東野圭吾さんの「危険なビーナス」


失踪した弟の嫁を見た瞬間、俺は雷に撃たれた。

弟の妻・楓は、夫の失踪の原因を探るため弟の家族に近づく。
伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てば経つほど
彼女に惹かれていく―。
「ごめん、好きにならずにはいられない。」

解けない謎が、出逢うはずのなかった二人を近づける。

真相を知った人は、どんな顔をするだろう―東野圭吾
~「帯紙」より~


危険なビーナス


弟が失踪した。
彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。
楓は夫の失踪の原因を探るため、
資産家である夫の家族に近づく。
兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、
時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。



『帯紙』に記された東野さんの言葉に納得です!

※真相を知った人は、どんな顔をするだろう―東野圭吾
後半部分を読んでいた私の心の声⇒“エーーーーッ!!!!そうきたか!!”
東野作品としては読後感がめずらしく!?かなり爽やかでした
特にラストの頁がいいですね(笑)

何に驚いて、何が良かったのか、残念ながら記せませんが
(ネタバレになるので)
私にとってはかなり面白い本でした。

ただ東野さんの『白夜行』や『容疑者Xの献身』のような
重いストーリー展開が好きな方には肩透かしになるかも?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_08_13




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.