「バスキア、10代最後のとき」


1980年代のニューヨークで活躍しながら27歳で早世した、
若き天才アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。
1980年前後の彼を振り返った伝記ドキュメンタリー。


「バスキア、10代最後のとき」


経済が衰退して犯罪が多発していた、
1978年のニューヨーク、ロウアーイーストサイド。
10歳代後半のバスキアは、
友人・知人の家を泊まり歩いて暮らしながら、
“セイモ”名義でアーティストとして活動するように。
絵や詩を町のあちこちで発表するが、
当時興隆するグラフィティとは距離を置く。
型破りな彼は魅力的な人柄もあって仲間を増やしていくが、
1980年、あるきっかけから美術界で大きく注目を集めるようになり…。



原題/Boom for Real: The Late Teenage Years of Jean-Michel Basquiat
制作年/2017
制作国/アメリカ
内容時間/79分

監督/サラ・ドライヴァー
製作/サラ・ドライヴァー
製作/レイチェル・デンギズ
撮影/アダム・ベン

(出演)
ジャン=ミシェル・バスキア
アレクシス・アドラー(生物学者)
アル・ディアス(グラフィティ・アーティスト)、
ファブ・5・フレディ(ミュージシャン)
リー・キュノネス(グラフィティ・アーティスト)、
ジム・ジャームッシュ(映画監督)
パトリシア・フィールド(衣装デザイナー、スタイリスト) ほか


「バスキア、10代最後のとき」を観た後の私の心の声
・・・バスキア展見たかったな・・・
「バスキア展」最終日の翌日に東京へ行ったので
残念ながら見ることはできませんでした
一日違いで・・・ホント残念(>_<)


映画でのバスキアは
詩や絵をペンキで書いている時も静かなイメージで
バンドでも中心ではなく隅っこにいて
彼の絵からは想像できないシャイでキュートな青年でした
もっとエネルギーの塊のような人物だと思い込んでいたので
逆にそのギャップが良かったです


70~80年代のNYで生まれたグラフィティアートには
“芸術は爆発だ!”ではないですけど
凄いエネルギーを感じました
バスキアの生きた時代のNYは
今のNYでは考えられないほど荒れていて
そんな物騒な街で住む家もなかった十代のバスキア
その当時のNYではドラッグも蔓延していて
そのドラッグが原因でバスキアは27歳で早世
荒んだNYだから天才バスキアが生まれた
でも荒れたNYがバスキアの早すぎる死を招いた!?

「バスキア、10代最後のとき」では
前半はNYのアートシーンを中心に紹介しながら
バスキア本人については十代の頃の作品を主に紹介!?
知人やバスキアに影響を受けた人々のインタビュー等で構成されている
バスキアの絵画作品をもっと紹介してくれるのかと期待していましたが
「SAMO(詩や絵)」「グレイ(バンド)」「マンメイド(服飾)」等
多種多様な才能に溢れているので
79分でバスキアの全てを紹介するのは無理・・・ですよね^^;
十代のキュートなバスキアを見ることができただけでも
この映画を観た価値は充分にありました!



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_12_10




「ごくせんTHE MOVIE 」


仲間由紀恵さんが熱血教師ヤンクミを演じた
大ヒットTVドラマの劇場版で完結編!
第2シリーズの主要キャスト、
亀梨和也さんをはじめ、歴代の教え子役キャストが集結


ごくせん


赤銅学院・3年D組で担任教師を務める
熱血教師・山口久美子、通称《ヤンクミ》。
問題児ばかりの生徒たちとなんとか
信頼関係を築こうと苦心する彼女の前に、
かつて黒銀学院で彼女の生徒だった小田切が
教育実習生としてやって来る。
教え子が自分と同じ道にと感激する久美子だったが、
小田切自身は教職課程の単位のために実習に来ただけで、
将来については決めかねていた。
そんな中、D組生徒の高杉が暴走族とトラブルを起こし…。



制作年/2009
内容時間/119分

監督/佐藤東弥
プロデュース/加藤正俊
脚本/江頭美智留
脚本/松田裕子
撮影/市川正明
音楽/大島ミチル
主題歌/Aqua Timez「プルメリア 〜花唄〜」

(CAST)
山口久美子/仲間由紀恵
小田切竜/亀梨和也
猿渡五郎/生瀬勝久
緒方大和/高木雄也
市村力哉/中間淳太
倉木悟/桐山照史
風間廉/三浦春馬
黒瀬健太郎/沢村一樹
赤城遼子/江波杏子
黒田龍一郎/宇津井健
高杉怜太/玉森裕太
望月純平/賀来賢人
五十嵐真/森崎ウィン
内山春彦/小栗旬
南陽一/石垣佑磨
野田猛/成宮寛貴
土屋光/速水もこみち
武田啓太/小池徹平
日向浩介/小出恵介


TVドラマ「ごくせん」が大好きで
毎週欠かさず観ていました
その「ごくせん」が映画化されたことは知っていましたが
その当時劇場で観ることが出来なかったので
WOWOW放送で観ることがて出来ラッキー
内容はテレビのまんまなので
任侠教師ヤンクミが生徒を救うため悪と戦う
いわゆる『水戸黄門』と同じノリ!?
分かっていてもそこがいいのよね~(^^)

でも上映当時ではなく今観てよかったかも!?
2009年制作の劇場版を
10年後に観たことで面白さが2倍になったのよね
当時生徒役で出演していた若手俳優陣が
今では主役級の俳優に成長し
その若手!?俳優陣を見るだけでも
劇場版「ごくせん」楽しめました(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_12_06




「マチネの終わりに」


芥川賞作家・平野啓一郎さんの同名ベストセラー小説を
西谷弘監督が、福山雅治さん、石田ゆり子さん主演で映画化


※以下、ネタバレ有り!

