「パラレルワールド・ラブストーリー」


東野圭吾さんのベストセラー小説を
『聖の青春』の森義隆監督が
玉森裕太さん主演で映画化した恋愛ドラマ


「パラレルワールド・ラブストーリー」


大学院生の崇史は、
通学途中の電車でよく窓越しに見かける女性に心を奪われながら、
彼女と話せずに卒業する。
2年後、彼は中学時代からの親友・智彦から
交際中だという女性・麻由子を紹介されるが、
彼女こそ崇史がよく見かけていた女性だった。
智彦に対して嫉妬を覚える崇史だが、
ある朝目覚めると部屋には麻由子がいて、
2人は同棲生活を送っており、智彦もいない。
麻由子の立場が異なる2つの世界を行き来して、
崇史は混乱する。



制作年/2019
内容時間/109分

監督/森義隆
脚本/一雫ライオン
撮影/灰原隆裕
音楽/安川午朗
主題歌/宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」

(CAST)
敦賀崇史/玉森裕太
津野麻由子/吉岡里帆
三輪智彦/染谷将太
小山内護/筒井道隆
桐山景子/美村里江
篠崎伍郎/清水尋也
柳瀬礼央/水間ロン
岡田夏江/石田ニコル
須藤隆明/田口トモロヲ


東野圭吾さんの原作は未読です
でも原作を読んでから映画を観た方がよかったかな!?
そう思ってしまうほど場面展開についていけず・・・
まぁ途中からなんとなく内容が見えてきましたが
きっと原作の方がミステリアスに満ちていて
読みながらその世界観にどっぷり浸かれたかも!?

映画を見ながら感じたこと・・・
内容とは全然関係ないのですが^^;
本作での俳優さんが美しくい見えない・・・どうして!?
キスマイの玉森裕太さん、もっとカッコいいですよー!
吉岡里帆さんもキレイでカワイイ女優さんなのに・・・
本作では2人の魅力があまり伝わらなかった
パラレルワールドに振り回されている焦燥感を出したかったのか?
それなら大正解!崇史ボロボロでしたから^^;


エンディングロールで流れた宇多田ヒカルさんの歌う
主題歌「嫉妬されるべき人生」にグッときました
「嫉妬されるべき人生」を収録しているアルバム『初恋』
タイトル曲の『初恋』を聴いたときにも衝撃を受けましたが
宇多田さんの才能に今更ながら唸らされました
ほんとうに凄いです!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_23




「病院坂の首縊りの家」


市川崑監督の金田一シリーズ第5弾で
石坂・金田一耕助の最終作


病院坂の


ある日、吉野市の先生の所へ名探偵金田一耕助が訪ねてくる。
そこで金田一はしばらく旅に出るつもりである事を告げる。
パスポートの写真を撮るために、先生が薦める写真館へ赴く金田一。
そこから事件が始まる。
写真館を訪れた金田一にその写真館の主人・本條徳兵衛は、
殺されそうになったので調査して欲しいと依頼する。
金田一が写真を撮ったその日、女性が写真館を訪れる。
その女性は「結婚写真を撮りたいのである場所に夜来て欲しい」と告げ、消えて行った。
そのある場所とは、他に正式な名前がありながら、
ある時から「病院坂」と呼ばれるようになった場所にある、
誰もが空き家と考えていた家であった。
その日の夜、男が写真館を訪れ、その廃屋とも呼べる場所で写真を撮る。
そして写真が出来上がる日、廃屋を再び訪れた写真屋の若主人・直吉は、
風鈴のように吊り下げられたその男の生首を発見することとなる。



制作年/1979年
内容時間/139分

監督/市川崑
製作/市川崑・馬場和夫・黒沢英男
原作/横溝正史
脚本/日高真也・桂千穂・市川崑
協力監督/松林宗恵
音楽/田辺信一
ジャズ演奏/江草啓介カルテット・伏見哲夫
撮影/長谷川清
美術/阿久根厳

