小川糸さんの「ツバキ文具店」


言いたかったありがとう。
言いたかったごめんなさい。

伝えられなかった大切な人への想い。
あなたに代わって、お届けします。

ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。
鎌倉で代書屋を営む鳩子の元に、
今日も風変わりな依頼が舞い込みます。
~「帯紙」より~


ツバキ文具店 BOOK


雨宮家は代書お家業とし、女性が継いできた。
その十代目が先代で、その後を継いだ、
いや気がついたら継ぐことになっていたのが、
十一代目の私というわけである。

ただ、昔とは違い、命名書や看板、
社訓や為書きの類の文字を書くのが主な業務内容だ。
先代も、頼まれれば和食屋さんのお品書きなど、
とにかく書く仕事であればなんでもこなした。

早い話、文字に関するヨロズ屋というわけである。
表向きは、町の文具屋にすぎない。



NHKドラマ10 『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』


ツバキ文具店 ドラマ


雨宮鳩子は8年ぶりに故郷の鎌倉に戻ってきた。
「ツバキ文具店」を営んでいた祖母のカシ子が亡くなったのだ。
「ツバキ文具店」は、依頼者が書けない手紙を、
なり代わって書くことが生業という、一風変わった店だった。
幼いころ母に捨てられ、祖母に反抗して
飛び出した経緯のある鳩子には、店を継ぐ気はない。
しかしそこに、祖母が亡くなる直前に、
お悔やみ状の代書を依頼したという客「マダムサイダー」が。
鳩子は、その代書を無理やり引き受けさせられてしまう。
いわくつきのお悔み状に四苦八苦する鳩子。
ご近所さんのバーバラ婦人や白川らの言葉に、
鳩子の気持ちには次第に変化して...。



(全8話)
第一話 「奇妙なお悔やみ状」
第二話 「幸せの修了証書」
第三話 「けじめの断り状」
第四話 「最後のラブレター」
第五話 「母へ贈る文字」
第六話「愛するチーちゃんへ」
第七話「話せなかった思い」
最終話「解き放たれた言葉」


(CAST)
雨宮 鳩子 - 多部未華子
白川 清太郎 - 高橋克典
守景 蜜朗 - 上地雄輔
守景 陽菜 - 新津ちせ
楠 帆子 - 片瀬那奈
バーバラ婦人 - 江波杏子
男爵 - 奥田瑛二
雨宮 カシ子 - 倍賞美津子


主題歌 - 絢香「コトノハ」


NHKで放送された際、全話観ました。
多部未華子さんが主演だったこともあるのですが
小川糸さん原作だということで
ドラマの放送が始まる前からとても楽しみで
毎週録画設定で欠かさず観ていたドラマです。

原作はドラマを観る前に図書館で予約していたのですが
半年待ってやっと読むことが出来ました^_^;

ドラマと原作ではストーリー展開が少々違うのですが
全体としては原作のイメージ通りでしたね。
ドラマも原作も面白かったです。

本を読みながら鎌倉観光をしている気分になれましたよ(^_-)-☆
その上、手紙の書き方の作法や使用する道具の説明なども記されており
とても興味深い内容で勉強になりました。


余談ですが、
守景陽菜役を演じていた女の子がとても可愛いくて
演技が上手い子役さんだなと思っていたら
「君の名は。」の新海誠監督の娘・新津ちせちゃんでした♪




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_08_04




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.