中村文則さんの「教団 X 」


『運命』に翻弄される4人の男女。
いま、物語は極限まで加速する。
~「帯紙」より~


教団X

内容(「BOOK」データベースより)

謎のカルト教団と革命の予感。
自分の元から去った女性は、
公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。

絶対的な悪の教祖と
4人の男女の運命が絡まり合い、
やがて教団は暴走し、
この国を根幹から揺さぶり始める。

神とは何か。
運命とは何か。
絶対的な闇とは、光とは何か。
著者最長にして圧倒的最高傑作。




又吉直樹さんマジオシ!
『「どんなに時間がかかってもぜひ読んでください。
読む価値があります」と言いたい。』
(「ダヴィンチ」4月号)

西加奈子さんイチオシ!
『凄まじい小説です。まさしく、魔力的な魅力と
途方もないほど大きな力を持った小説です。』
と帯紙にあったので
二人の言葉を信じて?「教団 X 」
どうにか最後まで読み切ることが出来ました。


最後まで読んだのは正解でした!が
私の好きなジャンルではなかったですね


宗教(カルト)、粒子論、エロ、政治、テロetc
内容は確かに凄まじい

カルトではオウムを思い起こさせ
エロはまるで映画『カリギュラ』?

テロや政治では、大国と武器商人の暗躍等
今世界中で起きている出来事を連想させる
それが長い物語を読み切る為のスパイスに!?
興味深い本ではあるけれど読後感は良くない…
何か矛盾している感想でスミマセン…^_^;


中村文則さんの他の作品では「土の中の子供」を読みました。
重厚で凄まじい内容に圧倒されたのを今でも覚えています
私は『教団X』よりは「土の中の子供」の方が心に響きました。


中村文則さんの最新作
『私の消滅』も読みたいと思っているのですが
“『掏摸 スリ』『教団X』を越える衝撃!”
とのことなので期待しています(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_30




森博嗣さんの「冷たい密室と博士たち」

面白ければ良いんだ。
面白ければ、無駄遣いではない。
子供の砂遊びと同じだよ、
面白くなかったら、
誰が研究なんてするもんか。



冷たい密室と博士たち

内容(「BOOK」データベースより)

同僚の誘いで低温度実験室を訪ねた
犀川助教授とお嬢様学生の西之園萌絵。

だがその夜、衆人環視かつ密室状態の実験室の中で、
男女二名の大学院生が死体となって発見された。
被害者は、そして犯人は、どうやって中に入ったのか!?

人気の師弟コンビが事件を推理し真相に迫るが…。





ドラマ『すべてがFになる』


すべてがFになる ドラマ

2014年10月21日~12月23日
フジテレビ系の「火曜21時枠」で
S&Mシリーズより5作品を2話完結の形で放送。
「冷たい密室と博士たち」は1・2話で放送された。


(CAST)
西之園萌絵⇒武井咲
犀川創平⇒綾野剛
喜多北斗⇒小澤征悦
西之園捷輔⇒吉田鋼太郎
市ノ瀬里佳⇒市川由衣
木熊京介⇒平田満
八川善太郎⇒佐伯新
丹羽健二郎⇒菊田大輔
服部珠子⇒吉谷彩子
荒井正直⇒戸塚純貴
船見真智子⇒松山愛里
向井浩二⇒針原滋
増田潤⇒久野雅弘

脚本⇒黒岩勉
演出⇒城宝秀則


ドラマ版は1話のみ観ました。


S&Mシリーズ10作品の中では
森さんのデビュー作『すべてはFになる』と
2作目の「冷たい密室と博士たち」を読みました。

でも実際の執筆の順序は出版順とは異なり
『すべてはFになる』は4作目に当たり
本書「冷たい密室と博士たち」が
執筆順では1作目となります。
何かややこしいですね…^_^;



「冷たい密室と博士たち」
巧妙なトリックは面白かったのですが
ラストは意外でした…というより
ミステリにはよくあるパターン?
でもこのラストは思い浮かばず…
なんだかやるせないラストでしたね。


S&Mシリーズ全作品を読むつもりなので
次は3作目の『笑わない数学者』
こちらも楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_28




上田秀人さんの「百万石の留守居役シリーズ 4~6」



「遺臣(4)」

遺臣

内容(「BOOK」データベースより)
大老酒井忠清から老中堀田正俊へ。
将軍死去による権力交代に、留守居役たちが動く。
だが堀田家には加賀を裏切った留守居役小沢がいる。
しがらみのない数馬が堀田家との矢面に立つことに。
江戸城下で加賀忍が伊賀者に手裏剣を奪われた。
加賀を陥れる策謀に、若き数馬はその任を果たせるか!?





「密約(5)」

妙手か悪手か。
老中堀田政俊と藩主前田綱紀。
敵同士、一度きりの秘密会議。
若すぎる留守居役・数馬が仕切る!

