「光」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「光」


河瀬直美監督が
視力を失いつつあるカメラマンに永瀬正敏さん
音声ガイドに従事するヒロインに水崎綾女さんを迎え
2人の心の触れ合いを綴ったラブストーリー


光


目が不自由な人のために映像を言葉で伝える、
映画の音声ガイドの新たな仕事を始めた尾崎美佐子。
けれども、ある時、彼女は、中森雅哉という弱視のカメラマンから、
音声の付け方が不親切でなってないという、
忌憚のない批判を浴びせられることに。
中森は一流のカメラマンだったが、今やその視力を失いつつあった。
はじめは彼の率直で無愛想な態度に反発を覚える美佐子だったが、
次第に彼の写真作品や人柄に心惹かれるようになる。


制作年/2017
内容時間/102分

監督/河瀬直美
脚本/河瀬直美
撮影/百々新

(CAST)
中森雅哉/永瀬正敏
尾崎美佐子/水崎綾女
智子・時江/神野三鈴
明俊/小市慢太郎
北林監督・重三/藤竜也


第70回(2017)カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞


映画「光」を観て最初に頭に浮かんだのは
さだまさしさんの小説『解夏』
主人公がしだいに視力を失う病に侵され
絶望と恐怖に苛まれる物語

本作でも主人公のカメラマン中森が
『解夏』と同じ!?目の病で視力を失っていく
その苦しみの中で出会った女性・美佐子
・・・映画の紹介ではラブストーリーとありましたが
中森と美佐子の間に恋愛感情があったの?
私には2人が恋愛しているように見えなくて
どちらかというとヒューマンストーリー!?

映画のなかで音声ガイドについて描かれていたのですが
とても興味深く観させて頂きました
音声ガイドの美佐子にモニターの視覚障害者の方々が
音声ガイドの脚本についてアドヴァイスをするシーン
主観が入り過ぎると押しつけがましくなるという指摘や
逆に背景だけの説明だと登場人物の気持ちが伝わらない
見えない世界を言葉で表すことの難しさ等
新たな気づきをもたらしてくれた映画でした

河瀬直美監督・脚本の映画「光」秀作です



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_06_26




アニメ映画「未来のミライ」


『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』等
世界中から注目を集める細田守監督の最新作。


未来のミライ


とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃんのもとに、
生まれたばかりの妹がやってくる。
両親の愛情を妹に奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん。
そんな時、くんちゃんは家の庭で自分のことを
“お兄ちゃん”と呼ぶ不思議な少女と出会う。
彼女は未来からやってきた妹・ミライちゃんだった。
くんちゃんはミライちゃんに導かれ、
時をこえた家族の大きな旅に飛び込んでいく……。



制作年/2018
内容時間/98分

監督・脚本・原作/細田守
ゼネラルプロデューサー/高橋望
プロデューサー/齋藤優一郎
プロデューサー/伊藤卓哉
プロデューサー/足立雄一
プロデューサー/川村元気
作画監督/青山浩行
作画監督/秦綾子
美術監督/大森崇
美術監督/高松洋平
主題歌/山下達郎「うたのきしゃ」
      オープニングテーマ「ミライのテーマ」

(声の出演)
くんちゃん/上白石萌歌
ミライちゃん/黒木華
おとうさん/星野源
おかあさん/麻生久美子
謎の男/吉原光夫
ばあば/宮崎美子
じいじ/役所広司
青年/福山雅治
遺失物受付ロボット/神田松之丞


細田守監督の作品が大好きなので
劇場で観たかったのですが
残念ながら本作は見逃してしまったのよね・・・^^;
なのでTVでの放送を心待ちにして
やっと観ることが出来ました


「未来のミライ」面白かったのですが
『時かけ』や『おおかみこども』を観たときのような
心にぐっと迫るような感じではなかった
でも、くんちゃんが迷い込む東京駅のシーンあたりから
どんどん惹き込まれていき
特に東京駅の不気味な異世界から
ファミリーツリー!?への流れがすごくよかったです
ハラハラドキドキで最後まで楽しめました(^^)


ひとつ言わせてもらえば・・・
シーンによってはくんちゃんの声が大人の女性だよね?
そう聞こえた瞬間が有りどうしても気になってしまった
それは私の好みの問題で上白石萌歌さんはすごく頑張っていて
くんちゃんが泣き叫んだりするシーンは流石でした!
それにしても声の出演が豪華キャストで凄いです!
萌歌さんミライちゃんの方が合っていたのでは?(しつこいですね^^;)

細田守監督作品なんだかんだ言っても好きなので
次回作を今から楽しみにしております♡
新作上映がいつになるか分かりませんが
今度こそは劇場で観ます(宣言!)



