「何者」

Category: 映画 > ・邦画  


映画「何者」


朝井リョウさんの第148回直木賞受賞作「何者」を
三浦大輔監督が脚本も担当して映画化。


何者 MOVIE


大学の演劇サークルに全力投球していた拓人、
彼がずっと前から片想いをしている瑞月、
彼女の元カレで拓人とルームシェアをする光太郎たちが、
瑞月の友人で拓人の部屋の上に住む理香の部屋を
“就活対策本部”と名付けて定期的に集まる。
そこに理香と同棲中の隆良が加わるが、
それぞれが抱く想いが複雑に交錯し、
徐々に人間関係が変化していく。
そして、内定をもらった者や“裏切り者”が現われたとき、
本音があらわになる。



制作年/2016
内容時間/98分

監督/三浦大輔
脚本/三浦大輔
原作/朝井リョウ
撮影/相馬大輔
音楽/中田ヤスタカ
主題歌/中田ヤスタカ「NANIMONO(feat. 米津玄師)」

(CAST)
二宮拓人/佐藤健
田名部瑞月/有村架純
小早川理香/二階堂ふみ
神谷光太郎/菅田将暉
宮本隆良/岡田将生
サワ先輩/山田孝之


朝井リョウさんの原作を先に読んでいたので
内容は知っていたのですが
ラストシーンを想像すると何だか落ち着かなくて
次第に追い込まれていく感じ?

淡々とした生活の中に見え隠れする緊張感
ちょっとしたことで張り詰めた糸が切れてしまいそう
そんな危うさの中“就活対策本部”のメンバーは
表面上は平気だよ!?って装っていて…

佐藤健さん演じる拓人と二階堂ふみさん演じる理香
就活で精神的に追い込まれていく不安定さを
見事に演じていたので見ているこちらまで
けっこう痛かった…
今の世の中はいい意味でも悪い意味でも
SNSに頼って生きている人が多い!?
いや振り回されているのかな?
ラストシーンでの拓人は少し明るくなり
その世界から一歩踏み出した感じがしましたが…
でもやはり見ていて辛い映画でしたね^^;

就活中に起こる様々な出来事を疑似体験出来る映画?
就活を頑張っている皆さま
参考のためご覧になってみては如何でしょうか!?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2019_01_29




12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.