映画「白ゆき姫殺人事件」


湊かなえの同名小説を映画化。
化粧品会社の美人OL惨殺事件が発生。
容疑者となったのは彼女と対照的な同僚OLだった。
井上真央と綾野剛共演の社会派ミステリー。
~WOWOW~



白ゆき姫殺人事件 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

同名ベストセラーを「予告犯」「殿、利息でござる!」の
中村義洋監督が映画化。
明朗快活な役柄の多い井上が
殺人事件の犯人として疑われる地味なOLの役を好演し、
演技派の力量を見せる。
また、ヒロインの周囲の人々の証言をもとに、
事件の詳細が語られていく手法は
黒澤明監督の「羅生門」風で、
それまでの展開を覆すような意外な犯人の出現に驚かされる。
現代人が何げなく使っている
SNSで悪意が拡散していくさまが恐ろしく、
そんな社会に対するメッセージとも取れる、
皮肉たっぷりなラストに思わずうならされる。





内容(「WOWOW」より)

ヒット商品“白ゆき石鹸”で知られる日の出化粧品の美人OL典子が
国定公園のしぐれ谷で惨殺遺体となって発見され、
疑惑の目は彼女と対照的に地味な同期社員の美姫に向けられる。
ワイドショーのディレクター赤星は美姫の同僚や同級生、
家族など周辺の人々への取材を開始し、美姫の足取りを追う。
やがて、赤星が取材を通じてつかんだホットなネタを
SNSでつぶやいたことから、噂がひとり歩きを始めてしまい……。



(CAST)
城野美姫⇒井上真央
赤星雄治⇒綾野剛
狩野里沙子⇒蓮佛美沙子
三木典子⇒菜々緒
篠山聡史⇒金子ノブアキ
満島栄美⇒小野恵令奈
前谷みのり⇒谷村美月
長谷川⇒染谷将太

芹沢ブラザーズ
 ⇒雅也 - TAIRIKU(TSUKEMEN)
 ⇒優也 - KENTA(TSUKEMEN)
 ⇒美也 - SUGURU(TSUKEMEN)



監督⇒中村義洋
脚本⇒林民夫
撮影⇒小林元
音楽⇒安川午朗





湊かなえさん原作「白ゆき姫殺人事件」


白ゆき姫殺人事件 BOOK

疑惑の女性の周囲をとりまく、「噂話」の嵐
「あの事件の犯人、隣の課の城野さんらしいよ…」
美女OLが惨殺された不可解な事件を巡り、
一人の女に疑惑の目が集まった。
噂が噂を増幅する。
果たして彼女は残忍な魔女なのか、
それとも──。





WOWOWで特集された
『メガヒットカーニバル2016→2017[邦画編]』
「白ゆき姫殺人事件」はその枠で放送されました。
さすがメガヒット作品ですね、面白かったです。


湊かなえさんの原作が斬新で面白かったので
どう映画化されているのか興味津々でしたが
映像、脚本、音楽、キャスト、全てが良かったです。


冒頭のカットで一気に惹きつけられ
Twitterでどんどん拡散していく犯人探し
画面上にTwitterが次々に表示されるので
映画を観ているだけでTwitterを疑似体験?
観客まで噂話に振り回されていく!?

ネット社会のど真ん中で生きている私達
誰もが加害者になり、被害者となってしまう可能性が?
そんなことを考えながら観ていたらホラー映画よりも怖い…


綾野剛さん演じる赤星の使っていたアカウントが
今でも映画のまんま残っているとのことで
『RED_STAR (@RED_STAR_07) | Twitter』
チェックしたらありました!
リアルにつぶやいていたんですね。


登場人物が全員何かしら嘘をついている
それとも視点が違うとそれが真実になるのか?
まるで芥川龍之介の『藪の中』のよう
ただネット社会の嘘は際限なく広がり
いつまでもネット上に残ってしまう
SNSを現代の伏魔殿にしてしまうのは使い方次第?

「白ゆき姫殺人事件」、正しく社会派ミステリーでした。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_30




小栗旬さん主演映画「岳ーガクー」



誰よりも山に詳しく、山を愛する男性の活躍と、
山岳救助隊に配属された新人女性救助隊員の成長を、
「ミュージアム」の小栗旬と
長澤まさみらの共演で描くヒューマンドラマ。

~WOWOW~



岳

解説(「WOWOW」より)

石塚真一の人気コミックを、
「はじめまして、愛しています。」などの
TVドラマを手掛けてきた片山修監督が実写映画化。
主役は小栗演じる三歩だが、
物語は長澤演じる久美の視点から、
彼女の山岳救助隊員としての成長を軸に描かれる。

三歩の“また山へおいでよ!”という一言で
山で遭難した者の心が救われていくさまが爽やかだ。
明るい笑顔の中に悲しみをたたえるという
難しい役を演じた小栗の確かな表現力も光る。
彼らを囲む佐々木蔵之介や渡部篤郎、
市毛良枝ほか、豪華キャストの安定した演技も
感動を増幅させる。





内容(「WOWOW」より)

誰よりも山を愛する男性・三歩は
世界中の山々を渡り歩き、
今は日本で山岳救助ボランティアとして
登山者たちの命を守っている。

ある日、彼が暮らす山に、
北部警察署山岳救助隊に
配属されたばかりの久美がやって来る。
彼女は同じ山岳救助隊の隊長・野田や三歩の指導のもと、
過酷な訓練を通じて成長していく。
だが実際の救助活動の中で、
久美は自分の未熟さや自然の脅威によって
遭難者を救助できず、自信をなくしてしまい……。


(CAST)
島崎三歩⇒小栗旬
椎名久美⇒長澤まさみ
野田正人⇒佐々木蔵之介
阿久津敏夫⇒石田卓也
座間洋平⇒矢柴俊博
谷村文子⇒市毛良枝
牧英紀⇒渡部篤郎



監督⇒片山修
脚本⇒吉田智子
撮影⇒藤石修
音楽⇒佐藤直紀

主題歌⇒コブクロ『あの太陽が、この世界を照らし続けるように。』





石塚真一さん原作コミック「岳」


岳17・18

楽しいはずの山。けれど危険に遭遇することもある…。
山を愛する人すべてに捧ぐ、山岳救助物語!!