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2019_06_19




アニメ映画「ペンギン・ハイウエイ」


森見登美彦さんの日本SF大賞受賞小説を
アニメ映画化したジュブナイルファンタジー。


ペンギン・ハイウエイ


郊外の町に暮らすちょっと大人びた小学4年生アオヤマ君。
その日一日、発見したことをノートに記録し、
気になったことは徹底的に研究する彼は、
気さくで胸が大きくてミステリアスな
歯科医院の“お姉さん”の研究を続けていた。
そんなある日、町にペンギンが次々と現われ、
どこかへと消える奇妙な事件が起きる。
この謎について調査を開始したアオヤマ君は、
“お姉さん”が投げたコーラの缶が
ペンギンに変わる様子を目撃して…。



制作年/2018
内容時間/118分

監督/石田祐康
原作/森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』
脚本/上田誠
キャラクターデザイン/新井陽次郎
音楽/阿部海太郎
制作/スタジオコロリド
主題歌/宇多田ヒカル「Good Night」

(声の出演)
アオヤマ君/北香那
“お姉さん”/蒼井優
ウチダ君/釘宮理恵
ハマモトさん/潘めぐみ
スズキ君/福井美樹
アオヤマ君のお父さん/西島秀俊
ハマモトさんのお父さん/竹中直人


森見登美彦さんの原作がとても面白かったので
アニメ化された本作をとても期待して観たのですが
期待し過ぎたのがいけなかったのか・・・
原作を先に読みラストを知っていたからか?
原作を読んだときの感動が映画ではあまり伝わらず・・・
とは言え、ペンギンは映像の方が断然カワイイ♡
原作ほどではなかったけれど映画も最後まで楽しめました

“お姉さん”の声を蒼井優さんが演じていて
私も原作を読みながら映画化するなら
お姉さんは蒼井優さんがピッタリだと思っていたので
このキャスティングは嬉しかったです
アオヤマ君のお父さん役の西島秀俊さんも嵌まり役(声)でした(^^)



テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2019_06_16




映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」


社会派の名匠K・ローチ監督が社会的弱者の側に寄り添い
弱者の怒りと心の叫びを代弁した映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」
第69回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた傑作!


わたしは、ダニエル・ブレイク


イングランド北東部の町で暮らすダニエル・ブレイク。
彼は腕のいい大工だが、心臓に病が見つかり、
医者から仕事をするのを止められてしまう。
しかし、国から失業手当を受けるためには
一定期間の就活が義務付けられ、
さらにはオンラインでの申請受付のため、
コンピューターが苦手な彼には大きな壁が立ちはだかることに。
悪戦苦闘するさなか、彼はシングルマザーのケイティ一家と知り合い、
彼女たちに助けの手を差し伸べるのだが…。



原題/I, Daniel Blake
制作年/2016
制作国/イギリス/フランス/ベルギー
内容時間(字幕版)/101分

監督/ケン・ローチ
製作/レベッカ・オブライエン
脚本/ポール・ラヴァティ
撮影/ロビー・ライアン
音楽/ジョージ・フェントン

(キャスト)
ダニエル・ブレイク/デイヴ・ジョーンズ
ケイティ/ヘイリー・スクワイアーズ
ディラン/ディラン・フィリップ・マキアナン
デイジー/ブリアナ・シャン
アン/ケイト・ラッター


前に観たドキュメント映画「ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生」
その中で少しだけですが紹介されていた映画
「わたしは、ダニエル・ブレイク」やっと観ました!
ケン・ローチ監督作品を初めて観ましたが
監督の撮った他の作品も是非観たい!
そう思わせてくれるような内容で
強いメッセージを観る者の心深くへと届けてくれる
本当に素晴らしい映画でした

監督本人がドキュメント映画の中で
『私はイギリスに嫌われている』と言っていましたが
「わたしは、ダニエル・ブレイク」の中で
底辺で生きる人々への不当な差別
イギリス社会の弱者への理不尽な行為を
徹底したリアリズムで描いているので
まるでドキュメンタリーを観ているようでした
確かにここまでリアルだと本国イギリスでは
特に上流階級の人々には煙たがられるかもね!?



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_06_12




「ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生」


イギリスの至宝、社会派ドラマの名匠、K・ローチ監督。
彼の半世紀以上にも及ぶ経歴とその作品世界の魅力を、
さまざまな映像と証言を通して振り返るドキュメンタリー。


K・ローチ


イギリスのTV・映画界が世界に誇る社会派ドラマの名匠として、
「ケス」や「麦の穂をゆらす風」等々、
数多くの名作を世に送り出してきたローチ。
“リアリズムの達人”“イギリス映画史上、
最も左翼的な映画監督”と賞賛される一方で、
敵対勢力からは“イカレたマルクス主義者”などと
批判も浴びてきた彼の人間性と作品世界を、
さまざまな貴重な映像資料と証言、
そしてヴァーサス(=相反する二面性)をキーワードに振り返る。



原題/Versus: The Life and Films of Ken Loach
制作年/2016
制作国/イギリス
内容時間(字幕版)/94分

監督/ルイーズ・オズモンド
製作/レベッカ・オブライエン
撮影/ロジャー・チャップマン
音楽/ロジャー・ゴウラ・サルダ

(出演)
ケン・ローチ
キリアン・マーフィ
ガブリエル・バーン
ポール・ラヴァーティ
レベッカ・オブライエン
アラン・パーカー


ケン・ローチ監督作品はまだ観ていませんが
社会派ドラマを撮っている監督で
労働者階級や移民たちの暮らしをリアルに描いている
ローチ監督は一見気難しそうに見えるけど
作り物ではなく徹底したリアリズムを描くため
作品に対して決して妥協を許さない
それゆえの気難しさなのかと感じました

役者選びについての話もとても興味深く
役者の演技力よりもその役柄を演じるに当たり
人としての気質や背景を見て選んでいるとのこと
そこまでのこだわりで作っている作品を是非観たいなと
まずはカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した
『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観させていただきます!

本作はドキュメンタリー映画なので
インタビューを挟みながらケン・ローチの半生や
映画制作のエピソード等を赤裸々に描いており
監督本人を変な言い方ですが持ち上げすぎず!?
ありのままを描いていることに好感を持ちました
「ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生」 いい作品でした


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2019_06_05




05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.