映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

全世界の累計発行部数が800万部を突破した
東野圭吾さんの大ベストセラー「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を
山田涼介さん(Hey! Say! JUMP)と
西田敏行さんの共演で実写映画化。
只今、絶賛上映中!


ナミヤ雑貨店の奇蹟 MOVIE


過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、
現実に背を向けて生きてきた青年と
悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描く。
2012年。
養護施設出身の敦也は、幼なじみの翔太や幸平と
悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。
そこは、かつて町の人々から
悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。
現在はもう廃業しているはずの店内で
一夜を過ごすことに決める3人だったが、
深夜、シャッターの郵便受けに
何かが投げ込まれたことに気づく。
投げ込まれていたのは
1980年に書かれた悩み相談の手紙で、
敦也たちは戸惑いながらも、
当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことに。
やがて、この雑貨店と浪矢の
意外な秘密が明らかになり…。



製作年/2017年
上映時間/129分


監督/廣木隆一
原作/東野圭吾
脚本/斉藤ひろし
撮影/鍋島淳裕
音楽/Rayons

主題歌/『REBORN』山下達郎


(CAST)
敦也/山田涼介
小林翔太/村上虹郎
幸平/寛一郎
皆月暁子/成海璃子
セリ/門脇麦
セリ・少女時代/鈴木梨央
松岡克郎/林遣都
松岡健夫/小林薫
浪矢雄治/西田敏行
浪矢貴之/萩原聖人
田村晴美/尾野真千子
田村秀代/吉行和子
刈谷/手塚とおる
映子/山下リオ


東野さんの原作が大好きなので
劇場まで観に行きました!が…
原作に思い入れのある私にとっては???
ラストが原作と違いませんか?
私はあのラストの爽快感を味わうために
劇場まで足を運んだのですが

映画を観終えての感想は
どうして原作通りに描かなかったのかしら?
でした…^_^;

原作云々を抜きにすれば
面白い映画だったと思います。
セリ(門脇麦)が劇中で歌った『REBORN』
とても心に響きました。
セリの少女時代を演じた鈴木梨央ちゃん、演技上手い!
登場シーンは短いけれどとても印象に残っています。


過去記事で紹介した「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

悩み事は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」まで?




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_09_27




森博嗣さんの「朽ちる散る落ちる」


地下密室+宇宙密室!
森ミステリィの神髄!!
土井超音波研究所の事件はまだ終わらない…
~『帯紙』より~



朽ちる散る落ちる



土井超音波研究所の地下、
出入りが絶対に不可能な完全密室で、
奇妙な状態の死体が発見される。
一方、地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていた。
数学者小田原長治の示唆で事件の謎に迫る瀬在丸紅子は、
正体不明の男たちに襲われる!
前人未踏の宇宙密室!ますます冴える森ミステリィ、
絶好調Vシリーズ第9弾。




『恋恋蓮歩の演習』と『捩れ屋敷の利純』
予約しているのですがまだ図書館から届かないので
Vシリーズ第9弾「朽ちる散る落ちる」を先に借りて読みました
が、先に読んで正解でしたね(^_^)v

本書「朽ちる散る落ちる」は
『六人の超音波科学者』から1週間後の話
土井超音波研究所の地下に謎の変死体が!
前作では無駄に立派な?研究所の建物でしたが
今回は立派な研究所をフル活用
無駄に立派!?ではなかったです^_^;


何気なくへっ君自慢をしている紅子
へっ君を心配するあまり取り乱してしまった紅子
事件の謎解きをしている紅子もかっこいいのですが
母親としての紅子も人間らしくて?いいですね
『林のためなら…』発言にちょっとそれはないでしょ?
と思っていたので、母としての紅子にほっとしました。


保呂草や練無も今までとは違う一面が
最終巻の『赤緑黒白』ではどう描いているのかしら?
気になるので今から読みます!
楽しみ~(^_-)-☆


『恋恋蓮歩の演習』と『捩れ屋敷の利純』いつ届く?
『四季・夏』も先に読むつもりでしたが
こちらもまだ届かず((+_+))