~「帯紙」より~

密約

内容(「BOOK」データベースより)
旗本復帰を誘う罠、外様小藩組の嫌がらせ…
若すぎる留守居役数馬の前に、難題は次々と降りかかる。
加賀潰しを公言する新権力者堀田正俊は、
琴の実家で加賀藩の筆頭家老本多家の事情に目をつける。
敵対する老中堀田と藩主綱紀、一度きりの秘密巨頭会談に、
数馬は意外な場所を提案するが!?





「使者(6)」

藩主の正室探し。
若き留守居役でなくても、これは難題。
血路の会津路を数馬は行く!

~「帯紙」より~

使者
内容(「BOOK」データベースより)
百万石の藩主綱紀の亡くなった正室は、
会津保科家から迎えていた。
格別な関係の保科家へ、
若き留守居役数馬が使者として遣わされた。
前田家の継室は幕府も各藩も狙っている。
老練な者でも難しい微妙な相談事、
その相手は親藩会津藩の国家老。
そして、難題に奔走する数馬に仇敵が襲いかかる!




「百万石の留守居役シリーズ」
主人公・数馬の魅力がいまひとつで…
『お髷番承り候』や『奥右筆秘帳』に比べると
登場人物が多いから仕方ないのかな?

『百万石の留守居役』では
将軍の代替わりを描いていることもあり
物語の舞台も、加賀、江戸、会津と変わり
なので登場人物がどうしても多くなる
そうすると数馬が目立たない?

主人公に魅力がないと
物語の世界になかなか入り込めず…
『百万石の留守居役』の物語は面白いので
それは勿体無いですよね^_^;
若き留守居役数馬、ガンバレ!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_21




「はなちゃんのみそ汁」


がんでこの世を去った女性が愛する夫と娘に残したものは、
明るさと優しさ、そして心のこもったみそ汁だった。

広末涼子、滝藤賢一、一青窈ら共演の心温まるドラマ。

~WOWOW~


はなちゃんのみそ汁 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

「24時間テレビ」の中でもドラマ化された
ベストセラー実話エッセイを、
「ペコロスの母に会いに行く」の脚本を担当した
阿久根知昭が初監督を務めて映画化。

がんをテーマにした映画というと
とかく重くなりがちだが、
明るく軽快なテンポで物語が進み、
それでも終盤に思わず涙の感動が待つ。

ヒロイン役の広末の女優としてのさらなる成長ぶり、
その熱演を受ける滝藤の抑えた演技が魅せる。

そして、重要な位置を占めるのが娘を演じた子役。
オーディションで選ばれた赤松えみなが
大人顔負けの好演を披露している。





内容(「WOWOW」より)

新聞記者の恋人・信吾との
幸せな生活を夢見ていた千恵は、
ある日乳がんを宣告される。

不安におびえる彼女に信吾は優しく寄り添い、
ついに彼女にプロポーズ。
千恵の両親の反対を押し切って2人は結婚する。
抗がん剤の治療で卵巣の機能が低下し
出産を諦める千恵だが、
新婚旅行後に妊娠する。

出産でがん再発のリスクが高まり、
自分の命が危ぶまれる中、
千恵は周りの支えで命を懸けて産むことを決意し、
娘のはなを無事出産する。



(CAST)
安武千恵⇒広末涼子
安武信吾⇒滝藤賢一
安武はな⇒赤松えみな
松永志保⇒一青窈
松永和則⇒平泉成
松永喜美子⇒木村理恵
伊藤源十⇒古谷一行


監督・脚本⇒阿久根知昭
撮影⇒寺田緑郎
音楽⇒石橋序佳

主題歌⇒一青窈「満天星」






原作「はなちゃんのみそ汁」


はなちゃんのみそ汁 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)
はな、毎朝のみそ汁つくり、がんばってるよ。
天国のママとの約束だからね。
「朝日新聞」「24時間テレビ」ほかで大反響。
人気ブログ「早寝早起き玄米生活」の一家の物語。




WOWOWの『ウィークエンドエンタ』で放送
HDDに録画して観ました。

「はなちゃんのみそ汁」秀作でした。

千恵役の広末涼子さんの凛とした姿に感動し
はな役の赤松えみなちゃんとても可愛くて
何よりも健気な演技に心打たれました。
信吾役の滝藤賢一さん
いつもエキセントリックな役柄が多い滝藤さんですが
包容力のある優しい信吾に惚れました♡


映画のストーリーが実話だということもあり
とても考えさせられた映画でした。

代替療法についても描かれていましたが
原作ではどうなんでしょう?


