「夏の嵐」


イタリアの名匠L・ヴィスコンティ監督の
豪華絢爛たるメロドラマの傑作


夏の嵐


1866年、オーストリア支配下のヴェネチアの劇場で
オペラ「イル・トロヴァトーレ」の公演が開かれるが、
オーストリアの支配に反発するイタリア人たちが
興奮に駆られて騒ぎだして大混乱に。
そこに居合わせたイタリア統一を目指す
地下組織のリーダー、ロベルトは
オーストリアの青年将校フランツと激しく対立。
ロベルトのいとこにあたる伯爵夫人リヴィアは、
彼らの対立を和らげたいと願うが、
やがてフランツと密会を重ねだし……。



原題/Senso
制作年/1954
制作国/イタリア
内容時間/124分

監督/ルキノ・ヴィスコンティ
脚本/ルキノ・ヴィスコンティ
脚本/スーゾ・チェッキ・ダミーコ
脚本/カルロ・アリアネッロ
脚本/ジョルジョ・バッサーニ
脚本/ジョルジョ・プロスペーリ
撮影/G・R・アルド
撮影/ロバート・クラスカー

(CAST)
リヴィア・セルピエーリ伯爵夫人/アリダ・ヴァリ
フランツ・マーラー中尉/ファーリー・グレンジャー
ロベルト・ウッソーニ侯爵/マッシモ・ジロッティ
セルピエーリ伯爵/ハインツ・モーク
クララ/マルチェッラ・マリアーニ
ラウラ/リーナ・モレッリ
ボヘミアの士官/クリスチャン・マルカン
ルーカ/セルジョ・ファントーニ


※2017年に観た映画ですが履歴を残すためUPします

ルキノ・ヴィスコンティ作品「夏の嵐」
昨日UPした『若者のすべて』とは違う意味で重い内容でした
二作品とも愛憎・嫉妬が悲劇をもたらす

「夏の嵐」では嫉妬に狂った伯爵夫人リヴィアと
リヴィアをそこまで追い詰めてしまった青年将校フランツ
リヴィアの愛を利用したフランツ
それに気付いたリヴィアの裏切り
リヴィア役のアリダ・ヴァリの変貌が見事でした

愛憎の物語でしたが映像はとても美しいかったです
衣装・家具・調度品・照明など細部へのこだわりが凄い!
貴族社会を描いた作品の美しさは流石ですね



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_01_07




12  « 2020_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.