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_26




映画「インフェルノ」


「ダ・ヴィンチ・コード」に始まる
T・ハンクス主演のサスペンスアクション第3作。
主人公ラングドン教授は、人類の淘汰をたくらむ
大富豪の陰謀を阻止しようと奔走する。


インフェルノ MOVIE


フィレンツェの病院で目覚めたラングドンは、
なぜ自分がここにいるのか分からず、
過去2日の記憶を失っていた。
謎の刺客に襲われた彼は、
理由も分からないまま女性医師シエナと脱出することに。
わずかな手掛かりは、
ポケットにあったライトが映し出す“地獄の見取り図”。
それはダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」を絵にしたものだった。
その絵に隠された暗号に気付いた教授は、
やがて自分が恐るべき陰謀の渦中にいることを知る。




原題/Inferno
制作年/2016
制作国/アメリカ
内容時間/122分


監督/ロン・ハワード
製作総指揮/ダン・ブラウンほか
製作/ブライアン・グレイザー
製作/ロン・ハワード
脚本/デヴィッド・コープ
撮影/サルヴァトーレ・トチノ
音楽/ハンス・ジマー


ロバート・ラングドン/トム・ハンクス
シエナ・ブルックス/フェリシティ・ジョーンズ
ハリー・シムズ/イルファン・カーン
クリストフ・ブシャール/オマール・シー
バートランド・ゾブリスト/ベン・フォスター
エリザベス・シンスキー/シセ・バベット・クヌッセン
ヴァエンサ/アナ・ウラル




D・ブラウン原作『インフェルノ』


インフェルノ BOOK

フィレンツェ。
襲撃を受け病院を逃げ出したラングドン教授。
手にした見慣れぬ円筒から浮かびあがったのは
ダンテ『神曲』を描いた、ボッティチェルリ〈地獄の見取り図〉。
原画にはない暗号、解読した先に待つのは?




ダン・ブラウンの原作を先に読んだつもりでいましたが
映画を観てもまるで思い出せない…
どうやら未読だったよう…^_^;


『天使と悪魔』はかなりハードだったので
劇場で観るのを諦めたのですが
「インフェルノ」は劇場で観ても全然大丈夫でしたね
(私怖がりなので…^_^;)


増え続ける人口を地球が支えきれなくなる?
事件の根幹が人口問題なので
映画を観ながら、アル・ゴアの
『不都合な真実』が頭に浮かんできました
映画よりも現実の方が怖い!?
世界的規模の異常気象
それが日常になりつつある…


本作で3作目ということもあり
パターン化していて先が読めてしまう?
ハラハラドキドキで面白かったのですが
『ダヴィンチコード』は越えられなかったですね。
でも原作は気になるので
森博嗣さんのシリーズを読み終えた後
「インフェルノ」(上・下巻)読みたいなと思っています。




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2017_09_25




森博嗣さんの「六人の超音波科学者」


舞台は「閉ざされた研究所」。
事件は、仮面の博士が住む研究所で発生した。
~『帯紙』より~


六人の超音波科学者


六人の科学者が集う土井超音波研究所。
そこに通じる唯一の橋が爆破され、
山中深くに築かれた研究所は陸の孤島となった。
仮面の博士が主催する、所内でのパーティの最中に死体が発見される。
招待されていた瀬在丸紅子たちは真相の究明に乗り出すが…。



森博嗣さんのVシリーズを
私は図書館で借りて読んでいるのですが
第六弾の『恋恋蓮歩の演習』は
いつも利用している図書館になく予約することに…

「六人の超音波科学者」を先に借りることが出来たので
“まぁいいか!?”と先に読んでしまった…
でも順序が逆になっても支障はなかったのでは?
『恋恋』をまだ読んでいないので分かりませんけどね^_^;