(CAST)
金田一耕助/石坂浩二
法眼弥生/佐久間良子
日夏黙太郎/草刈正雄
法眼由香利:山内小雪/桜田淳子
五十嵐千鶴/入江たか子
等々力警部/加藤武
雨宮じゅん/草笛光子
宮坂すみ/白石加代子
田辺光枝/三条美紀
妙ちゃん/中井貴惠
山内冬子/萩尾みどり
吉沢平次/ピーター
本條徳兵衛/小沢栄太郎
加納巡査/大滝秀治
阪東刑事/岡本信人
本條直吉/清水紘治
三之介/小林昭二
管理人権堂/常田富士男
五十嵐猛蔵/久富惟晴
石切鑑識課員/三谷昇
五十嵐滋/河原裕昌
佐川哲/林ゆたか
原田雅美/山本伸吾
秋山武彦/早田文次
法眼琢也/菊地勇一
花園海軍大尉/林一夫
山内敏男/あおい輝彦
老推理作家/横溝正史
野呂十次/三木のり平


市川崑監督の金田一シリーズ
全作品を観たつもりでいましたが
本作「病院坂の首縊りの家」は観ていませんでした
なので内容を知らないので純粋に楽しめましたよ(^_^)v

いろいろと突っ込みどころ満載の内容でしたが
金田一シリーズでは当たり前の無謀なトリック(笑)
第5弾の本作は第1弾の『犬神家の一族』に比べると
少々パワーダウンしている!?
でもキャストの豪華さはパワーUPしているかも

桜田淳子さんも金田一シリーズに出演していたんですね
私は百恵ちゃん派だったので
当時の私には桜田さんの魅力はあまり分からなかった
でも由香利と小雪の二役を演じている桜田さんを見たら
“桜田淳子カワイイ~♡”って世の男性陣が夢中になったのも頷けます

黙太郎役の草刈正雄さん、超イケメン♡
もちろん今の草刈さんもステキですが
いえ渋さが増してよりカッコよくなりました♡♡
平次役のピーターも若くてハンサム
ピーターの美しさも当時の私にはあまりわからなくて・・・^^;

約40年前の映画を今見るからこそ楽しめること
映像や台詞、演出にしても、今の映画とはかなり違っていて
昭和のノスタルジー溢れる雰囲気が逆に新鮮に感じられ
(内容を楽しむ以上に)面白かったです(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_22




「その日のまえに」


4月10日に逝去した名匠・大林宣彦監督による、
優しさと叙情がたっぷりな感動のファンタジー群像劇

重松清さんの同名連作短編集を
大林監督ならではのノスタルジックで
切ないムード全開で映画化


その日のまえに


愛妻とし子や育ち盛りの息子2人と幸せな毎日を送っていた、
売れっ子イラストレーターの日野原健大。
ところがある日、体調の不良を訴えたとし子は検査の結果、
余命わずかと医者から宣告されてしまう。
残り少ない時間を有効に使おうと2人は18年前、
新婚当時に住んでいた町を再訪し、懐かしい思い出に浸る。
2人は商店街でひとりの男性とすれ違うが
彼、佐藤俊治も余命わずかと宣告され、
ある決意を胸にこの町を再訪していた……。



制作年/2008
内容時間/140分

監督/大林宣彦
製作/大林恭子
製作/和崎信哉
製作/井上泰一
脚本/市川森一
撮影/谷川創平
音楽/山下康介
音楽/學草太郎
主題歌/クラムボン「永訣の朝 抄」

(CAST)
日野原健大/南原清隆
日野原とし子/永作博美
佐藤俊治/筧利夫
石川/今井雅之
山本美代子/勝野雅奈恵
くらむぼん:宮澤とし子/原田夏希
健大の祖父/峰岸徹


大林宣彦監督、重松清さんの作品も大好きなので
本作「その日のまえに」を観ましたが
見終えた直後の印象はクラムボンの「永訣の朝」一色に!
物語の一番の感動的なシーンで流れている
チェロの音色と歌に心奪われ聴き入ってしまったので
せっかくの感動シーンをさらりと見てしまい
(そのシーンは後でもう一度観ました^^;)
後半は『銀河鉄道の夜』のオマージュのようでした

宮沢賢治の「永訣の朝」
けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゆとてちてけんじや)
「雨雪取って来て呉(け)んじゃ」

「永訣の朝」は『春と修羅』に収録されています
映画の中でもとし子のお気に入りの詩集として紹介され
とし子の亡き後、その『春と修羅』はいつも長男の手元に
打上花火のシーンでも持っていましたね
このシーンではみんな笑顔で幸せそうなんですが
泣けました・・・(T_T)
でも心温まるステキな送り火(打上花火)のシーンでしたね



