映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」


有川浩さん原作の「植物図鑑」を
岩田剛典さんと高畑充希さん主演で映画化!



植物図鑑 運命の恋ひろいました MOVIE


東京でひとり暮らしをするさやかは
仕事もプライベートもうまくいかない。
2月の寒い夜、彼女はアパートの前で
腹を空かせて動けなくなった青年・樹と出会う。
酔っぱらっていたさやかは彼を家に上げ、
カップラーメンを食べさせてシャワーを貸す。
翌朝、眠っていた彼女が目を覚ますと、
キッチンには樹が作った料理が並んでいた。
その温かさに感激したさやかは、
家事全般を担ってもらうことを条件に
樹との共同生活を始めるが……。



制作年/2016
内容時間/113分


監督/三木康一郎
原作/有川浩
脚本/渡辺千穂
撮影/板倉陽子
音楽/羽毛田丈史

主題歌/Flower『やさしさで溢れるように』


(CAST)
日下部樹/岩田剛典
河野さやか/高畑充希
竹沢陽平/阿部丈二
野上ユリエ/今井華
登来柳明/大和田伸也
河野典子/宮崎美子
山崎誠/ダンカン



有川浩さん原作「植物図鑑」


植物図鑑 BOOK


お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。
咬みません。躾のできたよい子です―。
思わず拾ってしまったイケメンは、
家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。
樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご
近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。
とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。




原作はだいぶ前に読んだので内容を忘れており…
でもその分映画を楽しめたので忘れていて良かった(^_^)v


さやか役の高畑充希さんナイスキャスティング!
樹との関係に揺れるさやかの目の演技が印象的でした
竹沢が振られるるシーンのさやかの涙も良かった

映画の中での一番のお気に入りのシーンは
二人で“狩りをした”野草を使って樹が料理をするシーン
“樹が書いたレシピノートが欲しい!!”と
思わず叫んでしまいそうに^_^;

川原での野草「狩り」のシーンもステキでした♡


有川浩さんの恋愛小説が原作なので
ベタなラブストーリだと覚悟して映画を観ましたが
それほどベタでもなかったですよ。
でもこのベタ台詞はそのまんま使っていた
『お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。
咬みません。躾のできたよい子です―。』

『拾うかっ!』(私の心の突っこみ…)
そう言っちゃうと映画がそこで終っちゃうね^_^;



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_05_02




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.