WOWOWで放送された
「ミュージアム」公開記念!秋の小栗旬コレクション
2作品目「岳ーガクー」やっと観ました^_^;
『信長協奏曲』は観たので
残すは『キサラギ』のみ(^_-)-☆


「岳」原作コミックは未読です。


映画「岳ーガクー」、山岳救助隊の話ですが
美しい山の景色と厳しさが描かれている
心洗われる映画でした。


安易な気持ちで山へ上った遭難者へ
長澤まさみさん演じる久美が言い放った言葉
『ここをどこだと思っているんですか!?
山は公園じゃないし
救助隊はタクシーじゃないんです』
その時小栗旬さん演じる三歩が久美へ
『よっぽど怖かったんだよ 独りでさ
よく頑張ったよ あの人も』
久美はその言葉を聞いても納得できず
ひとり山を降りていくのだが
その直後久美も遭難してしまい
三歩の言った言葉が心に蘇る…


登山の際どんなに備えていても
自然の力に太刀打ちできず
遭難してしまうことがある
低気圧や吹雪の中
救助に向かわなければならない
山岳救助隊員の苦労や困難が
映画「岳ーガクー」を観たことで
ほんの少しだけでも垣間見れたように思います。


撮影は大変でしたでしょうね!?
特に、高所恐怖症の小栗旬さん
氷壁登りや懸垂下降したりと
恐怖心を克服しての演技にとても感動しました。

他のキャストの皆さまも凄かったです。
スタッフの皆さん、キャストの皆さん本当にお疲れ様でした。
お陰様で?いい映画を観ることが出来ました(^^)




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_29




上田秀人さんの「御広敷用人大奥記録シリーズ(9・10)」



「典雅の闇(9)」


聡四郎を待つ京の刺客
竹姫付き御広敷用人・水城聡四郎
吉宗の命で京へ。
そこで、待っていた闇とは―。

~「帯紙」より~


典雅の闇
内容(「BOOK」データベースより)
将軍吉宗の寵姫、竹姫を
謀略から守りきった御広敷用人・水城聡四郎は、
竹姫を御台所にと望む吉宗の命で京へ向かう。
しかし、そこで聡四郎たちを待っていたのは、新たなる刺客だった―。
京を舞台に繰り広げられる公家たちや所司代との情報戦。
そして、京の闇から現れた手練れの刺客との凄絶なる闘い。
はたして誰が真の味方なのか。




「情愛の奸(10)」




水城聡四郎の前に、尾張から新たな刺客!

竹姫を吉宗の継室とすべく京へ遣わされた
聡四郎が帰路、名古屋で目にした『尾張の秘密』とは―。

ついに天英院の地位が失墜!?
大奥をめぐる壮大な物語は、いよいよ佳境へ!
~『帯紙』より~


情愛の奸

内容(「BOOK」データベースより)

八代将軍・吉宗の命を受け、
竹姫を継室とする根回しのため
京へ上った御広敷用人の水城聡四郎。
その帰路、新たな吉宗の命で
尾張名古屋に寄った聡四郎は、
尾張徳川の「秘事」に触れる。
御三家筆頭の運命を決める事実を握った聡四郎に、
新たな刺客が放たれた。
未曽有の危難を乗り越えるために
聡四郎がとった秘策とは―。





「御広敷用人大奥記録シリーズ」10巻まで読みましたが
まだまだ終わりそうにないです。

京から帰って来た聡四郎は
尾張にまで狙われることに!?
なのでまだしばらくは「御広敷用人…」楽しめそう!

今回紹介した「典雅の闇」「情愛の奸」では
聡四郎の奥方・紅の出番が少なかったので
紅ファンの私としては残念でした…。
京が舞台になっていたので仕方がないですね^_^;
次回作11巻でBaby誕生?
赤ちゃんが生まれたら紅の出番が増えるかも?
11巻発売が待ち遠しいです!


上田秀人さんのシリーズ作品
『百万石の留守居役シリーズ』
『表御番医師診療禄シリーズ』
『御広敷用人大奥記録シリーズ』
同時進行で3作品を読んでいるのですが
いずれも徳川将軍家を中心に描かれているので
登場人物が重なったり、過去の人物として語られたりします
なので著者自身が執筆しながら混乱しないのかしら?と
余計な心配をしながら読んでいると、今までに2箇所のミスを発見!

ミス探しも?楽しみのひとつになっている今日この頃です(^^)

上田さんの本、冊数にすると60冊以上は読んでいますが
その中で2つのミスは少ないのか多いのか?
(※私が気付いたのが2つ、他にもあるかも?)




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_11_26




映画「信長協奏曲」


「ミュージアム」の小栗旬が主演した
人気TVドラマを映画化した大ヒット作。
戦国時代に飛ばされ、
織田信長となった現代の高校生サブローに、
いよいよ本能寺の変が迫る。
~WOWOW~


信長協奏曲MOVIE

解説(「WOWOW」より)

2009年からコミック誌「ゲッサン」で連載された石井あゆみの人気作を、
TVドラマ版にも参加した松山博昭監督が映画化。

TV版では小谷城の戦いまでが描かれたが、
映画版では最大の見せ場、“本能寺の変”が描かれる。
本物の火にこだわった本能寺炎上場面は
オープンセットに火を放ち、炎に包まれて燃え上がるさまが
CGでは味わえない大迫力となった。

2役を演じる小栗、帰蝶役の柴咲コウほか、
俳優陣の息の合った演技に加え、
織田信長と羽柴秀吉の因縁など、
史実を踏まえつつ加えられたひねりも面白い。





内容(「WOWOW」より)

戦国時代にタイムスリップした高校生サブローは、
くしくも自分と同じ顔をした織田信長と出会い、
信長として生きることになった。
だが本来の歴史通りなら、
まもなく信長には最期の時が訪れるはず。

そんな中、信長を恨む秀吉は暗殺を企て、
明智光秀となってサブローを見守る本物の信長も、
嫉妬から寝首をかく機をうかがいだす。
サブローは運命にあらがって生き抜くことを決意し、
本能寺で愛する帰蝶と結婚しようとするのだが……。