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_18




「女王蜂」


横溝正史さんの原作を市川崑監督が映画化
石坂浩二さんが金田一耕助に扮した怪奇ミステリーシリーズ。


女王蜂


天城の旧家、大道寺家の美しい娘・智子に近づく男が
次々と殺されるという事件が発生する。
金田一耕助は、事件の真相を智子の出生の秘密に求めるが…。



制作年/1978年
内容時間/139分

監督/市川崑
原作/横溝正史
脚本/日高真也・桂千穂・市川崑
製作/馬場和夫・田中収
音楽/田辺信一
撮影/長谷川清
編集/小川信夫・長田千鶴子

(CAST)
金田一耕助/石坂浩二
神尾秀子/岸惠子
蔦代/司葉子
東小路隆子/高峰三枝子
大道寺智子/中井貴恵
多門連太郎/沖雅也
お富/草笛光子
おあき/坂口良子
大道寺琴絵/萩尾みどり
等々力警部/加藤武
九十九龍馬/神山繁
木暮刑事/小林昭二
加納弁護士/大滝秀治
日下部仁志/佐々木勝彦
駒井泰次郎/佐々木剛
赤根崎嘉文/中島久之
文彦/高野浩之
遊佐三郎/石田信之
農夫/常田富士男
黒沢/冷泉公裕
大道寺鉄馬/武内亨
速水るい/白石加代子
嵐三朝/三木のり平
山本巡査/伴淳三郎
大道寺銀造/仲代達矢


TVをつけるとNHKBSで「女王蜂」を放送していて
かなり前に1度観た映画なので観るつもりはなかったけど
結局最後まで観てしまいました^^;

金田一耕助シリーズ、ほとんど観ているのですが
市川崑監督、石坂浩二さんの金田一が一番の好みで
私が初めて観た金田一シリーズが
市川崑監督の『犬神家の一族』 ということもあるのかな!?

「女王蜂」を最初に観た時にも感じましたが
内容の面白さよりも映像の美しさに魅せられた作品です
岸惠子さんを筆頭に美しい女優さんをより美しく撮る
高峰三枝子さんの気品ある美にもハッとさせられました
子どもの頃に観たときには気づけなかった美しさです
男性陣も凄くて、仲代達矢さんや伴淳三郎さんなど名優揃いで
これだけの超豪華キャストを揃えられるのも
市川崑監督だからこそですね

「女王蜂」
子どもの頃に観た時よりも今回の方がより面白く感じました
42年間で熟成された!?
俳優陣を見ているだけでも楽しめました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_15




「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」


仮面ライダー生誕40周年と、
スーパー戦隊通算35作品を記念した
本格クロスオーバー作品。


仮面ライダー スーパーヒーロー大戦


ある時、仮面ライダーディケイドがすべてのスーパー戦隊を攻撃し始め、
一方ゴーカイレッドもすべての仮面ライダーと戦い始める。
なんとディケイドは仮面ライダーと戦った
悪の組織が結集した大ショッカーの大首領となり、
ゴーカイレッドもまたスーパー戦隊と敵対した
悪党たちの集合体・大ザンギャックの大帝王となっていた。
仮面ライダーフォーゼとゴーバスターズたちは、
この異常事態の謎を解くためデンライナーで過去へと飛ぶ。



制作年/2012
内容時間/90分

監督/金田治
原作/石ノ森章太郎
原作/八手三郎
脚本/米村正二
撮影/いのくままさお
音楽/中川幸太郎
音楽/山下康介

(CAST)
門矢士:仮面ライダーディケイド/井上正大
キャプテン・マーベラス:ゴーカイレッド/小澤亮太
ナオミ/秋山莉奈
オーナー/石丸謙二郎
海東大樹:仮面ライダーディエンド/戸谷公人
ドクトルG(ゲー)/奥田達士
如月弦太朗:仮面ライダーフォーゼ/福士蒼汰
歌星賢吾/高橋龍輝
城島ユウキ/清水富美加
朔田流星:仮面ライダーメテオ/吉沢亮
火野映司:仮面ライダーオーズ/渡部秀
ジョー・ギブケン:ゴーカイブルー/山田裕貴


