映画「海を駆ける」


『ほとりの朔子』『淵に立つ』の深田晃司監督が
ディーン・フジオカさんを主演に迎え、
インドネシアでオールロケ撮影を敢行したファンタジー映画


海を駆ける


日本からインドネシア最西端の港町バンダ・アチェに移り住み、
NPO法人で災害復興の仕事をしながら、息子のタカシと暮らす貴子。
折しも、貴子の家に日本から親戚のサチコがやって来るのと前後して、
正体不明の男が海岸で倒れているのが発見される。
記憶喪失に陥っているのか、無口でどこか謎めいたその男は、
インドネシア語で海を意味する「ラウ」と名付けられ、
しばらく貴子が預かって面倒を見ることにするのだが…。



制作年/2018
制作国/日本/フランス/インドネシア
内容時間/107分


監督/深田晃司
脚本/深田晃司
撮影/芦澤明子
音楽/小野川浩幸

(CAST)
ラウ/ディーン・フジオカ
タカシ/太賀
サチコ/阿部純子
クリス/アディパティ・ドルケン
貴子/鶴田真由
イルマ/セカール・サリ


映像は美しかったのですが
内容的にはつかめない映画でした
私の感性では理解不能で・・・^^;
でもファンタジー映画なので
ラウを神?妖精?もしくは死神?
そう考えれば何でもありかなと・・・

内容はさておき!?
ラストの海を駆けるシーンがとても綺麗で
インドネシアの美しい風景を楽しめただけでも
よしとしましょう!(^^)

今までに私が観た深田晃司監督作品は
いい意味でも悪い意味でも余韻の残る作品で
本作は、貴子のその後はどうなったのかな?等々
余韻というよりは疑問が残った不思議な作品でした。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_05_12




04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.