ガンをテーマにした映画だとどうしても暗くなりがちですが
本映画ではユーモア溢れるシーンも

志保と信吾がガンについて話しているシーン
隣の部屋で眠っていたはずの千恵が
『ガンという言葉は暗くて嫌だ』
『ガンって言わないでポンって言って!』
そう言われたことで志保と信吾が
『ガン検診』を『ポン検診』に
『乳ガン』を『乳ポン』って再び話し出し
それを聞いたていた千恵が笑いだす。
千恵のユーモア溢れるシーンでしたが
私は泣き笑いでした…。


千恵と志保の喧嘩?のシーン
志保(一青窈)が千恵に言い放った言葉
『子どもを自分の手足のように使うの、やめとかんね』
その言葉を受けて、志保にではなくはなに声をかけた千恵
『はな。もしママがいなくなったら……」
千恵が痛恨の顔で言葉に詰まり
『もし、はなが、病気になったりしたら
パパもママも悲しいけん、丈夫で元気な子になって』
『はな、おみそ汁作るよ!』って言って
幼いはなちゃんがみそ汁を作るのですが
そのシーンはホント号泣でした(T_T)


『毎日口にする食べ物が健康な身体を作るのよ』
千恵がはなに伝えたかったこと
食の大切さを改めて考えさせられた映画でした。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_16




乙一さんの「箱庭図書館」


ひとつの町の6つの物語

小説家がいる。
本の虫がいる。
事件が起きる。
奇跡が舞い降りる。

「物語を紡ぐ町」にようこそ。


集英社WEB文芸
「RENZABURO」の人気企画
「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語

~「帯紙」より~


箱庭図書館


内容(「BOOK」データベースより)

僕が小説を書くようになったのには、
心に秘めた理由があった(「小説家のつくり方」)。

ふたりぼっちの文芸部で、
先輩と過ごしたイタい毎日(「青春絶縁体」)。

雪面の靴跡にみちびかれた、
不思議なめぐり会い(「ホワイト・ステップ」)。

“物語を紡ぐ町”で、ときに切なく、ときに温かく、
奇跡のように重なり合う6つのストーリー。
ミステリ、ホラー、恋愛、青春…
乙一の魅力すべてが詰まった傑作短編集!




“あとがき、あるいは『箱庭図書館』ができるまで”より
この本に収録されている作品は
集英社のWEB文芸「RENZABURO」の企画
「オツイチ小説再生工場」から生まれました。
読者の方にボツ原稿をおくってもらって
それを僕が自由にリメイクさせてもらうという企画でした。
…以下省略。


企画も斬新で凄いのですが
何より「箱庭図書館」面白かった!
(タイトルもTwitterで募集したそうです)
ばらばらの小説の蛹が乙一作品に羽化した?

図書館員・潮音を全ての作品に登場させたことで
連作短編の趣となり、面白さが倍増!



「小説家のつくり方」
黄兎さんの『蝶と街灯』のリメイク
・少年が小説家になった理由

「コンビニ日和!」
泰さんの『コンビニ日和!』をリメイク
・コンビニ強盗との奇妙な共同作業

「青春絶縁体」
イナミツさんの『青春絶縁体』をリメイク
・ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタイやりとり

「ワンダーランド」
岡谷さんの『鍵』をリメイク
・謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険

「王国の旗」
怜人さんの『王国の旗』をリメイク
・ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国

「ホワイト・ステップ」
たなつさんの『積雪メッセージ』をリメイク
・雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い


元になった読者投稿6作品は
以下のサイトで読むことが出来るそうです。
http://renzaburo.jp/8528

元作品も是非読みたいです(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_14




近藤史恵さんの「ダークルーム」


その扉の向こうにあるのは、光か闇か。
~「帯紙」より~


ダークルーム

内容(「BOOK」データベースより)

シェフの内山が勤める高級フレンチレストランに
毎晩ひとりで来店する謎の美女。
黙々とコース料理を口に運ぶ姿に、
不審に思った内山が問いかけると、
女は意外な事実を語り出して…(「マリアージュ」)。

立ちはだかる現実に絶望し、
窮地に立たされた人間たちが取った異常な行動とは。
日常に潜む狂気と、明かされる驚愕の真相。
ベストセラー『サクリファイス』の著者が厳選して贈る、
謎めく8つのミステリ集。書き下ろし短編収録。




『マリア―ジュ』
高級フレンチレストランに毎日通ってくる女性客
しだいに彼女のことが気になっていたシェフは
出先で偶然に彼女を見かけ思わず後をつけてしまう…

『コワス』
偶然知り合った貴佐のことが好きになった明充は
3年間付き合っていた彼女知子と別れたのだが
結婚が破談になったショックで知子は自殺してしまう

『SWEET BOYS』
夫(同棲?)の親友と結婚した自分の親友・凉子が
育児ノイローゼで自殺した…
真希は凉子に隠し続けていた秘密に苦しみ
過去を回想するのだが…。