『仮面ライダーディケイドと
海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイレッドの対立を軸として、
ヒーロー同士の無益な争いを止めようと奔走する仮面ライダーフォーゼらと
特命戦隊ゴーバスターズの活躍を描く。
両シリーズ合わせて200人を超すヒーローたちと、
同じく結集した両シリーズの歴代悪の組織とが激突する姿は、
まさにスーパーヒーロー大戦の名にふさわしい大迫力だ。』~WOWOW~

『仮面ライダーディケイド』
『仮面ライダーオーズ/OOO』
『仮面ライダーフォーゼ』
『仮面ライダー電王』
『海賊戦隊ゴーカイジャー』
『特命戦隊ゴーバスターズ』

ライダーと戦隊の全員集合(怪人も含め)シーンは迫力満点でしたが
正直スーパー戦隊みんな同じに見えて
ゴレンジャーみたいに色分けで判断・・・^^;
仮面ライダーもWOWOWさんのお蔭で少しずつ分かってきて・・・
本作は、私にとっては懐かしいのではなく新鮮な映画でした

今回のお宝CASTはジョー役の山田裕貴さんと
メテオ役の吉沢亮さん(実は映画の中で吉沢さんの出演シーンに気付かず^^;)
お二人は朝ドラの『なつぞら』に出演していて
『なつぞら』での雪次郎くんと天陽くんも、とても魅力的な役柄でしたよね♡
天陽くんの描いた『雪月』の包装紙の絵が今でも目に浮かんできます



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_11




「劇場版 仮面ライダーOOO(オーズ) WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」


平成仮面ライダー第12作「仮面ライダーOOO(オーズ)」の単独劇場版。
松平健扮する“暴れん坊将軍”徳川吉宗が
仮面ライダーとともに戦うという夢のコラボが実現。


仮面ライダーOOO(オーズ) WONDERFUL 将軍と21のコアメダル


800年前にオーメダルを作り出した科学者と、
“失われたメダル”を探す調査団は、
恐るべき錬金術師ガラの封印を解いてしまう。
ガラは新たな世界の王になるべく人間の欲望を集め始め、
火野映司=仮面ライダーオーズと相棒のアンクもまた、
ガラの術に巻き込まれて周囲の土地ごと江戸時代に移されてしまった。
そんな中、ガラの放ったヤミーたちとの戦いに苦戦する映司たちの前に、
謎の貧乏旗本・徳田新之助が助けに現われ……。



制作年/2011
内容時間/73分

監督/柴崎貴行
原作/石ノ森章太郎
脚本/小林靖子
撮影/倉田幸治
音楽/中川幸太郎

(CAST)
火野映司:仮面ライダーオーズ/渡部秀
泉信吾:アンク/三浦涼介
泉比奈/高田里穂
伊達明:仮面ライダーバース/岩永洋昭
後藤慎太郎/君嶋麻耶
里中エリカ/有末麻祐子
若葉駿/根岸泰樹
如月弦太朗:仮面ライダーフォーゼ/福士蒼汰
城島ユウキ/清水富美加
ガラ/酒井美紀
真木清人/神尾佑
白石知世子/甲斐まり恵
鴻上光生/宇梶剛士
徳田新之助:徳川吉宗/松平健


仮面ライダーに『暴れん坊将軍』が!
松平健さんの登場シーン思っていたより少ない・・・
吉宗がライダーと一緒に江戸で大暴れする!?と思っていたので
少し物足りなかったですね
(全編江戸だと思い込んでいた^^;)

本作には松平健さん以外にも
鴻上光生役で宇梶剛士さん
ガラ役で酒井美紀さんも出演しています

仮面ライダーシリーズの俳優がチェック楽しみで
次回は誰が登場するかな!?
物語が二の次になってしまい・・・スミマセン(^0^;)

今回は東京の都市がコイン型で裏返り江戸へ
この発想は面白いかった
“500万円もらって一生ちょんまげ姿” これも笑えた

今回の今更ですが・・・アンクって手だけの変身!?
比奈のお兄さんなんですね、今回知りました^^;

今回のお宝は、もちろん『暴れん坊将軍』の松平健さん
そしてもうひとり
オーズを助けてカッコよく!?去って行ったフォーゼの福士蒼汰さん
お二人とも登場シーンは少なかったけどね、でもお宝です(^_^)v



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_10




「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」


1971年に始まった「仮面ライダー」シリーズ誕生40周年記念作
歴代仮面ライダーが総登場!


