「アイネクライネナハトムジーク」


伊坂幸太郎×斉藤和義。
この2人の奇跡のコラボから生み出された同名連作小説を、
今泉力哉監督が映画化した恋愛群像ドラマ



アイネクライネナハトムジーク


マーケティングリサーチの会社に勤める佐藤。
ある日彼は、仙台駅前で街頭アンケートの調査中、
そこでギターの弾き語りに耳を傾けていた若い女性とふと目が合う。
思い切って彼が声を掛けると、彼女はアンケートに協力してくれ、
こうして佐藤と紗季の2人は、奇妙な出会いを果たす。
本来、劇的な運命の出会いを待ち望んでいた佐藤は、
既に妻子を持つ友人の織田や会社の上司・藤間らに、
出会いについてのアドバイスを求めるのだが…。



制作年/2019
内容時間/120分

監督/今泉力哉
脚本/鈴木謙一
撮影/月永雄太
音楽/斉藤和義

(CAST)
佐藤/三浦春馬
本間紗季/多部未華子
織田一真/矢本悠馬
美奈子/貫地谷しほり
藤間さん/原田泰造
織田由美/森絵梨佳
織田美緒/恒松祐里
久留米和人/萩原利久
ウィンストン小野/成田瑛基
亜美子/八木優希
斉藤/こだまたいち
板橋香澄/MEGUMI
久留米邦彦/柳憂怜
久留米マリ子/濱田マリ
青年/藤原季節
少年/中川翼
女子高生/祷キララ
セコンド/伊達みきお(サンドウィッチマン)
セコンド/富澤たけし(サンドウィッチマン)


ベストセラー作家・伊坂幸太郎さんと
人気ミュージシャン・斉藤和義さんによって誕生した小説
「アイネクライネナハトムジーク」は
かねてより斉藤ファンを公言していた伊坂さんが、
斉藤さんからの作詞のオファーに「小説なら」と短編を書き下ろし
それに新曲で応えた 斉藤さんの作品に再び伊坂さんが短編を書くという
夢のようなコラボで生まれた奇跡の作品です

伊坂幸太郎さんの作品はほぼ欠かさず読んでいるので
もちろん映画の原作小説「アイネクライネナハトムジーク」も読みました
最初タイトルを見て“モーツアルトの曲!?”と思いましたが
斉藤さんの曲をイメージして書かれ短編小説集ということで
小曲集からきているのかと納得

原作を読んだ時にも感じたことですが
伏線の張り方&回収の仕方がお見事でしたね
映画ではオムニバスではなく1つの物語になっていたので
(小説では短編集)映画化するのは難しいのかな?と
でもさすが今泉監督!バラバラのピースを上手くまとめ
心温まるステキな作品に仕上げていました

キャストもナイスキャスティングで
特に佐藤役の三浦春馬さんと紗季役の多部未華子さん
二人の出会いのシーンがとてもステキでした

心温まるエピソードを綺羅星のように散りばめた映画
「アイネクライネナハトムジーク」でしたが
中でも佐藤の友人・織田一真の(恋愛論)うんちくが?心に響きました(笑)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_11_25




「エデンの東」


旧約聖書のカインとアベルの物語を下敷きにした
ジョン・スタインベックの同名小説を
「欲望という名の電車」「波止場」の名匠エリア・カザン監督が映画化


エデンの東


1917年、カリフォルニア。
農場を営むアダムにはアーロンとキャルという2人の息子がいるが
温厚な兄アーロンがアダムにかわいがられる一方
問題児であるキャルはいつも孤独を感じ、父親や兄との間でけんかが絶えない。
ある夜、激昂したキャルは、アダムが隠し続けてきたが自分が突き止めた
自分と兄の母親ケイトが別の町で生きているという事実を暴露。
それを知ったアーロンは、アダム以上に激しく動揺してしまい…。



原題/East of Eden
制作年/1955年
制作国/アメリカ
内容時間/115分

監督/エリア・カザン
製作/エリア・カザン
脚本/ポール・オズボーン
撮影/テッド・マッコード
音楽/レナード・ローゼンマン

(CAST)
キャル/ジェームズ・ディーン
エイブラ/ジュリー・ハリス
アダム(キャルの父)/レイモンド・マッセイ
ケイト(キャルの母)/ジョー・ヴァン・フリート
サム/バール・アイヴス
アーロン/リチャード・ダヴァロス
ウィル/アルバート・デッカー


第28回(1955)アカデミー賞助演女優賞「ジョー・ヴァン・フリート」
第8回(1955)カンヌ国際映画祭劇的映画賞
第13回(1955)ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)「イリア・カザン」


中学生の頃「エデンの東」をリバイバル上映で観たのですが
その頃の記憶はジェームス・ディーンの印象しか残っていなくて^^;
でも○○年ぶりに観た「エデンの東」はかなり深い内容でした

最初は仲が良さそうに見えたキャルとアローンだが
父親に愛されていないと悩む僻みだらけのキャル
自分が一番なんだと優越感に浸っているアローン
心の奥底にはお互いへの嫉妬や優越感などの確執があり
そんな歪んだ関係の二人の兄弟の悲劇を生んだのが
正義の塊のような父親と家庭を捨てた自由奔放な母親
カインとアベルを下敷きに家族の崩壊を描いている
65年前の映画ですが今だからこそ伝わった!?(歳を重ねたから^^;)
奥深さのある作品でした。