『過去の絵』
芸大の美術学科の牧が描いた絵に
盗作疑惑が…牧の叔父小野寺一の絵を真似た?
でも牧は叔父の絵を見たことが無いと言い…。

『水仙の季節』
カメラマンの木下は美しい双子の姉妹
あきのとはるのの写真集を手がけていたのだが
はるのの突然の皮膚病で撮影が休止となる。
そんな時姉妹のマネージャーが殺された
二人に嫌疑がかかるのだが二人にはアリバイが…。

『窓の下には』
子どもの頃、私はマンションの4階に住んでいた。
マンションの1階に越してきたのはウサギを飼っている母娘
その女の子はまるでお人形さんのように可愛くて
私は偶然を装って友達になりたいと思ったのだが…

『ダークルーム』
東原琢己は実家から二時間半もかかる
デザイン系の専門学校に通っている
実は実家から出て下宿したい!と言うのが本音
そう思っていた琢己は、偶然出会った高倉榊と
意気投合しルームシェアすることに

『北緯六十度の恋』
多佳子は、ある計画を心に秘め
年上の恋人・園子と北欧の旅に出る。
多佳子が3年もの時間をかけて
注意深く育ててきた計画とは…?



本書「ダークルーム」は
近藤史恵さんのサスペンス短編集です。
近藤さんの引き出しの多さに
あらためて気付かされた8編の短編
本当に色とりどりで、怖いけど面白い!
特に『コワス』が怖かった…
こちらはサスペンスではなくホラーでしたね。

ラストの『北緯六十度の恋』では
意外な展開に思わず“巧い!”とひと言


近藤作品を読む度
毎回違うテイストが味わえるので
最新刊『スティグマータ』を読むのが
今から楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_13




朝井リヨウさんの「何者」


第148回(平成24年度上半期) 直木賞受賞



何者 BOOK

内容紹介

「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」
就活の情報交換をきっかけに集まった、
拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。

学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺…
自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。
この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。

影を宿しながら光に向いて進む、
就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、
書下ろし長編小説。





映画版「何者」


何者 映画

2016年10月15日(土)全国東宝系ロードショー


あらすじ(「シネマトゥデイ」より)
就職活動の情報交換のため集まった
大学生の拓人光太郎、瑞月、理香、隆良。
海外ボランティアの経験や
業界の人脈などさまざまな手段を用いて、
就活に臨んでいた。

自分が何者かを模索する彼らは
それぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、
いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。
そしてついに内定を決めた人物が出てくると、
抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし……。


(CAST)
拓人⇒佐藤健
光太郎⇒菅田将暉
瑞月⇒有村架純
理香⇒二階堂ふみ
隆良⇒岡田将生
サワ先輩⇒山田孝之



監督・脚本⇒三浦大輔
原作⇒朝井リョウ
音楽⇒中田ヤスタカ




直木賞受賞作、映画化もされたということで
かなり期待して「何者」を読みましたが
世代の違いからか?あまり心に響かず…

就活中の学生が主人公なので
同世代の方が読んだ方が
物語の世界観をリアルに感じ興味深く読めるのかも?
でもその分痛みを感じる度合いも大きそうですが…


私自身はTwitterをやったことがないので
本文中でのTwitterの意味合いがあまり伝わらず
後半部分でやっと少し理解出来たかな^_^;

本書を読んで感じたこと…何か大変そう…ですね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_12




紅玉いづきさんの「ミミズクと夜の王」


本書「ミミズクと夜の王」は
著者のデビュー作です。

第13回電撃小説大賞「大賞」受賞



ミミズクと夜の王

内容(「BOOK」データベースより)

魔物のはびこる夜の森に、
一人の少女が訪れる。

額には「332」の焼き印、
両手両足には外されることのない鎖、
自らをミミズクと名乗る少女は、
美しき魔物の王にその身を差し出す。

願いはたった、一つだけ。
「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」
死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。

全ての始まりは、美しい月夜だった。
―それは、絶望の果てからはじまる
小さな少女の崩壊と再生の物語。





銀色の月の光のような
透明感のある静謐な物語

読み始めは、
童話のような軽めのファンタジー?
と思ったのですが
読み進めていくうちに
心の奥深く真理が沁み込んでくるような
深遠なる物語へと変化していきました。


純粋なミミズクと不器用なフクロウ
奴隷として生まれたミミズクが
夜の王フクロウに出会ったことで
幸せとは何かを知り…


心に優しさを届けてくれたステキな物語
続編の『毒吐姫と星の石』も出版されているので
ミミズクとフクロウのその後を知ることが出来る?
『毒吐姫と星の石』を読むのが楽しみです。


