「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」


「まずは前作の『この世界の片隅に』という映画がある。
今回の『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』という映画は、
また新しい映画だというつもりでつくりました」

第32回東京国際映画祭であった特別先行上映試写会
舞台あいさつに立った片渕須直監督は
今回の作品が、前作の単なる長尺版ではない
「新作」であることを強調した。


この世界の(さらにいくつもの)片隅に


日本が戦争のただ中にあった昭和19年、
広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれ、
新たな生活を始める。
戦況の悪化に伴い生活も困窮していくが、
すずは工夫を重ねて日々の暮らしを紡いでいく。
そんなある日、迷い込んだ遊郭でリンという女性と出会ったすずは、
境遇は異なるものの、呉ではじめて出会った
同世代の女性であるリンと心を通わせていくが……。



製作年/2019年
内容時間/168分

監督/片渕須直
プロデューサー/真木太郎
原作/こうの史代
脚本/片渕須直
画面構成/浦谷千恵
企画/丸山正雄
作画監督/松原秀典
キャラクターデザイン/松原秀典
音楽/コトリンゴ
監督補/浦谷千恵
美術監督/林孝輔


(声の出演)
北條すず/のん
北條周作/細谷佳正
北條円太郎/牛山茂
北條サン/新谷真
黒村晴美/稲葉菜月
黒村径子/尾身美詞
水原哲/小野大輔
浦野すみ/潘めぐみ
浦野キセノ/津田真澄
浦野十郎/小山剛志
浦野要一/大森夏向
森田イト/京田尚子
白木リン/岩井七世
テルちゃん/花澤香菜


2016年公開の「この世界の片隅に」も観ました
なので本作はデレクターズカット版?と思い観に行きましたが
観た印象が前作とはまるで深さが違うように感じました
2016年版ももちろん素晴らしい作品でしたが
登場人物の心情表現は39分追加された以上に深く伝わり
前作でさらりと受け流していたシーンが
実は複雑な心情を描いていたのだと
まったく別の映画を観たような気持ちになりました

「この世界の片隅に」→2017年2月にUP

2016年版を観た帰りは涙が溢れて止まらなかったのですが
今回は作品を観た後の衝撃は前作ほどではなかったです
内容をすでに知っているから当たり前ですけど^^;
でもすずさんの揺れ動く心情
径子さんのやるせない哀しみ
リンさんのあきらめることで得ただろう明るさ
新キャラの儚くけなげな少女テルちゃん
前作では見えなかった登場人物の葛藤が
本作ではしっかりと描かれ前作よりリアルに感じました

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は
繰り返し見たい!そう思わせてくれる作品ですね
内容、映像はもちろんのこと音楽も素晴らしく
今度はコトリンゴさんの音楽(歌)をじっくり聴きたい
でも劇場上映が終わってしまうので無理・・・(残念)
DVD&TV放送を待ちましょう!
本作ではコトリンゴさんの曲増えてるよ~♡



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2020_02_05




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.