(CAST)
サブロー(織田信長)/本物の織田信長(明智光秀)⇒小栗旬
帰蝶⇒柴咲コウ
池田恒興⇒向井理
前田利家⇒藤ヶ谷太輔
市⇒水原希子
松永弾正久秀⇒古田新太
徳川家康⇒濱田岳
柴田勝家⇒高嶋政宏
羽柴秀吉⇒山田孝之



監督⇒松山博昭
脚本⇒西田征史・岡田道尚・宇山佳佑
撮影⇒江原祥二
音楽⇒☆Taku Takahashi(m-flo)

主題歌⇒Mr.Children『足音 ~Be Strong』




石井あゆみさんの原作漫画『信長協奏曲』


信長協奏曲 漫画

あらすじ
勉強嫌いで日本の歴史に何の興味もない
高校一年生・サブローはある日突然、
戦国時代にタイムスリップしてしまう。

そこで出会った本物の織田信長は
病弱で顔はサブローにそっくりだった!
その信長に
「体の弱い自分に代わって織田信長として生きてくれ」
と頼まれてしまい…!?

織田信長を衝撃の新解釈で描く
時をかける風雲児サブローの戦国青春記!!!


原作漫画は未読です。


WOWOWで「ミュージアム」公開記念!
秋の小栗旬コレクション
「信長協奏曲」『岳-ガク-』『キサラギ』
『TAJOMARU』『ルパン三世』5作品を放送!

「信長協奏曲」『岳-ガク-』『キサラギ』の3作品は
まだ観ていなかったのでHDDに予約録画しました。


TVドラマ『信長協奏曲』を毎週欠かさず観ていたので
映画「信長協奏曲」を先に観ることに

まずは映画を観た感想をひと言
「面白かったです!」

斬新な解釈のストーリー展開でしたが
ラストを含め予想通り(^_^)v
『水戸黄門』的な裏切らない安心感?というのか
思った通りに物語が進むので小気味良かったです。

何より主演の小栗旬さんがカッコ良かった!
サブローと本物の信長を見事に演じ分けていました。

映画では“本能寺の変”を描いているので
TV版よりもシリアスな内容に…
山田孝之さんが演じた冷徹な秀吉迫力あり過ぎ!
目力が凄かったです。

池田恒興役の向井理さん
あいかわらずカッコイイ~♡

豪華キャスト陣を見るだけでも大満足の映画でした(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_24




宮部みゆきさん原作映画「ソロモンの偽証」



『ソロモンの偽証 前篇・事件』


都内のある中学校で遺体となって見つかった男子生徒は、
自殺したのか、それとも……?


ソロモンの偽証 前編 MOVIE

内容(「WOWOW」より)
東京都江東区のある中学校に通っていた涼子は
1990年、大雪が降ったクリスマスの朝、
同級生の男子生徒、卓也の遺体を中学校の校庭で発見する。
卓也は校舎の屋上から飛び降り自殺したと考えられるが、
彼が同校の不良少年グループに殺されたという告発状が
中学校などに届く。大人たちが事態をもみ消そうとする中、
同級生の樹理が不良少年グループにいじめられていると知りながら
それを無視していた涼子は反省し、真相究明に挑む。





『ソロモンの偽証 後篇・裁判』


ある男子中学生の死の真相を問う“学校内裁判”で
知られざる事実が次々と明らかになっていき……?


ソロモンの偽証 後編・裁判 MOVIE

内容(「WOWOW」より)
卓也少年の遺体が見つかった一件で、
彼の死の真相を問う機運が高まる中、
卓也の同級生だった涼子は樹理に対するいじめを知りながら
無視した自分を卓也が「卑怯者」と呼んだことを悔い、
関係者たちが真実を証言する“学校内裁判”を開き、
自分が検察役のひとりを務めることで真相を究明することを目指す。
卓也の友人だったという他校の和彦が証人として出廷する一方で
不良少年グループにいじめられていた同級生・樹里の態度は……。



(CAST)
藤野涼子⇒藤野涼子
神原和彦⇒板垣瑞生
柏木卓也⇒望月歩
三宅樹理⇒石井杏奈
大出俊次⇒清水尋也
浅井松子⇒富田望生
野田健一⇒前田航基
井上康夫⇒西村成忠
倉田まり子⇒西畑澪花
向坂行夫⇒若林時英
藤野剛⇒佐々木蔵之介
藤野邦子⇒夏川結衣
三宅未来⇒永作博美
森内恵美子⇒黒木華
津崎校長⇒小日向文世
上野素子⇒余貴美子
北尾教諭⇒松重豊
小林修造⇒津川雅彦
河野良介⇒嶋田久作
中原涼子⇒尾野真千子



監督⇒成島出
脚本⇒真辺克彦
撮影⇒藤澤順一
音楽⇒安川午朗

主題歌⇒U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』

エンディングテーマ(前篇)⇒
『ADAGIO PER ARCHI E ORGANO IN SOL MINORE』





宮部みゆきさん原作『ソロモンの偽証』


ソロモンの偽証 全3巻


宮部みゆきさんの原作を先に読んでいたので
映画を観るのがとても楽しみでしたが
上映当時映画館に行くことが出来ず…

WOWOWの『メガヒットカーニバル2016→2017』の枠で
前後編続けて放送してくれたので嬉しかったです(^^)


生徒役のキャストが良かった!
主演の藤野涼子さんをはじめ、
大規模オーディションによって演技経験を問わず
舞台となる中学校クラスの生徒役33人を選出
原作のイメージにあったキャスト陣
演技未経験の子もいたそうですが、お見事でした!

特に主演の藤野さんをはじめ
神原和彦役の板垣瑞生さん
柏木卓也役の望月歩さん
イメージ通りでホント嵌まり役でした!