今までに読んだ紅玉いづきさんの作品は
『サエズリ図書館のワルツさん』のみですが
本書はまるで違う作風だったので
他の紅玉作品はどういう作風なのか?
是非読んでみたいですね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_11




映画「orange-オレンジー」


高校2年生のヒロインのもとに、
10年後の自分から手紙が届く。

彼女はこれから起きる悲劇を阻止できるのか。
土屋太鳳がヒロインを好演した青春ラブストーリーのヒット作。
~WOWOW~


orange オレンジ MOVIE


解説(「WOWOW」より)

高野苺の人気コミックを、
「鈴木先生」など良作ドラマを何本も手掛け、
自身も原作の大ファンという橋本光二郎監督が実写映画化。

NHK連続テレビ小説「まれ」に続いての共演となった
土屋と山崎の名コンビぶりと、竜星涼、山崎紘菜ほか、
2人を囲む共演陣の息の合った演技、そんな彼らが
高校時代と10年後の両方を演じ分けたのも大きな見どころだ。

登場人物たちの友情が鮮やかに結実する
体育祭でのリレーのシーンに感動させられ、
コブクロが歌った主題歌「未来」も
爽やかな余韻にひと役買っている。





内容(「WOWOW」より)

長野県松本市。
高校2年生になった菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届く。

そこに書かれていたのは、
転校生としてクラスにやって来る翔を好きになること、
その翔が1年後には亡くなっていること、
そしてその未来を変えるためにやるべきこと。

最初はイタズラかと思った菜穂だったが、
手紙の通りの出来事が起こっていくことから
その内容を信じるようになり、
菜穂は10年後に自分が後悔しないように
運命を変えようと挑むが……。




(CAST)
高宮菜穂⇒土屋太鳳
成瀬翔⇒山崎賢人
須和弘人⇒竜星涼
茅野貴子⇒山崎紘菜
萩田朔⇒桜田通
村坂あずさ⇒清水くるみ
中野幸路⇒鶴見辰吾



監督・脚本⇒橋本光二郎
脚本⇒松居凛子
撮影⇒鍋島淳裕
音楽⇒大友良英

主題歌⇒コブクロ「未来」



高野苺さんの原作コミック「orange」

原作オレンジ

アニメ版が2016年7月より9月まで
BS11、朝日放送他にて放送されました。



原作コミックは未読です。TVアニメも観ていません。


WOWOWのメガヒット劇場にて放送
NHK「まれ」の朝ドラコンビが主役ということなので
HDDに予約録画して観ました。

「orange-オレンジー」のストーリーは
『まれ』とまるで違うのですが
二人がまれとけいたにしか見えなくて
なのであまり映画の世界へ入っていけず…


映画を観ながら
10年後の自分から届いた手紙?
どうやったら届くの?なんて野暮なことを考え
でも須和がパラレルワールドだって言ったよね
なんて妙に納得したりで…
ストーリー意外のことに気を取られてしまった私^_^;


純粋に物語のみの感想で言えば
恋愛・友情・再生がバランスよく描かれ
少女マンガの王道!で面白かったです。
映像もキレイでした。

エンディングロールで流れた主題歌
コブクロの「未来」も映画の世界観にピッタリで
思わず泣きそうに…(T_T)
いい曲ですね♪




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_10




上田秀人さんの「百万石の留守居役シリーズ 1~3」



「波乱(1)」

加賀藩主前田綱紀を次期将軍の候補に!?
大老の狙いは、外様潰しか・百万石の横取りか・?
藩の危機に、若き藩士瀬野数馬が駈ける。

~「帯紙」より~

波乱

内容(「BOOK」データベースより)

加賀百万石。
江戸城の実権を握る大老酒井忠清は、
なんと外様大名の加賀藩主前田綱紀を、
次期将軍に擁立しようとする。
外様潰しの策略か、親藩入りの好機か。
藩論は真っ二つ。
襲撃された重臣前田直作を助けた若き藩士瀬能数馬の運命も、
大きく動き出そうとしていた。





「思惑(2)」

五万石の姫君・琴を国元の金沢に残し
御為派の刺客に狙われる重臣前田直作と
江戸に急行する数馬。待ち受けていたのは!?

~「帯紙」より~

思惑

内容(「BOOK」データベースより)

徳川に藩主を渡せるかといきり立つ御為派。
藩主綱紀は国元で孤立する前田直作を江戸に呼んだ。
数馬がその護衛役に選ばれた。
「堂々たる隠密」と加賀であだ名される
五万石の筆頭家老本多政長は、
出戻りの娘・琴を数馬と娶せる。
その琴を金沢に残し中山道を急ぐ数馬。
無事、峠越えを果たせるか!?