「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」


モールイマジンと戦っていた仮面ライダーオーズとアンクは、
デンライナーで現われた仮面ライダーNEW電王たちと出会い、
1971年の過去へと向かう。
イマジンを倒し、2011年の現代へ戻ってきた彼らだったが、
なんと日本は悪の秘密結社ショッカーに支配されていた。
過去の世界でアンクが落としたセルメダルがショッカーの手に渡り、
歴史が変わってしまったのだ。
歴史を修復するため再び過去へと飛ぶオーズたちだったが…。



制作年/2011年
内容時間/94分

監督/金田治
原作/石ノ森章太郎
脚本/米村正二
撮影/いのくままさお
音楽/中川幸太郎

(CAST)
火野映司:仮面ライダーオーズ/渡部秀
野上幸太郎:仮面ライダーNEW電王/桜田通
泉信吾:アンク/三浦涼介
左翔太郎:仮面ライダーW/桐山漣
フィリップ:仮面ライダーW/菅田将暉
ナオミ/秋山莉奈
ミツル/今井悠貴
ナオキ/吉川史樹
ブラック将軍/福本清三
オーナー/石丸謙二郎


仮面ライダー誕生40周年と
東映設立60周年記念作ということで
歴代の仮面ライダーが総出演し
なんとキカイダーやイナズマン、スバットも登場
仮面ライダー1号と2号は登場シーンも多いので
昭和世代の特撮ヒーローファンにとっては
懐かしい&嬉しい作品なのでは!?

俳優陣も、桐山漣さんと菅田将暉さんが
Wの変身シーンのワンカットのみで出演していて
(今のお二人の活躍からだと、なんと贅沢なキャスティング!)

今回の映画での私の一押しは“今井悠貴さん”です
撮影当時は小学生なのかな!?
今井さん演じるミツルを見ながら
「見覚えがあるけど誰だろう!?」気になり調べてみると
私が見たドラマに結構出演していました
『3年A組』『父と息子の地下アイドル』『ケイジとケンジ』
他にも沢山のドラマに出演しており
「ミツルくん、大きくなったね~」
「立派に活躍してくれて嬉しいよ~」と、親戚のおばさん目線に・・・^^;
『仮面ライダー』シリーズ、お宝発見コーナーでした!


またしても今更ですが・・・^^;
幸太郎の説明で、NEW電王のみが歴史に介入出来る!
デンライナーに乗って何でもありなの!?と思っていたけど
歴史に介入しないようちゃんと決まりはあったのね
今回はアンクの落としたメダルが歴史を変えてしまう
アンクが過去に行かなければ起きなかった
毎回新発見のある劇場版仮面ライダー
WOWOWでの放送があと20作品ほどあるので
“仮面ライダー宝探し&新発見”、楽しみです(^^)




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_09




「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー
 EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」


「超・仮面ライダー電王」トリロジーの第3弾。

平成仮面ライダー第10作「仮面ライダーディケイド」に登場し、
敵とも味方ともいえない微妙な立ち位置でディケイドたちを翻弄した
海東大樹=仮面ライダーディエンドの知られざる過去が明かされる


「EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」


野上良太郎=仮面ライダー電王とモモタロスたちは、
逃げたスパイダーイマジンを追って2008年の世界にやって来た。
そこに現われたのは、お宝を狙う怪盗でもある
海東大樹=仮面ライダーディエンド。
すべては電王のパスとデンライナーを盗むための海東の罠だったのだ。
そんな中、時間警察の捜査官・黒崎レイジが姿を現わす。
彼は仮面ライダーG電王に変身すると、
海東、そしてモモタロスらイマジンたちを逮捕してしまい…。



制作年/2010
内容時間/72分

監督/柴崎貴行
原作/石ノ森章太郎
脚本/米村正二
撮影/いのくままさお
音楽/佐橋俊彦

(CAST)
海東大樹:仮面ライダーディエンド/戸谷公人
黒崎レイジ:仮面ライダーG電王/古川雄大
ナオミ/秋山莉奈
野上良太郎:仮面ライダー電王/溝口琢矢
コハナ/松元環季
野上愛理/松本若菜
オーナー:駅長(2役)/石丸謙二郎
モモタロスの声/関俊彦
ウラタロスの声/遊佐浩二
キンタロスの声/てらそままさき
リュウタロスの声/鈴村健一


海東は前回観た映画に登場したとき
敵なのか味方なのか分からず
ゲストキャラだったのかな!?と思っていたら
なんと本作では海東が主役でした!
劇場版仮面ライダーを20本近く観ていると
知らないことが増え謎だらけに・・・???