浅井松子役の富田望生さんも
満面の笑顔が松子そのもので

樹理役の石井杏奈さんは
原作ではもっと病的なイメージでしたが
映画ではかなりソフトになっていた気がします。

樹理と杏奈が大出たちにボコボコにされるシーン
この暴力シーン凄すぎます…あまりの酷さに
樹理が手紙を書いた気持ちも理解できる
涼子が止めに入って行けなかったのも…
それでも松子は樹理を助けに行ったのよね
その松子に対する樹理の仕打ちって…


原作が長いので、どう映画化されるのか少し心配でしたが
原作の軸になるシーンはちゃんと描かれていて良かったです。
ただ原作と違うシーンもあり…映画では描けなかった?
私がかなり衝撃を受けたシーンが映画で省かれていました。

とはいえ面白かったことに変わりはありません!
前後篇合わせて269分の長編映画を一気観でした(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_23




星野源主演映画「箱入り息子の恋」


俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍する
星野源さんの映画初主演作。、
35歳にして初めて恋をしたさえない男の奮闘と成長を
ユーモラスに描く恋愛ドラマ。

NHKBSプレミアムで放送。



箱入り息子の恋 MOVIE

解説(「シネマトゥデイ」より)

ミュージシャンとしてだけでなく『少年メリケンサック』などで
俳優としても活躍する星野源が映画初主演を果たしたラブストーリー。
恋愛初心者の主人公が一人の女性と恋に落ち、
めくるめく感情に心奮わせながら変化していく過程を描き出す。

『あの女はやめとけ』の市井昌秀が監督を務め、
目が不自由なヒロインを『天然コケッコー』の夏帆が演じている。
初めて恋を知った男の純情と、
彼を取り巻く家族たちが織り成す力強い物語に熱中する。





内容(「シネマトゥデイ」より)

市役所に務める35歳の健太郎は
これまで女性と付き合った経験もなく、
いまだに実家で両親と暮らしている。
父も母も息子を気遣い、親同士が子どもに代わって
相手と対面する「代理見合い」への出席を決める。
そこで今井夫妻と知り合った健太郎の両親は、
目が不自由な彼らの娘奈穂子のことを知り……。



(CAST)
天雫健太郎⇒星野源
健太郎の父・寿男⇒平泉成
健太郎の母・フミ⇒森山良子
今井奈穂子⇒夏帆
奈穂子の父・晃⇒大杉漣
奈穂子の母・玲子⇒黒木瞳
健太郎の同僚・ふなこしさん⇒穂のか
健太郎の同僚・大場くん ⇒栁俊太郎
天雫家の隣人⇒竹内都子



監督・脚本⇒市井昌秀
脚本⇒田村孝裕
撮影⇒相馬大輔
音楽⇒高田漣

主題歌⇒高田漣 feat. 細野晴臣「熱の中」



私が星野源さんを知ったのは舞台が先でした。
大人計画の舞台で、素朴で真面目そうな青年が
身体はって舞台に立っている!
誰だ?
その青年が星野源さんでした。

それから星野源さんのことが気になりだし
出演作品をチェックするように
そしたら、舞台のみならず、TVや映画に多数出演しており
なんとシンガーソングライター!歌手ですよ!
その上エッセーやコラムまで書いている
マルチじゃないですか!
星野源はタダものじゃなかった!!


その星野源さん初主演映画「箱入り息子の恋」
2013年に製作された映画だとのことですが
上映当時は気づかず…TV放送で映画の存在を知り
BSプレミアムの『プレミアムシネマ』枠で放送された際
HDDに録画して観ました。


星野さん演じる健太郎は
ガッキ―主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の
津崎平匡と同じ部類のキャラでしたね。
健太郎より平匡の方が自立してはいるけど
二人とも自己肯定力が低いのは同じで
映画もドラマも、自分で作った箱からの脱出を描いている?


映画の中で今井父に健太郎が言った言葉が心に残っています
『僕には障害はありませんが欠点なら山ほどあります。
見た目や着ている服で人に笑われたことはいくらでもあるし
だから僕は人の目を見れなくなりました。
見た目や就職先で人を値踏みするのは目が見えている人だけです。
お嬢さんはそんなことしません』
健太郎が恋したことで?自らの扉を少し開けた瞬間
それから少しずつ外の世界へと踏み出していく


健太郎の職場の同僚で
穂のかさん演じるふなこしさん
最初はふなこしさんの役どころに(?_?)
でも登場シーンは少ないけれど
後半ではいつのまにか映画のスパイスに!?
健太郎もふなこしさんに励まされて
奈穂子に積極的になれました(^_-)-☆


映画の後半で奈穂子が一人で吉野家へ行くシーン
その奈穂子の後をつけ健太郎も吉野家へ
そこで号泣する二人…
切ないけれど心にジーンとくるシーンでした
他のシーンでは???と思うこともありましたが
吉野家のシーンで帳消しです!


星野源さんと夏帆さんが
健太郎と奈穂子を演じたことで
透明感のある映画になっていたように思います。
ナイスキャスティングでした(^_^)v




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_22




上田秀人さんの「斬馬衆お止め記」
『御盾』と『破矛』


『御盾』


御盾

内容(「BOOK」データベースより)

三代家光治下――  
いまだ安泰とは言えぬ将軍家を永劫盤石にすべく、
大名の勢力を削ぎつつある大老土井利勝は、
関ヶ原の恨み残る信州松代真田家を取り潰さんと謀る。

一方松代藩では、老齢の信之から藩政を託された信政が、
刃渡り七尺もある大太刀を自在に操る新馬衆の仁旗伊織へ
「公儀隠密へ備えよ」と命を下した……。  
松平信綱ら老中、伊賀組、戦陣坊主らの権謀術数に、
伊織の剣が閃く!





『破矛』


破矛

内容(「BOOK」データベースより)

老中土井利勝の奸計を砕いたものの、
すぐさま江戸城惣堀浚いを命ぜられ、
徐々に力を削がれていく信州松代真田家。

しつこく纏わりつく公儀隠密に、神祇衆の霞は
信政からの密命を帯びた斬馬衆仁旗伊織を餌に探りを入れる。
驚くべきことに、沼田真田家の御使者番までもが草と知れた…。
伊賀組、戦陣坊主との戦いで、鞘は割れ、
曲がってしまった伊織の大太刀に、藩存亡の命運が懸かる。





大河ドラマ『真田丸』を観ているので
後日談?のような本書を読みながら
生き残ってしまった兄・真田信之も
苦労が絶えず大変だな…と^_^;


本書では、斬馬衆仁旗伊織が主人公なのですが
斬馬衆とは戦の折、本陣を守る最後の砦としてもうけられたもの。
大太刀で迫りくる騎馬の馬の脚を一刀両断にする
伊織りはその大太刀を太平の世にあっても守り続けていた。


関ヶ原の戦いで真田に煮え湯を飲まされた
二代将軍徳川秀忠の側近であった土井利勝が
家光の代になっても真田に仕返しをするため
執拗に嫌がらせを続け
しまいには信之や信政に刺客を向ける

何度も繰り出される刺客
無用の長物とされた大太刀を使い
伊賀の忍びと戦う伊織

迫力ある戦いのシーンや某略の数々
最初から最後まで目が離せません!