「新参(3)」


新参

内容(「BOOK」データベースより)

五万石の姫・琴と婚約し、異例の若さで
加賀藩江戸留守居役に抜擢された数馬への風当たりは強い。
先任の小沢は藩の秘事を土産に、
なんと幕閣筆頭を狙う老中堀田家に抱えられていた。
留守居役には遊興も宴席も戦場だ。
なれぬ吉原で、言葉の刃で弱みを突いてくる相手に、
数馬は、反撃なるか!?





上田さんの長編シリーズ「百万石の留守居役」
約1年近く本棚で積本になっていたのですが
『表御番医師診療禄』を読んだ勢いで!?
やっと読み始めました。

「百万石の留守居役」1~3巻を一気読み!!
上田さんのシリーズ本、読み始めると止まらないです!


「百万石の留守居役」では将軍家綱から綱吉への
代替わりの時期を描いているので
綱吉の時代を描いた『表御番医師診療禄』と
登場人物が重なっている。
でも前田藩士が主人公の本シリーズと
『表御番医師診療禄』シリーズでは
視点が違うので新鮮で面白いです。

続きをすぐにでも読みたいところですが
図書館で借りた3冊の本があるので
先にこちらを読まなくては…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_09




映画「ジャッジ!」


世界一のテレビCMを決める
サンタモニカ国際広告祭。
無理やり参加させられた
若き広告代理店社員は奇跡を起こせるか? 

妻夫木聡と北川景子共演の
広告業界内幕コメディ。

~WOWOW~



ジャッジ MOVIE

解説(「WOWOW」より)

数々のヒットCMを手掛け、
多くの受賞歴を誇るCMプランナー澤本嘉光の脚本を、
同じく数々の有名CMを手掛けた永井聡監督が映画化。

広告の世界を知り尽くしたスタッフが手掛けただけあり、
CMの裏側を垣間見られる、ちょっと茶化したような
ユーモアがちりばめられている。

どこか某自動車メーカーのCMを見るような実直さを見せる妻夫木と、
そんな彼をどこかでバカにしながらも次第に惹かれていく北川ほか、
業界人のいい加減ぶりを体現するリリー・フランキーや
豊川悦司など、くせ者俳優の共演も見逃せない。





内容(「WOWOW」より)

広告代理店・現通で働く喜一郎は、
情熱は人一倍だが腕はイマイチという落ちこぼれクリエイター。
ある日、彼は上司の大滝から自分の代わりに
サンタモニカ広告祭の審査員をやってくれと頼まれる。

喜一郎は夜ごと開かれるパーティーに
パートナーの同伴が必要だと聞かされ、
仕事も英語もできるが、ギャンブル好きの同僚
ひかりに偽の奥さんになってほしいと頼み込む。
ひかりはラスベガスが近いことから渋々同行を承諾する。


(CAST)
太田喜一郎⇒妻夫木聡
大田ひかり⇒北川景子
鏡さん⇒リリー・フランキー
木沢はるか⇒鈴木京香
大滝一郎⇒豊川悦司
カルロス⇒荒川良々



監督⇒永井聡
撮影監督⇒野田直樹
脚本⇒澤本嘉光
音楽⇒平沢敦士




北川景子さんWOWOWドラマW出演記念
映画特集第二弾「ジャッジ!」観ました。
実はあまり期待せずに観たのですが
かなり面白かったです!

北川景子さんが演じたひかりのツンデレ振りや
一見頼りなさそうに見える喜一郎(妻夫木聡)の
バカ正直キャラが良かった!

登場シーンは短いけれど光っていたのが鏡さん
鏡さん(リリー・フランキーさん)の小ネタ?が
後半になるにつれ徐々に効いてくるあたり
上手いですね~(^_-)-☆


はるか(鈴木京香さん)が作ったCMが
画家・石田徹也さんの世界を彷彿させ
監督がCMディレクターなので
石田さんの絵にインスパイアされたのではないと思いますが
私の脳裏には石田さんの絵が浮かんでしまい
「Toyota Humanity」のCM、とても印象的でした。


ひかりのツンデレ振りが嵌まっていた北川景子さん
『家売る女』(日テレ)が凄く面白かったので
WOWOW連続ドラマW『 ヒポクラテスの誓い』も
今から楽しみです(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_08




映画「謎解きはディナーのあとで」


嵐の櫻井翔と北川景子が共演した
人気TVドラマの劇場版。

シンガポール行きの豪華客船で起きた連続殺人事件。
毒舌の執事とお嬢様刑事という迷コンビが
事件の真相に迫る。

~WOWOW~



謎ときはディナーあとで MOVIE

解説(「WOWOW」より)

