森見登美彦さんの「夜行」


彼女はまだ、あの夜の中にいる。
この十年、僕らは誰ひとり
彼女を忘れられなかった。
~「帯紙」より~


夜行


私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。
十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、
長谷川さんは突然姿を消した。
十年ぶりに鞍馬に集まったのは、
おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。
夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った
不思議な体験を語り出す。
私たちは全員、岸田道生という画家が描いた
「夜行」という絵と出会っていた。
旅の夜の怪談に、青春小説、
ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」




森見登美彦ワールドを存分に楽しめました!
今までに読んだ森見さんの作品は
笑いのエッセンスが強い作品がほとんどだったので
本書で怪談ファンタジー初体験!?
白黒のオセロの駒のようなパラレルワールドに
迷い込んだような不思議な物語でした。
面白かったです。


私が読んだ森見作品の中では
『ペンギン・ハイウェイ』が一番でしたが
「夜行」が面白さで並びました!
…でも単独1位ではない…
どちらも甲乙つけがたく…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_07_30




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.