映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」


クリムトの名画“黄金のアデーレ”が辿った
数奇な運命に秘められた
驚きの実話を映画化した感動のドラマ



黄金のアデ―レ
初公開年月2015/11/27

『ユダヤ人女性のマリア・アルトマンは、
ナチスに占領された祖国オーストリアを捨て、
夫フリッツとともにアメリカへの亡命を果たす。
1998年、82歳となったマリアは亡くなった姉ルイーゼが
オーストリア政府に対してクリムトの名画“黄金のアデーレ”の
返還を求めていたことを知る。
それはマリアの伯母アデーレの肖像画で、
第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものだった。
マリアは姉の思いを受け継ぐことを決め、
駆け出しの弁護士ランディに協力を仰ぐ。
しかし、その名画は“オーストリアのモナリザ”と称される至宝。
オーストリア政府にこれを手放す気は毛頭なく、
マリアとランディの闘いは困難かつ長い道のりとなっていく。』



(CAST)
マリア・アルトマン/ヘレン・ミレン
ランドル・シェーンベルク/ライアン・レイノルズ
フベルトゥス・チェルニン/ダニエル・ブリュール
パム・シェーンベルク/ケイティ・ホームズ
若い頃のマリア・アルトマン/タチアナ・マズラニー

監督/サイモン・カーティス
脚本/アレクシ・ケイ・キャンベル
撮影/ロス・エメリー
音楽/マーティン・フィップス、ハンス・ジマー


実話を元に作られた映画なので
ラストは知っていましたが
それでも心揺さぶられる映画でした。

主人公のマリアの過去の回想シーンが
現在の映像にフラッシュバックのように挿入され
特にナチに追われるシーンは本当にドキドキで
ラストでマリアが感慨にふけるシーンには
涙が溢れて止まりませんでした。

映像、脚本、構成、もちろん役者陣が素晴らしく
特にマリア役のヘレン・ミレンさんステキでした。


ナチスが略奪した美術品を奪還するために活躍した
特殊部隊の実話を元に描かれた映画
『ミケランジェロ・プロジェクト』と合わせて観ると
時代背景がさらに理解でき
本作「黄金のアデーレ」をより深く楽しめると思います。
両作ともお薦めですよ(^_-)-☆




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2017_01_11




12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.