星野源主演映画「箱入り息子の恋」


俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍する
星野源さんの映画初主演作。、
35歳にして初めて恋をしたさえない男の奮闘と成長を
ユーモラスに描く恋愛ドラマ。

NHKBSプレミアムで放送。



箱入り息子の恋 MOVIE

解説(「シネマトゥデイ」より)

ミュージシャンとしてだけでなく『少年メリケンサック』などで
俳優としても活躍する星野源が映画初主演を果たしたラブストーリー。
恋愛初心者の主人公が一人の女性と恋に落ち、
めくるめく感情に心奮わせながら変化していく過程を描き出す。

『あの女はやめとけ』の市井昌秀が監督を務め、
目が不自由なヒロインを『天然コケッコー』の夏帆が演じている。
初めて恋を知った男の純情と、
彼を取り巻く家族たちが織り成す力強い物語に熱中する。





内容(「シネマトゥデイ」より)

市役所に務める35歳の健太郎は
これまで女性と付き合った経験もなく、
いまだに実家で両親と暮らしている。
父も母も息子を気遣い、親同士が子どもに代わって
相手と対面する「代理見合い」への出席を決める。
そこで今井夫妻と知り合った健太郎の両親は、
目が不自由な彼らの娘奈穂子のことを知り……。



(CAST)
天雫健太郎⇒星野源
健太郎の父・寿男⇒平泉成
健太郎の母・フミ⇒森山良子
今井奈穂子⇒夏帆
奈穂子の父・晃⇒大杉漣
奈穂子の母・玲子⇒黒木瞳
健太郎の同僚・ふなこしさん⇒穂のか
健太郎の同僚・大場くん ⇒栁俊太郎
天雫家の隣人⇒竹内都子



監督・脚本⇒市井昌秀
脚本⇒田村孝裕
撮影⇒相馬大輔
音楽⇒高田漣

主題歌⇒高田漣 feat. 細野晴臣「熱の中」



私が星野源さんを知ったのは舞台が先でした。
大人計画の舞台で、素朴で真面目そうな青年が
身体はって舞台に立っている!
誰だ?
その青年が星野源さんでした。

それから星野源さんのことが気になりだし
出演作品をチェックするように
そしたら、舞台のみならず、TVや映画に多数出演しており
なんとシンガーソングライター!歌手ですよ!
その上エッセーやコラムまで書いている
マルチじゃないですか!
星野源はタダものじゃなかった!!


その星野源さん初主演映画「箱入り息子の恋」
2013年に製作された映画だとのことですが
上映当時は気づかず…TV放送で映画の存在を知り
BSプレミアムの『プレミアムシネマ』枠で放送された際
HDDに録画して観ました。


星野さん演じる健太郎は
ガッキ―主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の
津崎平匡と同じ部類のキャラでしたね。
健太郎より平匡の方が自立してはいるけど
二人とも自己肯定力が低いのは同じで
映画もドラマも、自分で作った箱からの脱出を描いている?


映画の中で今井父に健太郎が言った言葉が心に残っています
『僕には障害はありませんが欠点なら山ほどあります。
見た目や着ている服で人に笑われたことはいくらでもあるし
だから僕は人の目を見れなくなりました。
見た目や就職先で人を値踏みするのは目が見えている人だけです。
お嬢さんはそんなことしません』
健太郎が恋したことで?自らの扉を少し開けた瞬間
それから少しずつ外の世界へと踏み出していく


健太郎の職場の同僚で
穂のかさん演じるふなこしさん
最初はふなこしさんの役どころに(?_?)
でも登場シーンは少ないけれど
後半ではいつのまにか映画のスパイスに!?
健太郎もふなこしさんに励まされて
奈穂子に積極的になれました(^_-)-☆


映画の後半で奈穂子が一人で吉野家へ行くシーン
その奈穂子の後をつけ健太郎も吉野家へ
そこで号泣する二人…
切ないけれど心にジーンとくるシーンでした
他のシーンでは???と思うこともありましたが
吉野家のシーンで帳消しです!


星野源さんと夏帆さんが
健太郎と奈穂子を演じたことで
透明感のある映画になっていたように思います。
ナイスキャスティングでした(^_^)v




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_22




10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.