史実を織り交ぜ描かれる時代ものは
フィクションだと分かっているのに
歴史の一幕として勘違いしてしまいそうに!?
特に、上田さんの描く物語では
江戸時代にタイムスリップし
除き見している気分にさせられるほど
臨場感があり面白い!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_11_21




近藤史恵さんの「スティグマータ」


消せない「刻印」を胸に、
ぼくたちはツールを走る。
すべてを賭けて!

世界一美しく過酷なレースで
新たな惨劇が幕を開ける。

大人気「サクリファイス」シリーズ。
新たな興奮と感動が待ち受ける
3000㎞の人間ドラマ、開幕!

~「帯紙」より~


スティグマータ

内容紹介(「新潮社」より)

黒い噂が絶えない、堕ちたカリスマの復活。
選手やファンに動揺が広がる中、
今年も世界最高の舞台(ツール・ド・フランス)が幕を開ける。

かつての英雄の真の目的、
選手をつけ狙う影、
不穏なレースの行方――。

それでもぼくの手は、ハンドルを離さない。

チカと伊庭がツールを走る! 
新たな興奮と感動を呼び起こす、
「サクリファイス」シリーズ最新長編。





本書は『サクリファイス』シリーズの第4作目
『サクリファイス』『エデン』2作品の続編にあたります。

『エデン』の終盤でツールから去ったニコラが
チカ共々本書の主要登場人物に!
ニコラがチームのエース、チカはニコラのアシストとして登場!
でもあくまでも主役はチカなので、物語はチカ目線で進んでいきます。

今回もツール・ド・フランスが舞台
まるでツールを目の当たりにしているような臨場感に
近藤史恵さんの筆力の凄さを再認識させられました。


ドーピングで追放されたスター選手がツールに戻ってきた
若かりし頃のチカ憧れの選手だった彼が
伊庭のチームメイトになり
伊庭を通じてチカに会いたいと言ってきた
ライバルチームのエースが何のため?

最後までハラハラドキドキで
頁を捲る手を止められず
3週間のツールを1日で一気読み!


『サクリファイス』シリーズ最高です!
大学の自転車部を舞台にした『キアズマ』も
是非読みたいですね(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_11_17




映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」


サン=テグジュペリの名作
「星の王子さま」を下敷きにしたアニメ映画
原作小説に描かれた物語を人形アニメで、
後日談となる新たな物語をCGアニメでそれぞれ描く。

~WOWOW~


リトル・プリンス MOVIE


解説(「WOWOW」より)

目に見えない心の美しさを描く寓話として、
初版から70年以上、世界累計1億5千万部を越える
ロングセラーとなっているサン=テグジュペリの「星の王子さま」。

世界中で読み継がれるこの物語を、
後日談を加えてアニメ映画化。

星の王子と砂漠に不時着した
飛行士との交流を綴った原作に該当するパートは、
サン=テグジュペリ自身による
挿絵の雰囲気を活かした人形アニメで、

老いた飛行士のため再び王子を捜す
少女の冒険を綴るパートは
現代らしいCGアニメで描かれる。

英語版、日本語版ともに豪華な声優陣にも注目だ。





内容(「WOWOW」より)

将来のためといって母親から押し付けられる
英才教育に飽き飽きしていた9歳の女の子。
受験のため名門校の近くに引っ越しまでさせられた彼女は、
あるとき隣に住む変わり者の老人と親しくなる。

かつて飛行士だったという彼は、
若き日に砂漠に不時着したとき出会った不思議な少年
“星の王子さま”との思い出を語り出す。

彼の話に夢中になった女の子は、病に倒れた老人のため、
もう一度王子さまを探し出そうと冒険の旅に出発する。



(出演)
役名⇒声(字幕:吹き替え)
飛行士⇒ジェフ・ブリッジス:津川雅彦
女の子⇒マッケンジー・フォイ:鈴木梨央
お母さん⇒レイチェル・マクアダムス:瀬戸朝香
ミスター・プリンス⇒ポール・ラッド:宮野真守
王様⇒バッド・コート:坂口芳貞
バラ⇒マリオン・コティヤール:滝川クリステル
星の王子⇒ライリー・オズボーン:池田優斗

私は字幕版で観ました(^^)


監督⇒マーク・オズボーン
脚本⇒イリーナ・ブリヌル
脚本⇒ボブ・パーシケッティ
製作⇒アトン・スマーシュ
製作⇒ディミトリー・ラッサム
製作⇒アレクシ・ヴォナール
音楽⇒ハンス・ジマー
音楽⇒リチャード・ハーヴェイ






星の王子さま BOOK

サン=テグジュペリの『星の王子さま』
子どもの頃から何度も繰り返し読んだ物語なので
映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」が
WOWOWの『映画工房の映画特集』枠で放送された際
クリスマスにでも観ようかな?とHDDに録画し温存することに!
でも結局クリスマスまで待てずに観てしまったのよね…^_^;


『星の王子さま』が描かれた人形アニメのシーン
とてもステキだったので一瞬で惹き込まれましたが
中盤のストーリー展開が…(?_?)
いい意味でも悪い意味でもアメリカ映画だなと…

「リトルプリンス 星の王子さまと私」
全体的には良かったので、中盤のシーンが少々勿体無かった。
そう感じてしまったのは、
私が『星の王子さま』の後日談を見たくなかった
知りたくなかっただけなんですけどね…^_^;

