「杉原千畝 スギハラチウネ」


第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として
日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し
彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。



杉原千畝 スギハラチウネ
制作年/2015

『1934年の満州。満州国外交部で働く杉原は、
ソ連から北満鉄道の経営権を買い取る交渉を
有利に進めるための情報を集めていたが、
情報収集のための協力を要請をしていた関東軍に裏切られて
ともに諜報活動をしていた仲間を失い、
失意のうちに日本へ帰国する。
外務省で働きだした杉原は友人の妹・幸子と出会って結婚するが、
1939年、外務省は混迷を極めるヨーロッパの情勢を知るため、
杉原にリトアニアに行くよう命じる。』



(CAST)
杉原千畝/唐沢寿明
杉原幸子/小雪
ペシュ/ボリス・シッツ
イリーナ/アグニェシュカ・グロホフスカ
ニシェリ/ミハウ・ジュラフスキ
グッジェ/ツェザリ・ウカシェヴィチ
大島浩/小日向文世

監督/チェリン・グラック
脚本/鎌田哲郎:松尾浩道
撮影/ゲイリー・ウォーラー
音楽/佐藤直紀


ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給して命を救い、
“日本のシンドラー”と呼ばれた外交官、杉原千畝
失職覚悟で千畝は独断によるビザ発給を続け
領事館閉鎖後は退去したホテルで
出国直前の駅では発車直前までビザを発給した。
約1ヶ月間で2139通のビザを発給した千畝ですが
日本国政府の許可を得ていなかった為
帰国後外務省を退職することになる。
杉原千畝の存在は外務省から消し去られ
日本国政府による公式の名誉回復が行われたのは、
2000年になってのことだった。

スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』での
ホロコーストの映像があまりにも衝撃的だったので
本作「杉原千畝 スギハラチウネ」を劇場に観に行けなかった
(戦争映画を大型スクリーンでは観れない私…^_^;)
でも本作では外交官・杉原千畝にウエイトが置かれたことで
悲惨な映像は『シンドラーのリスト』ほどではなかったです。

命のビザを得た難民達がシベリア鉄道で出国後
どのように脱出したのかまで描いており
上映時間139分という短い中で
戦後の杉原のその後も描いていたのは良かった
…でも全容を描いたことで焦点がぼやけた?
ビザ発給時の緊迫感があまり感じられず
急ぎ足で駆け抜けたような印象に…!?
とはいえ「杉原千畝 スギハラチウネ」秀作でした。
役者陣の演技、そして映像も素晴らしかったです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2017_01_18




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.