかな(^^)

「愛がなんだ」のテルちゃんの一途さにダメ出ししながら最後まで観ました
岸井ゆきのさん演じるテルコのマモルへの愛は恋愛を超えていましたね

自分がない恋愛は端から見ていると息苦しくなってしまう
愛に酔っているとの見方もできますが
でもテルチャンは酔っていなかったのよね
しらふでそこまでやってしまうテルちゃんって凄い!
自分自身よりもマモルが一番だった
マモルがどうのこうのではなく
マモルの全てを受け入れていたテルちゃんは本当に凄いよ!

ラストシーンで
テルちゃんはマモちゃんになりたかった?


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_15




「花のあと」


『蝉しぐれ』『武士の一分』などの原作者として知られる
藤沢周平さんの同名短編小説を
『青い鳥』の中西健二監督が映画化


花のあと


女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、
一度だけ竹刀を交えた江口孫四郎に一瞬にして恋心を抱く。
しかし、以登、孫四郎ともに決まったいいなずけがおり、
以登はひそかな思いを断ち切って江戸に留学中のいいなずけの帰りを待ち続ける。
数か月後、藩命で江戸に向かった孫四郎が自ら命を絶ったという知らせが入る。


制作年/2009年
内容時間/107分

監督/中西健二
原作/藤沢周平
脚本/長谷川康夫
脚本/飯田健三郎
撮影/喜久村徳章
編集/奥原好幸
音楽/武部聡志
主題歌/一青窈「花のあと」

(CAST)
以登/北川景子
片桐才助/甲本雅裕
江口孫四郎/宮尾俊太郎
郁/相築あきこ
津勢/佐藤めぐみ
藤井勘解由/市川亀治郎
加世/伊藤歩
永井宗庵/柄本明
寺井甚左衛門/國村隼
語り/藤村志保


藤沢周平さんの原作小説は未読です。

映画を見て一番印象に残ったのは所作の美しさ
もちろん主演の北川景子さんの美しい姿にも見惚れましたが
以登や江口孫四郎の無駄のない所作の美はお見事でした!

それとは対照的に片桐才助の自由奔放な態度には唖然
最初はなんとガサツなやつなんだろう!と思っていましたが
さすが藤沢周平作品!
こんなガサツなやつも!?最後はカッコよかったです(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_12_14




「花とアリス殺人事件」


岩井俊二監督が、2004年に発表した『花とアリス』をもとに、
同作の主人公、花とアリスの出会いの物語を綴る
前作で花役を演じた鈴木杏さんとアリス役の蒼井優さんが、
同じ役を今度は声優として演じている


花とアリス殺人事件


中学3年生の少女、“アリス”こと有栖川徹子は、
家庭の事情で母親とともに、
とある地方の石ノ森学園中学校に転校した。
そこで彼女は、このクラスで1年前に
“ユダが4人のユダに殺された”という奇妙な噂を聞く。
さらには、アリスが越してきた家の隣家が
“花屋敷”と呼ばれ、恐れられていることも。
花屋敷に住む不登校の同級生・花なら
ユダについて詳しいはずだと教えられたアリスは、
恐る恐る花屋敷の花を訪ねてみるのだが…。



制作年/2015
内容時間/99分

監督/岩井俊二
製作/岩井俊二ほか
脚本/岩井俊二
音楽/岩井俊二
音楽/ヘクとパスカル

(声の出演)
有栖川徹子(アリス)/蒼井優
荒井花(花)/鈴木杏
湯田光太郎/勝地涼
萩野里美/黒木華
堤ユキ/木村多江
黒柳健次/平泉成
有栖川加代/相田翔子
荒井友美/キムラ緑子


岩井監督にとっては初のアニメ作品です
実際に俳優が演じた映像をもとにアニメ化する
ロトスコープという技法を用いているので不思議な雰囲気に!?
でもそれが2004年に公開された『花とアリス』のシーンと重なり
久々に花とアリスに会えたような懐かしい気分になれました

(自称岩井作品ファンの私、もちろん『花とアリス』のDVD持っています)
岩井ワールドに嵌ると抜け出せなくなり
ドラマを含め、ほぼ全作品観てしまった(たぶん^^;)

本作「花とアリス殺人事件」のタイトルを見て“なんと物騒なタイトル”!?
実写版の『花とアリス』と殺人事件がどうしても繋がらず・・・
でも観て納得しました(^_^)v 岩井監督、流石です!!
面白かった~♡

ひとつ残念だったのは、花とアリスに記憶喪失にされた!?
高校生になった花が一目惚れした宮本先輩が登場しなかったこと
宮本先輩にも会いたかったな~(T_T)
でも「花とアリス殺人事件」より後の話なのでしかたがないですね・・・^^;



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2020_12_01




11  « 2020_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.