サン=テグジュペリの世界観は伝わったので
映画は最後まで楽しめましたよ(^_-)-☆




テーマ : アニメ    ジャンル : アニメ・コミック
 2016_11_16




フィンランド映画 「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」


原作者トーベ・ヤンソンの生誕100年を記念して、
本国フィンランドで作られた「ムーミン」の長編アニメ。
バカンス旅行に出たムーミン一家が思わぬ騒動に巻き込まれる。
~WOWOW~



ムーミン 映画

解説(「WOWOW」より)

世界中で愛されている児童文学「ムーミン」シリーズの
生みの親であるヤンソンの生誕100年記念として、
初めて母国フィンランドで製作された長編アニメ。

バカンス先のリゾートで、なぜかセレブ家族と勘違いされた
ムーミン一家とフローレン。
貴族のような扱いに戸惑う彼らだったが……。

原作の挿絵を忠実に再現した
キャラクターたちが織り成す大騒動に、
ほのぼのと心温まる作品となっている。

日本語吹替版では、人気お笑いコンビ、さまぁ~ずの2人と
シンガーソングライターの木村カエラがゲスト声優を務める。





内容(「WOWOW」より)

突然海賊船が現われて、ムーミン谷は大騒ぎ。
だが船が座礁し、捕まっていたミイとミムラも無事助かって一件落着。

そんな騒ぎの後、ムーミンパパは
家族とフローレンたちとともに、
リビエラのリゾートへバカンス旅行に出発する。

偶然入った高級ホテルで
高貴な家柄と勘違いされた彼らは、
豪華なもてなしにびっくり。

ムーミンパパとフローレンは贅沢三昧に魅了されるが、
ムーミンとムーミンママはそんな2人の姿に腹を立てて……。



(出演)
役名⇒声
ムーミン⇒高山みなみ
ムーミンパパ⇒大塚明夫
ムーミンママ⇒谷育子
フローレンス⇒かないみか
スナフキン⇒子安武人
モモンガ侯爵⇒三村マサカズ
クラーク⇒大竹一樹
ピンプル⇒木村カエラ


監督⇒グザヴィエ・ピカール
製作⇒ハンナ・ヘミーラ
脚本⇒レスリー・スチュワート
脚本⇒アンニナ・エンケル
脚本⇒ハンナ・ヘミーラほか
音楽⇒パヌ・アールティオほか

イメージソング⇒木村カエラ『eye』




幼い頃、なぜかTVアニメのムーミンは
ニョロニョロが怖くて?あまり観ることが出来なかった…
ムーミンも、ノンノンも、ミ―も好きなのに
中でもスナフキンが大好きで、アニメは観たいけど
ニョロニョロの登場シーンが苦手という
ちょっと変わった子どもでした^_^;

ニョロニョロ

小学生になった頃には逆に好きなキャラになりましたが(^_-)-☆

ちなみにノンノンは、途中からフローレンスと名前が変わっています。
映画でもフローレンスでした。


「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が
初めて母国フィンランドで作られたとは知らず
私が子どもの頃見ていたアニメも輸入ものだと
ずっと勘違いしていました^_^;

1969年にムーミンのアニメ放送が始まっているので
昔から日本のアニメは凄かったんですね

ムーミンの後に放送されたアニメ劇場
製作に高畑勲さんや宮崎駿さんが加わった
『アルプスの少女ハイジ』や『フランダースの犬』へ
そして世界名作劇場へと繋がっていく。

日本がアニメ大国になってのはムーミンのお陰?


フィンランド映画 「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」は
2014年に製作されています。
かなりシュールなムーミンでした。

ノンノンの素朴な可愛さが…
映画のフローレンスはまるで別人です!
どうしたのノンノ―――ン!!!

物語の内容は結構ハード?ですが
キャラクターは相変わらず可愛い~♡
特にミ―に嵌まってしまった私(^_-)-☆


今までの印象を覆したムーミン映画でしたが
そのシュールさが面白かったです。




テーマ : アニメ    ジャンル : アニメ・コミック
 2016_11_15




閲覧できなくなったブログをリンクから削除いたしました。
当ブログでは定期的にリンクとブロともの整理をしております。
閲覧不可・休止中のブログのオーナー様へ、あしからずm(__)m



 2016_11_14




森博嗣さんの「笑わない数学者」
MATHEMATICAL GOODBYE


起源は忘却され
伝統の手法だけが取り残される。
たとえ、神のトリックであっても



笑わない数学者

内容(「BOOK」データベースより)

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。
そこで開かれたパーティの席上、
博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。
一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、
2つの死体が発見され…。

犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが
館の謎と殺人事件の真相を探る。
超絶の森ミステリィ第3弾。




S&Mシリーズ第3作の「笑わない数学者」は
前作の『すべてがFになる』『冷たい密室と博士たち』とは
少々違った印象で!?密室は同じでしたけど


「笑わない数学者」では私としては珍しく
トリックはもしかしたら?と気付きましたが
犯人にはホント驚かされました。
私がこの4人は絶対に犯人ではないよね?
と確信していた中の2人が犯人だったので…^_^;


森博嗣さんの本は(どの作品でも)
読みながら突然睡魔に襲われてしまう!
面白いんだけどどうしてでしょう?
トリックを考え過ぎて脳が悲鳴をあげているのかな^_^;

第4作目の『詩的私的ジャック』も読むつもりなので
今度こそ途中で眠らずに一気読みするぞ!
次はどんなトリックを披露してくれるのか楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_11_13




映画「きみはいい子」


高良健吾、尾野真千子、
池脇千鶴ら実力派俳優陣が共演し、
ある町を舞台にした3つの人間模様を真摯に描いた
群像ヒューマンドラマ。
監督は「そこのみにて光輝く」の呉美保。
~WOWOW~



きみがいい子 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

児童虐待をテーマに取り上げ、
坪田譲治文学賞などに輝いた中脇初枝の同名連作短編集から、
「サンタさんの来ない家」「べっぴんさん」
「こんにちは、さようなら」という3本を一つのストーリーにして脚色。

日本のどこにでもありそうな町が舞台の3つの人間模様を通じ、
今の日本におけるディスコミュニケーションについて問題提起。

出演陣では娘を虐待する母親役を繊細に演じた尾野の熱演が光る。
「そこのみにて光輝く」で高い演出力を認められた呉監督。
本作でもストイックなまでにじっくりと登場人物たちを見つめた。