土井超音波研究所で起きた殺人事件に
パーティーに招待されていた紅子と練無が巻き込まれ
今回は(今回も)紅子さんが大活躍でした。
練無も色んな意味で活躍していましたが
危なかった…紅子さんがいてくれて良かったね


密室のトリックの謎解きをさらりとやっていましたが
そんな短時間で実行可能なの?と疑問が…
特殊な研究所内での事件だから可能だったのかしら

それと博士たちはどうなったんでしょうね
説明足らずで終わった気がしましたが
きっとシリーズの最終巻までに
全体像を知ることができるのでは?と
期待しています(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_24




東野圭吾さんの「恋のゴンドラ」


この恋の行方は天国か地獄か
怒濤の連続どんでん返し!

恋をするには
愛以上に覚悟と度胸が必要―
書きながら改めて
思いました。
東野圭吾
~『帯紙』より~


恋のゴンドラ


真冬に集う男女8人の運命は?
あの東野圭吾が“恋愛"という永遠のミステリーに真っ向から挑む。
衝撃の結末から目を逸らすな!




読み始めの感想は、
7つの物語の短編集?
東野さんの作品としてはちょっと物足りないかな?
と思いながら読んでいましたが
特に、『ゴンドラ』と『リフト』がいまひとつで^_^;
でも『プロポーズ大作戦』あたりで???
もしかしたら面白くなるかも!?

その後の物語
『ゲレコン』『スキ― 一家』
『プロポーズ大作戦 リベンジ』
『ゴンドラ リプレイ』
最後まで一気読みしました!

ミステリーではなかったけれど
このノリ嫌いではないです。
どちらかと言うと好きかも


本書の帯紙で紹介されていたので
『雪煙チェイス』、本書の続編なのかしら?と
勝手に思っていましたが、どうやら違うようですね

「恋のゴンドラ」ラストの物語
『ゴンドラ リプレイ』での絶叫のその後が気になる!
東野さん、続編書いてくれませんかね!?



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_19




森博嗣さんの「魔剣天翔」


衆人環視の航空ショー
高空の完全なる密室!

失われた秘宝、犯罪予告の暗号、
謎に満ちた最新作!
~『帯紙』より~


魔剣天翔


航空ショーでアクロバット演技中のパイロットが撃たれ、死んだ。
航空機は二人乗り。パイロットが座っていたのは後部座席。
しかし、撃たれたのは背中から。
犯人は一緒に搭乗していた女性記者なのか?
衆人環視の中、成立した空中の完全密室。
シリーズ最高難度の謎を、
没落した名家の令嬢・瀬在丸紅子が解き明かす。




Vシリーズ第5作目も期待通りでした!
面白かったです(^^)
突っ込みを入れながら読む!は相変わらずでしたが^_^;
でも今回のトリックと犯人には納得できました。


アクロバット飛行の描写が
スカイクロラシリーズを彷彿とさせ
物語の雰囲気も今までとは違った感じで
ラストも切なかった…特に練無の涙が

紫子の乙女心も胸キュンもので
練無と紫子のその後が気になります
でも紫子自身が自分の気持ちが分からないようなので
進展するのは難しい?
そこは紅子さんに頑張ってもらい…無理かな!?


保呂草さん、今回はハードボイルドでいくの?
闇の世界のお仕事に巻き込まれたようで…大丈夫?
と心配していましたが
心配ご無用!保呂草さんでしたね

保呂草さんいろいろと動き回っていましたが
紅子さんの明晰頭脳とセットで無事収集!?
Vシリーズ、安心して読めるのはこの二人のお陰です
第6弾での活躍も期待してます(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_17




森博嗣さんの「夢・出逢い・魔性」


Vシリーズ第4作「夢・出逢い・魔性」
タイトルが洒落ていますね(^^)
いや、お洒落ではなく駄洒落かな?

