映画「先生!・・・好きになってもいいですか?」


人気コミック「先生!」を実写映画化した青春ラブストーリー。
初めて好きになった人は世界史の先生。
彼の優しさに女子高校生の心は揺れる。


映画 先生・・・好きになってもいいですか?


高校2年の響はまだ恋を知らない内気な少女。
楽しそうに恋バナをする同級生の恵や浩介を
どこか不思議な気持ちで眺めていた。
ある日、ラブレターを間違えて世界史の教師・伊藤の
げた箱に入れてしまったと騒ぐ恵に頼まれ、
響は伊藤のもとを訪ねる。
ぶっきらぼうで愛想のない伊藤だが、
響は彼の大きな手を見て関心を抱くように。
やがて、居残りをしていた自分を手伝ってくれた伊藤の優しさに触れ、
響はいつしか彼に惹かれていく。



制作年/2017
内容時間/113分

監督/三木孝浩
脚本/岡田麿里
撮影/山田康介
音楽/mio-sotido

(CAST)
伊藤貢作/生田斗真
島田響/広瀬すず
川合浩介/竜星涼
千草恵/森川葵
藤岡勇輔/健太郎
関矢正人/中村倫也
中島幸子/比嘉愛未



河原和音さんの原作コミック『先生!』



先生! コミック


響は友達の恵ちゃんにたのまれて、
彼女のラブレターを関矢先生の下駄箱に入れたはずなのだが…。
ちょっとした手ちがいで、伊藤先生の手に渡ってしまい…。



別冊マーガレットに連載されていた『先生!』を
当時リアルタイムで読んでいたので
映画も楽しみにしていたのですが
私が感じていた漫画のイメージとは少し違っていて(^^;)
伊藤先生役の生田斗真さんはカッコよすぎて
響役の広瀬すずさんは可愛すぎたかな!?
伊藤はもっと雑な先生で、響きはボーイッシュな女の子のイメージ
カッコよすぎる、可愛すぎる2人を見ていると
なんだか見ている方が照れくさくなってしまった(^^;)

原作漫画で感じたドキドキを映画では感じることが出来ず
少し残念でした・・・
原作云々を抜きにして映画は別物?
そう切り替えて映画を観ていたらもっと楽しめたと思います。

でもなんだかんだ言っても
カッコいい生田斗真さんを見れただけで大満足(*^O^*)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2018_09_30




08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.