2019年、1年間で観た映画は83本です

・邦画→57本
・洋画→9本
・アニメ→17本

今年もダントツ邦画が多かった
アニメは昨年より倍になっているけど
逆に洋画がかなり減ったので
トータルも減ってしまった(昨年観た映画は110本)

今年観た映画の中で印象に残っているのは
洋画では『ボヘミアンラプソディ』『チェンジリング』
『わたしはダニエル・ブレイク』『グレーテスト・ショーマン』
いずれも実話をベースにした作品で秀作でした
アニメも秀作が多かった
中でも『天気の子』『君の膵臓をたべたい』
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝』
『さよならの朝に約束の花をかざろう』には
心が揺り動かされました
邦画では『カメラを止めるな』がとても斬新で面白く
『万引き家族』は色々な意味で凄かった


来年の抱負は!?
もっと映画を観たいですね(特に洋画)
目指すはトータルで100本!


今年一年お世話になりました
来年も(拙い文ですが)当ブログでひとり言を続けていくつもりです
「本と映画の世界☆私のひとり言☆」

来年もヨロシクお願いしますm(__)m
 
来年も皆様にとって素晴らしい年になりますよう
 心よりお祈り申し上げます




テーマ : あいさつ    ジャンル : その他
 2019_12_31




「ハドソン川の奇跡」


2009年、NYで起きた奇跡の旅客機生還劇と
その舞台裏の知られざる実際の出来事を
巨匠C・イーストウッド監督が
T・ハンクスを主演に迎え
息詰まるタッチで綴った感動作


「ハドソン川の奇跡」


2009年1月15日。
乗客乗員155人を乗せて
NYの空港から飛び立ったばかりの旅客機が、
不測の緊急事態で操縦不能に陥るという
絶体絶命のピンチが発生。
ベテラン機長のサリーは、瞬時の判断により、
眼下を流れるハドソン川へ機体を不時着させることを決意。
機体の緊急着水にみごと成功して
全員無事生還を果たす奇跡を実現させ、
彼は英雄とたたえられるが、その後、
彼の判断が本当に正しかったのか、疑問視する声が上がり…。



原題/Sully
制作年/2016
制作国/アメリカ
内容時間/96分

監督/クリント・イーストウッド
製作/フランク・マーシャル
製作/アリン・スチュワート
製作/クリント・イーストウッドほか
脚本/トッド・コマーニキ
撮影/トム・スターン
音楽/クリスチャン・ジェイコブ
音楽/ティアニー・サットン・バンド

(CAST)
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー/トム・ハンクス
ジェフ・スカイルズ/アーロン・エッカート
ローリー・サレンバーガー/ローラ・リニー
エリザベス・デーヴィス/アンナ・ガン
ベン・エドワーズ/ジェームズ・シェリダン


(※2017年に観た映画です)

NYで実際に起きた航空機事故を映画化
当時のTV放送で事故の状況を見て
その時の機長の的確な判断に
全世界が絶賛していたことも知っていたので
今更映画で観るのもね!?と
上映当時は劇場に足を運ばなかった・・・
でも劇場に行かなかったことを後悔してしまうほど
本当に素晴らしい映画でした!
クリント・イーストウッド監督、凄いです!
冒頭からラストまで惹き込まれました

でもまさか英雄だったはずのサリーが
国家運輸安全委員会の公聴会で厳しい追及を受けた
そんな後日談があったとは・・・
そこに着目したイーストウッド監督の鋭い視点と
機長役のトム・ハンクスの素晴らしい演技で
最後まで存分に楽しめた映画でした



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_12_31




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.