タイトルのセンスの良さに座布団2枚!(笑)



夢・出逢い・魔性


「夢の中の女に、殺される」──N放送のプロデューサは、
20年以上前に死んだ恋人の夢に怯えていた。
彼の番組に出場する小鳥遊練無たちの前で事件は起きる。
銃声は一発、ところが密室の中の死体には傷が2つ?
随所に挿入される犯人の独白は、読者を混迷の渦に巻き込む。
そして明かされる、あまりにも意外な犯人!!



今回は小鳥遊練無君が大活躍で嬉しかった♡
『あのオレンジ色のふわっとしたスカートを穿いた…』や、
紫子さん発言の『あんたスカート何枚重ねているの?十二単か!』etc…
練無君の衣装を想像するだけでも楽しかったです(^^)

練無君ふわふわスカートで少林寺なのよ、ホント絵になるわ~
そのシーンでは紅子さんもカッコよかったです


物語は犯人の独白を挟みながら進んでいくのですが
そこでまたしてもミスリードさせられてしまった^_^;

背表紙にもありましたが
『あまりにも意外な犯人!!』に
それはないでしょう!と愚痴ってしまった私…
納得がいかなかったので
犯人の登場したシーンを読み返し
(私にとってはかすかにですが)ちゃんと伏線が張られていた
私が気づけなかっただけ(愚痴ってスミマセン)

でもそこが面白いのよね!
そんなのあり?と突っ込みを入れながら読むのが毎回楽しみなので
第5作目も期待しています(^o^)/





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_15




塩田武士さんの「罪の声」


逃げ続けることが、人生だった。

家族に時効はない。
今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件
「グリ森」は影を落とす。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読!
本年度最高の長編小説。
~『帯紙より』~



罪の声


「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也は、
ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。
ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。
テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。
それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で
恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった―。



緻密な描写はまるでノンフィクションのよう
グリ森事件が目の前に迫ってくる!!

私はグリ森事件(未解決)をTVの放送でですが
リアルタイムで経験した!?世代なので
事件当時の様子を思い浮かべながら
本書を読み進めることができました。
なのでよりリアルに感じられ夢中になれたのかも?

グリ森事件を知らない読者にとっては
読後の感じ方は違うのかもしれませんね?


私にとっては「罪の声」本屋大賞でもいいのでは?
と思えるほど面白かったです。
ちなみに「罪の声」は2017年本屋大賞第3位
大賞は恩田陸さんの『蜂蜜と遠雷』でした。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_12




映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」


長瀬智也さんと神木隆之介さんが共演した
ブラックユーモアコメディ。
地獄に行った高校生が憧れの女子高生とのキスを実現するべく、
現世に戻ろうと奮闘するが……?



若くして死ぬ


高校生の大助は同級生のひろ美のことが好きだった。
ある日、修学旅行中のバスの転落事故に遭遇した大助は、
真紅に染まり、人々が責め苦を受ける地獄で目覚める。
慌てふためく大助を出迎えたのは、
地獄農業高校の軽音楽部顧問で、
地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる
赤鬼のキラーKだった。
現世に転生するチャンスがあることを聞いた大助は、
キラーKの猛特訓のもと、生き返りを懸けた
地獄巡りを開始するのだが……。



制作年/2016
内容時間/126分


監督/宮藤官九郎
脚本/宮藤官九郎
撮影/相馬大輔
音楽/向井秀徳


(CAST)
キラーK/長瀬智也
大助/神木隆之介
なおみ/尾野真千子
ひろ美/森川葵
COZY/桐谷健太
邪子/清野菜名
じゅんこ/皆川猿時
修羅/シシド・カフカ
手塚ひろみ/宮沢りえ
大助の母・よしえ/坂井真紀
仏/荒川良々
神/瑛蓮
MOJA・MJ/みうらじゅん
鬼ギタリスト/Char
ジゴロック挑戦者/野村義男、ゴンゾー
じゅんこA/マーティ・フリードマン
じゅんこB/ROLLY
牛頭/烏丸せつこ
馬頭/田口トモロヲ
鬼野/片桐仁(ラーメンズ)
我慢汁/中村獅童