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_11_18




「パラサイト 半地下の家族」


第92回アカデミー賞で作品賞など最多の4部門で受賞した、
韓国のポン・ジュノ監督による秀作


パラサイト


父ギテク、母チュンスク、息子ギウ、娘ギジョンという4人家族は、
ギテクが無職であることもあって貧しく、
下半分が地下にある住居で暮らす。
ギウは友人の大学生ミニョクから家庭教師の仕事を紹介される。
仕事先は高台にある、IT企業の社長パク・ドンイクの一家の豪邸で、
高校生の娘を教えることに。
やがてパクの妻ヨンギョに頼まれ、
ギジョンを幼い息子の家庭教師として紹介。
結局ギテクら4人とも豪邸で働くことになるが…。



原題/Parasite
制作年/2019
制作国/韓国
内容時間/132分

監督/ポン・ジュノ
製作/ポン・ジュノ
製作/クァク・シネほか
脚本/ポン・ジュノ
脚本/ハン・チンウォン
撮影/ホン・ギョンピョ
音楽/チョン・ジェイル

(CAST)
キム・ギテク/ソン・ガンホ
パク・ドンイク/イ・ソンギュン
パク・ヨンギョ/チョ・ヨジョン
キム・ギウ/チェ・ウシク
キム・ギジョン/パク・ソダム
キム・チュンスク/チャン・ヘジン
ミニョク/パク・ソジュン


私が「パラサイト」を観て最初に感じたことは
ポン・ジュノ監督の脚本に魅せられた作品
それに尽きると思います
もちろんカメラワークも素晴らしく
キム・ギテク役のソン・ガンホさんをはじめ
役者陣の演技も凄かった
中盤まではコミカルなシーンもあり(私は笑えなかったけど^^;)
家族全員がパク家に就職!これがパラサイトではないよね!?
いつパラサイトするのかな?と思っていたら
まさかの三重構造に愕然

大雨のシーンからラストまで一気にストーリーが動き出し
(細かい部分を見ると突っ込みどころ満載でしたが・・・)
それでもこの展開は想像できなかったので
脚本に拍手ですね(パチパチパチ)

ソン・ガンホさんの怒りが蓄積されていく演技は見事でした
キム・ギテク本人も気づかない怒りというのか格差社会への恨み!?
その負のポイントが少しずつ加算され最後に振り切れてしまう
格差を描いた作品は他にも沢山ありますが
キム・ギテクのような登場人物の描き方は初めてなのでは?
私が今までに観た映画では(キム・ギテク)いませんでした



テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2020_11_16




「屍人荘の殺人」


今村昌弘さんのベストセラー小説を
神木隆之介さん、浜辺美波さん、中村倫也さん共演で
「仮面病棟」の木村ひさし監督が映画化


屍人荘の殺人


神紅大学ミステリー愛好会の葉村と明智は
学内の事件の謎を解く、自称“ホームズとワトソン”。
だが、葉村はミステリー小説オタクなのに推理が当たらず、
まるで明智の助手だった。
そんな彼らの前に謎の女子大学生探偵・比留子が現われ、
ロックフェス研究会の合宿への参加を持ち掛ける。
部員宛てに謎の脅迫状が届き、去年の参加者に
行方不明の女子部員がいたことを聞いた葉村と明智は、
比留子とともに合宿所のペンションに向かう。



制作年/2019
内容時間/121分

監督/木村ひさし
脚本/蒔田光治
撮影/葛西誉仁
音楽/Tangerin House
主題歌/Perfume「再生」

(CAST)
葉村譲/神木隆之介
剣崎比留子/浜辺美波
明智恭介/中村倫也
進藤歩/葉山奨之
重元充/矢本悠馬
静原美冬/山田杏奈
管野唯人/池田鉄洋
立浪波流也/古川雄輝
七宮兼光/柄本時生


神木隆之介さんをはじめキャストが良かったので
HDDに予約録画して観ました

実は、今村昌弘さんの原作を読んでいたのですが
読んだことを忘れていて・・・^^;
映画を見ながら“どうして先が分かるのかな?”と不思議で
私にしては珍しくかなり詳細に覚えていたのよね^^;
それで読書履歴のブログでチェックしたら19年6月に読んでいた!
原作を読んだ時にも感じた驚きは映画でも変わらず

NHKで放送中の木村ひさし監督のドラマ『タリオ』も観ていますが
本作で浜辺美波さん演じる比留子のキャラと
『タリオ』の白沢真実がかぶっている!?
仲間由紀恵さんが出演していた『トリック』の山田奈緒子とも同じ匂いが!?
しばらくは浜辺美波さんはこの手の役柄が続きそうですね(^^)

木村監督のドラマ『トリック』はもちろん『民王』『99.9』など、面白い作品だらけ!
『おカネの切れ目が恋のはじまり』も木村監督でしたね
映画もいいのですが、これからも面白いドラマ期待しています!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_11_11




10  « 2020_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.