映画「ストレイヤーズ・クロニクル」

本多孝好さんのベストセラー小説を実写化した
岡田将生さん主演のSFアクション映画



ストレイヤーズクロニクル MOVIE
制作年/2015

『1990年代初め、
ヒトが自らの手で進化できるのかを検証するために
ある極秘機関が実験を行なう。
結果、突然変異的に人間の潜在能力を
極限まで発揮できる子どもたちと
遺伝子操作によって違う生物の能力が宿った
子どもたちが誕生する。
後に機関は閉鎖され、視力・聴力・筋力が
異常に発達したグループの昴たちは
計画の中枢にいた外務副大臣・渡瀬から
闇の仕事を請け負うことになる。
だが、そんな彼らはやがて意外な面々との戦いへ。』



(CAST)
昴/岡田将生
学/染谷将太
沙耶/成海璃子
モモ/松岡茉優
碧/黒島結菜
井坂/豊原功補
渡瀬/伊原剛志
丸山 /本郷奏多


監督・脚本/瀬々敬久
脚本/喜安浩平
撮影/近藤龍人
音楽/安川午朗

主題歌/ゲスの極み乙女。「ロマンスがありあまる」



本多孝好さん原作小説『ストレイヤーズ・クロニクル』(全3巻)


ストレイヤーズクロニクル BOOK

瞬時に移動できる超人的運動能力、
普通の人には聞こえない小さな音まで聞き分ける鋭敏な聴覚、
決して忘却しない驚異的な視覚記憶力―常人とはかけ離れた
特殊能力を持つ4人は仲間の亘を人質に取られ、
老獪な政治家・渡瀬浩一郎のために裏の仕事をしている。
そんな彼らに、世間を賑わしている残虐な殺人集団
“アゲハ”の追跡が命じられる。
“アゲハ”とは何者なのか。今、壮絶な戦いが幕を開ける―。



原作は未読です。

映画はWOWOWで放送されたので観ました。
岡田将生さんや染谷将太さん、成海璃子さんなど
豪華若手俳優陣集結?ホント凄い顔ぶれで
俳優陣を見ているだけでも楽しめました。

黒島結菜さん演じる碧に片想いの大学生を
本郷奏多さんが演じていたのですが
本郷奏多ファンの私としては
もっと登場シーンがあるとよかった!(願望)

映画の内容はというと
特殊能力等の設定は『Xメン』?
命のリミットは『ブレードランナー』?
いろんな映画のミックスのようで
突っ込みどころ満載の映画でしたね^_^;
公園や喫茶店の場面、等々
あちらこちらにダメだししながら観ました。

脚本や演出のせいなのか
詰めの甘さを感じてしまったのは私だけ?
役者陣はアクションを含め頑張っていたのですが
せっかくの頑張りが空回りしている印象に…
原作ではどうなっているのか?
機会があれば読んでみたいと思います。






テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_01_20




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.