CASTが凄すぎです!
でも特殊メイクなので誰だかわからない人も…^_^;

私、この手のナンセンスコメディー好きなんですよ
クドカンはもちろんのこと福田雄一さんとかね
福田さんといえば『勇者ヨシヒコシリーズ』や『アオイホノオ』
突っ込みどころ満載でホント笑えました(^^)


宮藤官九郎監督の映画も全て観ていますよ
(どれだけ好きなの?)
クドカン映画の中では『少年メリケンサック』が1番でしたが
「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」がついに抜きました!
私の好きなクドカン映画、第1位決定です!!

ハチャメチャなありえないストーリー展開で
輪廻転生もこうきたか!と面白ビックリ(笑)

地獄が舞台なのでもっとおどろおどろしいと思っていましたが
笑いはもちろんのことロマンスや家族愛まで描かれ
見応えありました!
バカ笑いするだけの映画ではなかったです(^_-)-☆


余談ですが、福田雄一監督の映画『銀魂』
かなり面白いらしいです…まだ私は観ていませんが^_^;
只今大ヒット上映中!なので劇場に観に行きたいなと思案中
でも来週末まで忙しいのよね…
いつまで上映しているのか要チェック!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_09_03




前に使っていたテンプレートが正しく表示されるようになったので
テンプレートを元に戻しました!
1日で復活です(^_^)v
一時的なシステム障害だったのかしら?




テーマ : お知らせ    ジャンル : その他
 2017_09_01




映画「MARS~ただ君を愛してる」


Kis−My−Ft2の藤ヶ谷太輔と窪田正孝主演の
ラブストーリードラマの劇場版。
心を閉ざした女子高校生と男子高校生の運命的な出会いに、
思わぬ人物が立ちはだかる。



MARS ただ君を愛してる MOVIE


海で奇跡的に出会った零とキラ。
過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は
次第に惹かれ合うように。
ある日、零の死んだ弟の親友、牧生が転校してくる。
牧生は零の持つ秘めた一面“怒りに火が付くと
抑えられない激しい凶暴性”に憧れ、
キラと一緒にいることで変わっていく零を許せなかった。
牧生は興信所を使ってキラの忌まわしい過去を突き止め、
2人を別れさせようとする。
零は牧生の策略からキラを守ろうと戦う。


制作年/2016
内容時間/99分


監督/耶雲哉治
脚本/大石哲也
撮影/百束尚浩
音楽/牧戸太郎


(CAST)
樫野零/藤ヶ谷太輔
桐島牧生/窪田正孝
麻生キラ/飯豊まりえ
杉原晴美/山崎紘菜
木田達也/稲葉友
樫野聖/前田公輝
中嶋宏美/足立梨花



惣領冬実さん原作コミック『MARS』


MARS 漫画

MARS、それは凄絶の闇に光をかかげる、戦いの神の名――。
たったひとりしかいないだれかが、どこかにいる――。
周囲から孤立した少女キラと刹那的に生きる樫野零。
残酷で孤独な闇のなか、
戦いの神(MARS)が引き寄せた魂たちは出会い、
光を求め走り始めた・・・!


惣領冬実さん原作コミック『MARS』(1996年~2000年)
2005年に台湾で、2016年には日本でもドラマ化され
映画「MARS~ただ君を愛してる」は
日本のドラマを映画化したもの
ドラマでは描き切れなかった物語を描いたようです。

私は原作コミックも未読で、ドラマも観ていません
なので内容をまるで知らずに映画を観ました。

青春ラブストーリーだと思っていたら
かなりハードな内容で
窪田正孝さん演じる牧生の狂気が凄かった
牧生の狂気ぶりが気持ち悪くて怖い…
映画の内容は私の好みではなかったのですが
私にとってのこの映画の一押しは、窪田正孝さん!
これからこの映画を観る方は
牧生の豹変ぶりを是非チェックしてみて下さい(^_-)-☆



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_09_01




08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.