本作でも登場人物の過去にふれているので
WOWOW放送の44作品を見終えたときには
全の謎が解けてスッキリしているかも!?

海東とレイジのエピソードにうるっときました
東海のお蔭でレイジは母に会うことができ
お母さんへのかたくなな思いがほどけて良かったね


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_08




「アルキメデスの大戦」


ドラゴン桜」の作者、三田紀房さんの同名コミックを
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴監督が
菅田将暉さんを主人公に迎え映画化


「アルキメデスの大戦」


1933年、日本。
海軍では、これからは戦闘機の重要性が増すため、
航空母艦の建造を主張する山本五十六と、
巨砲を備えた戦艦の必要性を訴える嶋田繁太郎が対立していた。
そこで山本は偶然知り合った元帝大の青年数学者・櫂に、
嶋田が建造を推進する、技術将校の平山が設計した
巨大戦艦の本当のコストを算出するよう依頼。
米国留学を控えた櫂だがこれを引き受け、作業に取り組むが、
さまざまな障壁が彼の前に立ちふさがっていく。



制作年/2019
内容時間/130分

監督/山崎貴
脚本/山崎貴
撮影/柴崎幸三
音楽/佐藤直紀
VFX/山崎貴

(CAST)
櫂直/菅田将暉
山本五十六/舘ひろし
田中正二郎/柄本佑
尾崎鏡子/浜辺美波
大里清/笑福亭鶴瓶
大角岑生/小林克也
宇野積蔵/小日向文世
永野修身/國村隼
嶋田繁太郎/橋爪功
平山忠道/田中泯


私は描写の激しい!?戦争映画が苦手なので
「アルキメデスの大戦」上映当時のCMで
大和の戦闘シーンを観て“無理かも!?”と
劇場で観るのを諦めました・・・が
WOWOWでの放送で観たら、全然大丈夫でした(^_^)v

菅田将暉さん演じる主人公、青年数学者・櫂直と
平山案サイドの(図面上での)数字の攻防戦が主で
私が思い描いていた内容ではなかったのですが
それが逆に意表を突いていて面白かったです

以前のブログでも書きましたが
『プライベート・ライアン』を観て以来
リアルな戦争映画をスクリーンで観られなくなったのよね(>_<)
TVではどうにか大丈夫なのですが・・・^^;


三田紀房さんの原作コミックは未読ですが
三田紀房さんの原著を元にした
佐野晶さんの小説版を持っているので
(映画を観て内容は知っているのですが・・・)
もしかしたら小説の方がもっと細かく描いているのでは!?と
少し期待しており・・・小説版を読むのが今から楽しみです(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_07




「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE
 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」


3作連続公開で話題を呼んだ「超・仮面ライダー電王」トリロジーの第2弾。
野上幸太郎=仮面ライダーNEW電王を主人公に、
彼と契約イマジンのテディとの絆を描く。


仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 3


時の列車のターミナルで、マンティスイマジンによる
乗車チケットの盗難事件が発生。
偶然居合わせた野上良太郎=仮面ライダー電王が犯人を追うが、
思わぬ苦戦を強いられ、取り逃した上に大けがを負ってしまう。
やがて、助っ人として良太郎の未来の孫である
野上幸太郎=仮面ライダーNEW電王がやって来るが、
なぜかデンライナーのオーナーは幸太郎に対し、
パートナーであるイマジンのテディとの派遣契約終了を宣言する…。



