芝村凉也さんの返り忠兵衛 江戸見聞シリーズ第14弾「刃風閃く」


天明の鬼六、ついに江戸へ
神原の抱く意志が明らかに
死闘の場に臨む三人、各々の思い


刃風閃く


藩主後見役に任じられた元藩主の樺島直篤が
隠居所に篭ったまま動く様子を見せないため、
定海藩は混迷の渦中にあった。
筧忠兵衛は、いまだ失意の中にいる紗智に
田宮伴内自刃を報せに行き、冷たく拒絶される。
そんな中、謎の投げ文によって、南町奉行所臨時回り同心の岸井千蔵は
一連の事件が天明の鬼六一家の企てであったことを掴むのだが。


ついに鬼六自ら江戸に乗り込んでくる!
鬼六を裏切った廻船問屋の主・清七は
元定海藩・主君御側御用取次の神原を頼りに
鬼六に対抗する手段を考えるのだが
落ち着き払った神原の態度に焦りを感じ…
その神原はというとまるで磁石のように?
紗智や浅井だけでなく忠兵衛までをも
鬼六との闘争の場に引き寄せてくる

最初は正体の分からない神原が不気味でしたが
紗智を朝太郎の毒牙から守ったあたりから
神原の存在が妙に気になってきて
鬼六の手から清七を助けるだけでなく
もしかしたら定海藩や忠兵衛をも助けるのかな?と
今では一番目の離せない存在となっています。

浅井も絶妙なタイミングで登場!
今回も頼りになる浅井さんでした(^_^)v

主人公・忠兵衛の存在は本書でも薄かった!?
でも紗智に自らの思いを告げることが出来たので
紗智の傷ついた心に微かな光が差し
どうやら紗智もこれで立ち直れるのでは!?
…!?おみねに言わせればもっと言いようがないの!と
忠兵衛にあきれるかもしれないけれど
堅物忠兵衛がやっと!紗智に対して素直な思いを伝えることが出来ました
次回作・15話を読むのが今から楽しみです(^^)/



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_11_09




10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.