内容(「WOWOW」より)

桜ヶ丘の町。
新人教師の岡野は桜ヶ丘小学校4年2組の担任。
真面目な性格だが優柔不断で、
児童たちが自分の言うことを聞かないことに悩む。

夫が海外に単身赴任中の主婦、雅美は、
3歳の娘あやねと2人暮らし。
自宅でしょっちゅうあやねに暴力を振るっている雅美には
ある悲しい過去が……。

一方、小学校の近くの家に暮らす独居老人のあきこは、
買い物に行ったスーパーで代金を払い忘れて以来、
認知症が始まったのかと不安になる。


(CAST)
岡野匡⇒高良健吾
水木雅美⇒尾野真千子
大宮陽子⇒池脇千鶴
大宮拓也⇒高橋和也
佐々木あきこ⇒喜多道枝
丸山美咲⇒黒川芽以
岡野薫⇒内田慈
水木あやね⇒三宅希空
櫻井和美⇒富田靖子
櫻井弘也⇒加部亜門



監督⇒呉美保
脚本⇒高田亮
撮影⇒月永雄太
音楽⇒田中拓人





中脇初枝さんの原作「きみはいい子」


きみはいい子 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

夕方五時までは家に帰らせてもらえないこども。
娘に手を上げてしまう母親。
求めていた、たったひとつのもの―。
それぞれの家にそれぞれの事情がある。
それでもみんなこの町で、
いろんなものを抱えて生きている。
心を揺さぶる感動作。





原作は未読です。でも、是非読んでみたい!
そう思わせてくれた映画でした。

映画は、WOWOWの『映画工房の映画特集』枠で
放送された際、HDDに録画して観ました。

虐待、学級崩壊、認知症
心が痛くなるようなテーマの映画でしたが
「きみはいい子」観ることができて良かったです。


傷つき不安な日々を過ごしている人々

虐待の負の連鎖を断ち切れない母親
認知症不安を感じている一人暮らしの老女
新人先生岡野が担任をしている
5時まで家に帰れない小学生

自らの意志ではどうすることも出来ず
不安な日々を悶々として過ごしている
そんなときひょんなことで優しく声をかけてもらえ
ギュッと抱きしめてもらえたことで
心に安らぎが芽生え
ほんの少しだけど希望が差し込んでくる

現実に同様の状況に置かれている方々にとっては
綺麗事に感じられたかもしれませんが
後半部分の希望に繋がるシーンが挿入されたことで
私は救われた気がしました


人は生きている限り多かれ少なかれ
何かしら不安を抱えて生きている
でも辛い日々の中にも
光が差す瞬間はきっとある
まわりの人のちょっとした優しさや
思いやりで救われることもあるのだと
そう語りかけているような映画でした。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_11




松山ケンイチさん主演映画「珍遊記」


松山ケンイチ主演の爆笑コメディ。
天竺に向けて旅する僧侶が出会ったのは天下一の不良少年。
更生させるよう頼まれた僧侶は、
妖力を奪われて別人のようになった彼と旅する。
~WOWOW~



珍遊記 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

「週刊少年ジャンプ」誌で連載され、
累計部数400万部を記録した漫☆画太郎の
伝説的ギャグ漫画を実写映画化。

「地獄甲子園」など画太郎作品の実写化すべてに関わる
山口雄大が編集も兼ねて監督を手掛けた。
ひと癖もふた癖もあるキャラクターに
なり切ることにたけた松山が、
坊主頭にパンツ一丁の主人公を持ち前の演技力で怪演。
玄奘を演じる倉科カナが下ネタを発するなど、
これまでの清楚なイメージを覆すような演技も注目だ。

漫画の世界を再現するべく、
メーターを限界まで振り切ったような
突き抜けた演出も楽しい。




内容(「WOWOW」より)

僧侶の玄奘は天竺への旅の途中、
偶然に立ち寄った家のじじいとばばあから、
不良少年である太郎を更生させてほしいと頼まれる。

玄奘は宝珠を用いて太郎の恐るべき妖力を封印し、
彼を引き取って一緒に旅をすることに。

2人はある町にたどり着き、
玄奘は宝珠の力を使って住民の病を治し、
太郎は昔の些細な出来事で恨みを持つ
イケメンの龍翔から命を狙われる。
さらに、太郎の前には最強の武術使い、
泰造が立ちはだかり……。


(CAST)
山田太郎⇒松山ケンイチ
玄奘⇒倉科カナ
龍翔⇒溝端淳平
じじい⇒田山涼成
ばばあ⇒笹野高史
中村泰造⇒温水洋一
山田太郎(変身前)⇒ピエール瀧



監督・編集⇒山口雄大
脚本⇒おおかわら・松原秀
撮影⇒福本淳
音楽⇒森野宣彦




原作漫画、漫☆画太郎さんの『珍遊記』


珍遊記 漫画



原作漫画は未読です。
というか、漫画が原作だと知らなかった^_^;


松山ケンイチさん主演なので
映画『珍遊記』観ましたが
トンデモ映画で…(+_+)

『勇者ヨシヒコ』や『荒川アンダー ザ ブリッジ』等の
ナンセンスコメディー?は好きなのですが
映画『珍遊記』私にとっては許容外でした^_^;

山田太郎役の松山ケンイチさん
そして玄奘役の倉科カナさん
よく出演をOKしましたよね!?

イケメン俳優の溝端淳平さんが演じた
龍翔の一人芝居には笑えましたが
溝端さんも完全に振り切れていました!