制作年/2010
内容時間/72分

監督/舞原賢三
原作/石ノ森章太郎
脚本/小林靖子
撮影/いのくままさお
音楽/佐橋俊彦


(CAST)
野上幸太郎:仮面ライダーNEW電王/桜田通
上原美来/高山侑子
ナオミ/秋山莉奈
野上良太郎:仮面ライダー電王/溝口琢矢
コハナ/松元環季
野上愛理/松本若菜
上原早苗/草村礼子
オーナー:駅長(2役)/石丸謙二郎
モモタロスの声/関俊彦
ウラタロスの声/遊佐浩二
キンタロスの声/てらそままさき
リュウタロスの声/鈴村健一
ジークの声/三木眞一郎
テディの声/小野大輔


今回は幸太郎とテディの絆を深める物語でしたね
それにしても幸太郎ってこんなにもドジキャラだった!?
今まではテディがカバーしていたから気付かなかったのかな!?

「THE MOVIE 超・電王トリロジー」を観て
イマジンたちの存在意義?がなんとなく分かってきた
今更ですけどね^^;
仮面ライダーが戦うためのパーツのようなもの!?
ずーっとそう思っていたけど・・・何か違う
モモタロスをはじめみんな癒やし系で
今では主人公の仮面ライダーよりも
イマジンたちの方に目がいってしまうほど

仮面ライダーたちもイマジンがいないと弱いしね^^;
イマジンは派遣契約だけの繋がりじゃない!
癒やし系でたよりになる大切な仲間ですね(^^)




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_03




『新世紀エヴァンゲリヲン』新劇場版三部作
「エヴァンゲリヲン新劇場版:序、破、Q」

『新世紀エヴァンゲリヲン』放送開始25周年、
そして『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の公開を記念して
NHKBSプレミアムにて放送
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」5/9(土) 午後11:30
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 」5/23(土) 午後11:00
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 」5/30(土) 午後11:00


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
序

2007年9月1日に公開され、全4部作のうち、序章的な位置づけにあたる。
本作のベースとなったのは、TVシリーズのうち第壱話から第六話まで。
14歳のシンジ少年が汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオンに乗って
正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、
自分の暮らし、友人、街など身近なものを認識する過程が、
丁寧なタッチで再び語られ、1本の映画として再構成されている。
クライマックスは、国家規模のオペレーションを描いた「ヤシマ作戦」。
日本中の電力を箱根の一点に集め、シンジのEVA初号機が狙う
陽電子砲の起動エネルギーとする大プロジェクトだ。
自在に変形と攻撃を繰り返し、ネルフ本部へ侵入しようとする使徒。
人類すべての運命が自分の双肩にかかったとき、シンジの心中に芽生えたものは・・・。

公開年・月日/2007年9月1日
上映時間/98分

総監督/庵野秀明
監督/摩砂雪・鶴巻和哉
脚本/庵野秀明
原作/庵野秀明
製作総指揮/大月俊倫
撮影/福士享
編集/奥田浩史
音楽/鷺巣詩郎
主題歌/宇多田ヒカル「Beautiful World」


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
新世紀エヴァンゲリオン序・破

汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、
自ら戦うことを選んだ碇シンジ。
大きな運命を託された14歳の少年の物語は、
ここから未知の領域へ突入する。
綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカが
エヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。
加えて魅惑の新ヒロイン、マリが登場する。
謎の敵性体“使徒”とEVAシリーズの戦いは
新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、さらに激しくエスカレートしていく。
スクリーンに続々と展開する、誰も見たことのないバトルシーン。

公開年・月日/2009年6月27日
上映時間/108分

総監督/庵野秀明
監督/摩砂雪・鶴巻和哉
脚本/庵野秀明
原作/庵野秀明
製作総指揮/大月俊倫・庵野秀明
撮影/福士享
編集/奥田浩史
音楽/鷺巣詩郎
主題歌/宇多田ヒカル「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」



「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
Q

4部作の3作目。
『Q』は、前作から14年後の世界におけるNERVと反NERV組織「ヴィレ」の戦いなど、
TVシリーズや旧劇場版とは全く異なるストーリーが展開される。

公開年・月日/2012年11月17日
上映時間/95分

総監督/庵野秀明
監督/摩砂雪・前田真宏・鶴巻和哉
脚本/庵野秀明
原作/庵野秀明
製作総指揮/大月俊倫・庵野秀明
撮影/福士享
編集/李英美
音楽/鷺巣詩郎
主題歌/宇多田ヒカル「桜流し」