東川篤哉のベストセラーを映像化した
TVドラマやスペシャルドラマを経て、ついに映画化。

櫻井演じる毒舌執事の影山と
北川演じるお嬢様刑事の麗子が、
数々の難事件をユーモアたっぷり
かつ鮮やかに解決する爽快さで一躍人気を得た。

今回はシンガポールロケを敢行し、
アジア最大級の豪華客船“Superstar Virgo”で
日本映画初の撮影も行なわれた。

シリーズには欠かせない
名脇役・椎名桔平演じる風祭警部がいい味を出し、
中村雅俊、桜庭ななみほか、
映画版ならではの豪華キャスト共演も見逃せない。




内容(「WOWOW」より)

休暇のクルーズでシンガポール行きの
豪華客船“プリンセスレイコ”号に乗り込んだ、
令嬢の麗子とその執事の影山。

久々の休みに何をしようかと心を躍らせる麗子だったが、
それも束の間、船から奇妙な遺体が海に落とされ、
犯人からの声明文が届く。

船がシンガポールに到着するまであと5日。
それまでに犯人を捕まえなければ、
新たな犠牲者が出るだけでなく、犯人も逃がしてしまう。
影山と麗子は事件の真相解明に乗り出す。



(CAST)
影山⇒櫻井翔
宝生麗子⇒北川景子
風祭京一郎⇒椎名桔平
藤堂卓也⇒桜庭ななみ
石川天明⇒要潤



監督⇒土方政人
脚本⇒黒岩勉
撮影⇒栗栖直樹
音楽⇒菅野祐悟

主題歌⇒嵐「迷宮ラブソング」





東川篤哉さんの原作「謎ときはディナーのあとで 映画」


謎ときはディナーのあとで 原作

内容(「BOOK」データベースより)

シンガポールに向かう豪華客船に乗り、
久しぶりのバカンスを楽しもうとしていた麗子と影山。
しかし、謎の殺人事件が発生し、船内は騒然となる。

そして偶然、“Kライオン”警備のため
同じ船に乗っていた風祭警部も加わり、
事件は迷宮入りの様相を呈し始める。

「お嬢様、今回の事件の真相、皆目見当もつきません」
いつも名推理を披露する影山も、まさかのギブアップ!?
“犯人の姿なきシージャック”でついに麗子が狙われ、
お嬢様を助けるため影山が奮闘する。

容疑者は乗員乗客三千人。
洋上を舞台に、シリーズ史上最大のスケールで
謎解きが行われる映画版を完全ノベライズ!!




原作も未読の上、TVドラマ版も観ていません。

WOWOWの連続ドラマW
『 ヒポクラテスの誓い』で主役をを演じる北川景子さん。
WOWOWドラマ初主演を記念して
映画・北川景子特集
「映画 謎ときはディナーのあとで」
『抱きしめたい -真実の物語-』
『ジャッジ』の3作品を放送!

『抱きしめたい -真実の物語-』は以前観たので
残りの2作品をHDDに予約録画し
「映画 謎ときはディナーのあとで」を早速観ました。
想像以上にベタな映画でしたが…
でもクセになる面白さ?このノリは結構好きです(^^)

ストーリーはありきたりですが
北川さんの演じた麗子お嬢様と
執事の影山(櫻井翔)とのやりとりが面白い!
風祭京一郎(椎名桔平)のあのノリはお約束?
いつもの渋い椎名さんが壊れているのも良かったです♡

サスペンスコメディーとしては微妙な作品でしたが
北川さん見たさに観た映画なので
麗子お嬢様、存分に楽しめました(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_07




「ミケランジェロ・プロジェクト」


G・クルーニーを筆頭に豪華キャストが共演した
戦争エンターテインメント。

ナチスが略奪したヨーロッパ各国の美術品を
取り戻すために結成された特殊部隊の活躍を描く。

~WOWOW~


ミケランジェロ・プロジェクト MOVIE

解説(「WOWOW」より)

R・M・エドゼルのベストセラーを、
監督・プロデューサーとしても活躍する
人気男優クルーニーが監督、主演、製作、脚本を兼ねて映画化。

物語は実在した特殊部隊“モニュメンツ・メン”をもとにしているが、
「大脱走」や「戦略大作戦」といった
戦争エンターテインメントへのオマージュも随所に感じさせる。

クルーニーのほか、M・デイモン、C・ブランシェット、
B・マーレイといった達者な役者陣が出演し、
息の合ったアンサンブル演技で魅了する。
クルーニーとともに製作、脚本を担当したのは盟友G・ヘスロヴ。




内容(「WOWOW」より)