どんな役柄でも演じてしまう役者さんって
ホント凄いですね。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_07




トム・ハンクス主演映画「ブリッジ・オブ・スパイ」

監督S・スピルバーグ、主演T・ハンクス、
共同脚本にコーエン兄弟と、
一流の実力派映画人たちが結集し、
東西冷戦のさなかに起きた
奇跡の歴史秘話を映画化した秀作ドラマ。
~WOWOW~


ブリッジ・オブ・スパイ

解説(「WOWOW」より)

東西冷戦のさなか、ソ連のスパイとして逮捕された男と、
世間の非難を浴びつつも、裁判の中立公正さを守るべく
勇気をもって彼の弁護を引き受けた民間のアメリカ人弁護士。

一触即発の極限状況下、世界の平和の橋渡しのため、
懸命に奔走する弁護士の主人公を、「プライベート・ライアン」などで
スピルバーグ監督と名コンビを組んできたハンクスがみごとに好演。

また、孤独なスパイ役にはイギリスの実力演技派
M・ライランスが抜擢されて会心の演技を披露し、
第88回アカデミー助演男優賞ほか、数々の演技賞に輝いた。





内容(「WOWOW」より

1957年、アベルという男がソ連のスパイとしてNYでFBIに逮捕される。
彼を裁判で弁護する国選弁護人として白羽の矢が立ったのはドノヴァン。

かつてニュルンベルク裁判で検察官を務めた経験を持つ彼は
「どんな人間にも等しく公平な裁判を受ける権利がある」という
固い信念の下、その大任を引き受け、
逆境の中、アベルのために懸命に力を尽くす。

それから5年後、2人の男の運命は
再び意外な形で交錯することとなり…。



(CAST)
ジェームズ・ドノヴァン⇒トム・ハンクス
ルドルフ・アベル⇒マーク・ライランス
メアリー・ドノヴァン⇒エイミー・ライアン
トーマス・ワッターズ⇒アラン・アルダ
ホフマン⇒スコット・シェパード



監督・製作⇒スティーヴン・スピルバーグ
製作⇒マーク・プラット/クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本⇒マット・チャーマン/コーエン兄弟
撮影⇒ヤヌス・カミンスキー
音楽⇒トーマス・ニューマン



WOWOWの『メガヒット劇場』枠で放送された際
HDDに録画して観ました。
『メガヒット劇場』では大ヒット最新作を放送!
映画館で観ることの出来なかった
最新作品を観ることができるので
私にとって『メガヒット劇場』はお宝番組です!


「ブリッジ・オブ・スパイ」では実際の事件
U-2撃墜事件でソ連の捕虜となった
フランシス・ゲイリー・パワーズと
FBIが逮捕したソ連のスパイ・ルドルフ・アベル
その二人をベルリンのグリーニッケ橋で
交換されるまでの駆け引きが描かれている。

さすがスピルバーグ監督ですね
臨場感あふれるスリリングな展開に
最後まで楽しませてもらいました。

ドノヴァン役のトム・ハンクスもホント嵌まり役で
ナイスキャスティングでしたね!

いい映画でした♪面白かったです(^_^)v




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_11_03




長谷川博己さん主演!映画「鈴木先生」




映画 鈴木先生

解説(「シネマトゥデイ」より)

武富健治原作の漫画を基に、
普通の教師が真摯に教育問題に取り組む姿を描いた
テレビドラマの劇場版。

黒縁メガネとループタイ姿が定番の教師が、
立てこもり事件の人質にされた女子生徒を
助けようと奔走する姿を追い掛ける。

ドラマ同様主演を務めるのは
テレビドラマ「家政婦のミタ」で注目を浴びた長谷川博己。
妻に臼田あさ美、同僚に田畑智子らがふんしている。
最悪の事件を前に尽力する鈴木先生のパワーに圧倒される。





内容(「シネマトゥデイ」より)

緋桜山中学の国語担当教師鈴木は、
独自の教育理論「鈴木メソッド」に基づいた
理想のクラスを構築しようとしていた。

彼はその中心となる女子生徒小川に重きを置くうちに、
少しずつ彼女の魅力に引き込まれていく。
そんな折り、鈴木の妻の妊娠がわかり、
さらに2学期に入って生徒会選挙と
文化祭の準備がスタートするが……。



(CAST)
鈴木章⇒長谷川博己
鈴木の妻・麻美⇒臼田あさ美
小川蘇美⇒土屋太鳳
勝野ユウジ⇒風間俊介
桃井里香⇒田畑智子
足子瞳⇒富田靖子
中村加奈⇒未来穂香
出水正⇒北村匠海
白井⇒窪田正孝
堀の内七海 ⇒松岡茉優



監督⇒河合勇人
脚本⇒古沢良太
原作⇒武富健治
音楽⇒大友良英

主題歌⇒androp「Rainbows」






武富健治さん原作漫画「鈴木先生」


鈴木先生漫画

内容(「まんが王国」より)

とある中学校…。
生徒の引き起こすささやかな問題も、重大な試練も、
すべて全力で(過剰に!?)取り組む1人の教師がいた! 
鈴木先生の流す脂汗と身に帯びたループタイは「誠実の証」! 







ドラマ版「鈴木先生」


鈴木先生ドラマ

テレビ東京系列で2011年4月25日から6月27日まで放送
日本民間放送連盟賞受賞
ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞
他多数受賞…
平均視聴率は2.16%と低かったけれど
衝撃的な内容にコアなファンが


映画はドラマ版の続きです。
キャッチコピーは「常識を打ち破れ、世界は変わる」。


原作は未読ですが
ドラマ版はSPも含め全て観ました。
衝撃的な内容にビックリ!でもとても面白かった。
なので映画版がBSジャパンで放送された際
HDDに録画して温存し(7月30日放送)
(本当は観るのを忘れていただけ…)
昨日やっと観ました^_^;


キャストが凄い!土屋太鳳さんを筆頭に
松岡茉優さんや未来穂香さん等
今や主役級の若手が生徒役で出演している!

太鳳さんの演じる小川蘇美は印象的な役柄でしたが
映画版でも凛とした小川蘇美で輝いていました。

勝野ユウジ役の風間俊介さん
思わず『金八先生』?って勘違いしてしまうほど
学生服似合いすぎ!30歳過ぎには見えません!


鈴木先生役の長谷川博己さん
最高に嵌まり役ですね(^_-)-☆
映画でも妄想シーン笑えました!


足子先生役の富田靖子さん
キレた演技がホント凄かった
笑っているのに笑っていない目?
私が映画の中で一番うけたキャラです
足子先生の表情の変化が病的で怖い
でも思わず笑ってしまう^_^;


ドラマ版ほどではなかったけれど!?
映画「鈴木先生」も面白かった~♡

ドラマ版「鈴木先生」、シリーズ化して欲しかったですね(^_-)-☆




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_11_01




10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.