(声の出演)
「序・破・Q」
碇シンジ/緒方恵美
綾波レイ/林原めぐみ
葛城ミサト/三石琴乃
赤木リツコ/山口由里子
碇ゲンドウ/立木文彦
渚カヲル/石田彰
冬月コウゾウ/清川元夢
日向マコト/優希比呂
伊吹マヤ/長沢美樹
青葉シゲル/子安武人
鈴原トウジ/関智一
相田ケンスケ/岩永哲哉
洞木ヒカリ/岩男潤子
キール・ローレンツ/麦人
「序・破」
ペンペン/林原めぐみ
「破」
碇ユイ/林原めぐみ
「破・Q」
式波・アスカ・ラングレー/宮村優子
真希波・マリ・イラストリアス/坂本真綾
加持リョウジ/山寺宏一
「Q」
鈴原サクラ/沢城みゆき
高雄コウジ/大塚明夫
長良スミレ/大原さやか
多摩ヒデキ/勝杏里
北上ミドリ/伊瀬茉莉也


私が初めてEVAを観たのはTVではなく映画
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』なんです
正直に言うと、
「何コレ意味不明!?どうして人気があるのかな?」と・・・
でもそれはTV版を観ていないからだよね!?ということで
TV版全巻レンタルで観ました!
これでEVAの面白さに気付き・・・でも意味不明なのは変わらず^^;
そして今回の「序・破・Q」を観てさらに謎が深まり・・・
特に「Q」はよく分からなかった・・・でもそこが面白いんですよ!!

新型コロナウイルスの影響により公開延期が発表された
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』
HPに近日公開とありますが、まだ公開日は発表されていません
本当に劇場公開日が待ち遠しいです!



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2020_06_02




「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE
 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」


3作連続公開で話題を呼んだ
仮面ライダーゼロノス、仮面ライダーNEW電王、
そして仮面ライダーディエンドをそれぞれ主人公に据えた
「超・仮面ライダー電王」トリロジーの第1弾。


THE MOVIE 超・電王トリロジー


ある日、野上良太郎の前にモモタロスが助けを求めてやってきた。
何者かによって行先不明のチケットを入れられてしまい、
デンライナーが制御不能に陥ったという。
一方、良太郎の姉・愛理は買い出しの途中、不良たちに絡まれていた。
モモタロスが憑依した良太郎が不良たちをたたきのめしたが、
どうやら不良たちは若い男から愛理を襲うよう命じられたらしい。
周囲を見回したところ、そこには足早に立ち去る桜井侑斗の姿が…。



制作年/2010
内容時間/70分

監督/金田治
原作/石ノ森章太郎
脚本/小林靖子
撮影/いのくままさお
音楽/佐橋俊彦

(CAST)
桜井侑斗:仮面ライダーゼロノス/中村優一
野上愛理/松本若菜
ナオミ/秋山莉奈
野上良太郎:仮面ライダー電王/溝口琢矢
コハナ/松元環季
菊地宏/中泉英雄
オーナー:駅長(2役)/石丸謙二郎
モモタロスの声/関俊彦
ウラタロスの声/遊佐浩二
キンタロスの声/てらそままさき
リュウタロスの声/鈴村健一
デネブの声/大塚芳忠


『ある理由から姿を消した、野上愛理の婚約者だった男性“桜井”と、
彼の青年時代の姿である桜井侑斗=仮面ライダーゼロノス。
今はもういない大人の自分を愛し続ける愛理に対し、
複雑な想いを抱く侑斗の葛藤、
そして彼を心から心配する契約イマジンのデネブとの絆が見どころ。
本心を口にしようとしないい侑斗の
不器用な優しさが浮かび上がる切ない物語となった。』

本作はアクションヒーローものではなく
どちらかというとラブストーリーですよね?
いえラブストーリーでした!(決定)
良太郎の姉・愛理と桜井侑斗
ふたりのすれ違いが切ない物語
愛理をストーカーから救い出した侑斗が
バイクで愛理を送っていく途中の
星空を眺めるシーンで二人の思いは時空を越え
めでたしめでたし・・・かな!?

モモタロスのホームレス姿や
制御不能になったデンライナーはおまけでしたね(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_06_01




05  « 2020_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.