マチネの終わりに


パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、
パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。
2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせていくが、
洋子には婚約者である新藤の存在があった。
そのことを知りながらも、自身の思いを抑えきれない蒔野は
洋子へ愛を告げる。
しかし、40代の2人をとりまくさまざまな現実を前に、
蒔野と洋子の思いはすれ違っていく……。



制作年/2019年
上映時間/124分

監督/西谷弘
原作/平野啓一郎
脚本/井上由美子
撮影/重森豊太郎
音楽/菅野祐悟
クラシックギター監修/福田進一

(CAST)
蒔野聡史/福山雅治
小峰洋子/石田ゆり子
リチャード新藤/伊勢谷友介
三谷早苗/桜井ユキ
中村奏/木南晴夏
小峰信子/風吹ジュン
是永慶子/板谷由夏
祖父江誠一/古谷一行


平野啓一郎 さんの原作は未読です

福山雅治さんと石田ゆり子さんの美しさに魅せられ
映画を見終えた後しばらくボーッとして動けなかった^^;
主演の二人の美しさ、映像の美しさ、そして音楽の美しさと
私にとっては美の祭典!?のような映画でした(^^)


物語の内容を一言で表すと“大人のラブストーリー”
でもただのラブストーリーではなかったですよ

ジャーナリストの洋子はフランスでテロに遭遇し
紙一重のところで洋子は助かるのですが
大切な仕事仲間をそのテロで失ってしまう
その時の心の傷が(PTSD)洋子を苦しめる
そんな洋子を支えたのは婚約者のリチャードだった

パリで洋子と再会した蒔野は
洋子に婚約者がいると知りながら
「もし洋子さんが、地球のどこかで死んだって聞いたら、僕も死ぬよ」と
自らの思いを止めることが出来ず洋子に愛の告白をする
命懸けの仕事をしている洋子に“命を大切にして!”と伝えたかったのかな!?
それにしても凄い言葉ですよね

蒔野が洋子に語った言葉は他にも
「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいるけど、
実際は常に、未来が過去を変えているんだよ。
変えられるともいえるし、変わってしまう、とも言える。」
この物語の核となる深い言葉です

桜井ユキさん演じる早苗が
蒔野と洋子の間に割って入ってくるのですが
早苗は自らの人生をかけ蒔野をマネージャーとして支え応援していた
洋子の登場により早苗は次第に追い込まれていくのですが
その演技がホント上手くて、二人を翻弄する役柄でしたが
桜井さんが演じた切なさ全開の早苗、なんだか憎めなかったのよね
桜井ユキさんはドラマ『G線上のあなたとわたし』に出演中
NHKのよるドラ『だから私は推しました』では主演していました


この映画の一番の見所(聴き所!?)は
福山さん演じる蒔野のギター演奏シーン♪
ビックリするほど素晴らしい演奏でした
もちろん福山さんはプロのミュージシャンなので
ギターは弾けて当たり前!?と思われるかもしれませんが
クラシックギター演奏は別次元なんですよ
クラシックギターは本当に難しい
福山さん演奏の『幸福の硬貨』心に響きました

映画のBGMに流れるギター曲のほとんどは福田進一さんの演奏
私が大好きなギターリスト荘村清志さんの演奏曲もありました♡
(実は私、若い頃クラシックギターを弾いていた経験が・・・
 でも手が小さくて5年ほどで諦めました^^;)
久々にクラシックギターの曲を聴くことが出来嬉しかったです
それだけでもこの映画を観て大正解!

もちろん見所は他にも沢山ありました!
福山さんの慟哭の切れた演技に圧倒され
石田さんの凜とした清楚な美しさに魅せられ
そして、パリやニューヨークの美しい情景と
美しいギターの音色に癒やされた
いいことずくめの映画でした(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_12_03




「ニート・ニート・ニート」


三羽省吾さんの同名小説を映画化した
青春ロードムービー


ニート・ニート・ニート


ある事情でヤクザに追われる青年レンチは、
高校時代の同級生で、コネ入社した会社に
辞表を出したばかりのタカシと、
今は家に引きこもるもうひとりの同級生キノブーを連れ出し、
車で北海道へと向かう。
途中、レンチは出会い系サイトで知り合った
美女と待ち合わせしたというが、
現われたのはどう見ても地味な月子という少女だった。
だが一行はなぜか月子に主導権を握られ、
何か理由があるらしい順序で北海道各地を駆け巡ることに。



制作年/2018
内容時間/117分

監督/宮野ケイジ
脚本/宮野ケイジ
撮影監督/中澤正行
音楽/菅大祐

(CAST)
レンチ/安井謙太郎
タカシ/山本涼介
キノブー/森田美勇人
月子/灯敦生
ミサコ/MEGUMI
キノブーの母/石野真子
ゴジさん/藤本隆宏


三羽省吾さんの原作小説は未読です

北海道が舞台なので見た映画ですが
登場人物にいまいち入り込めず・・・
特にレンチのキャラの良さが分からない
タカシやキノブーが言うには
いいとこ無しのレンチだけど、なぜかクラスの人気者だった
私にはいいとこ無しのレンチしか伝わらず
月子の言いなりで北海道に行くことになったのも
よく理解出来なかったのよね・・・
原作を読めば理解出来るのかな!?

でも北海道の景色は素晴らしかった!
北海道はロードムービーにピッタリだー!!
北海道に行きたーい!!
その意味ではこの映画を観て良かったかな
映像に癒やされました(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_12_02




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.