第2次大戦末期のヨーロッパ。
ナチスドイツはヒトラーの命を受け、
侵攻した各国にある彫刻や歴史的名画を略奪していた。

このことに危機感を募らせた
ハーバード大学付属美術館の館長ストークスは、
大統領のルーズベルトにナチスドイツに奪われた
美術品の奪還作戦を認めさせる。

そして、芸術のエキスパート7人で
特殊部隊“モニュメンツ・メン”を結成。
貴重な美術品の行方を追うため、
彼らはヨーロッパ各地の前線へ向かうが……。



(CAST)
・ハーバード大学付属美術館の館長
フランク・ストークス⇒ジョージ・クルーニー

・メトロポリタン美術館のキュレーター
ジェームズ・グレンジャー⇒マット・デイモン

・建築家
リチャード・キャンベル⇒ビル・マーレイ

・イギリス人歴史家
ウォルター・ガーフィールド⇒ジョン・グッドマン

・演劇興行主および美術鑑定家
プレストン・サヴィッツ⇒ボブ・バラバン

・18歳のドイツ系アメリカ人兵士・通訳兼運転手
サム・エプスタイン⇒ディミトリー・レオニダス

・ユダヤ系フランス人美術商
ジャン=クロード・クレルモン⇒ジャン・デュジャルダン

・美術品の行方を知る女性
クレール・シモーヌ⇒ケイト・ブランシェット


監督・脚本・製作⇒ジョージ・クルーニー
脚本・製作⇒グラント・ヘスロヴ
撮影⇒フェドン・パパマイケル
音楽⇒アレクサンドル・デスプラ





原作は、ロバート M エドゼル著
『ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』


ナチス戦略品を救え BOOK

内容
ヒトラーの魔手から、フェルメールの名画を奪還せよ! 
戦時中、歴史的建造物、美術品、文化財は
どのように保護され、救われたのか? 
「モニュメンツ・メン」の奮闘に迫る戦記。






ナチスドイツに略奪された美術品を奪還するために
集められた7人の芸術の専門家「モニュメンツ・メン」
その史実を元に超豪華キャストで映画化

戦争映画が苦手な私…
でも「ミケランジェロ・プロジェクト」は
美術品奪還作戦がメインなので
最後まで興味深く観ることが出来ました。

略奪された美術品を捜索するなか
偶然見つけた金塊の山と金歯
本映画では絶滅収容所について
直接描いておりませんが
かなりショッキングなシーンでした


「ミケランジェロ・プロジェクト」
エンタテイメントとして楽しめましたが
原作本の方がもっと面白いのでは?
原作は未読なので是非読まなくては(^_-)-☆





テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_10_06




映画「at Home アットホーム」


竹野内豊と松雪泰子が共演した異色ホームサスペンス。

幸せそうに見える家族は、
実はそれぞれに事情を抱えていた。
厳しい過去を乗り越え、
彼らは本当の家族になれるのか。

~WOWOW~


at home

解説(「WOWOW」より)

人気作家・本多孝好の短編小説を、
「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」の
蝶野博監督が映画化。

一見、ごく普通の家族に見える森山家だが、
刑務所に入った経験があったり、
家族に虐待されていたりと、
それぞれが人に言えない過去を持っている。

そんな彼らが家族を形成し、
心のつながりを大切にしていくという、
見る者に現代の家族の問題を考えさせる物語になっている。

TVドラマ「重版出来!」の坂口健太郎や
2016年のTVドラマ版「時をかける少女」の黒島結菜など、
今をときめく人気若手俳優陣も出演。





内容(「WOWOW」より)

夫婦と子ども3人の森山家は、
いつも和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。

だが大黒柱の父親・和彦は泥棒で、
母の皐月は結婚詐欺師、
さらに子どもたちもそれぞれに事情を抱えていて、
実は血縁でつながっていない家族だった。

ある日、皐月がターゲットとして付き合っていた
不動産王の息子に素性がばれてしまい、
皐月が空きビルに監禁される事態が。

不動産王の息子は和彦に電話をかけ、
1000万円の身代金を要求してくる。




(CAST)
森山和彦⇒竹野内豊
森山皐月⇒松雪泰子
森山淳⇒坂口健太郎
森山明日香⇒黒島結菜
森山隆史⇒池田優斗
ゲンジ⇒國村隼



監督⇒蝶野博
脚本⇒安倍照雄
撮影⇒木村信也
音楽⇒村松崇継



本多孝好さんの原作「At Home」

at home BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

父は泥棒、母は結婚詐欺師。
僕はパスポート偽造屋で働いており、
弟はゲームの中で世界を救ってばかりいる。

一家はそれなりに平和に暮らしていたが、
ある日、母が結婚詐欺のターゲットに逆に誘拐されてしまう。
犯人に呼び出された父と僕は、
偽札が詰まった紙袋を持って母を助けに向かうが―。

巧妙な伏線が張り巡らされ、
驚きと涙なくしては読めない結末を迎える表題作を始め、
現代の家族のかたちを描ききった傑作小説集。





原作は未読です。
映画はWOWOWの『ウィークエンドエンタ』枠で放送の際
竹野内豊さんと松雪泰子さんが出演しているので
是非観なくては!と録画して観ました。

突っ込みどころ満載の映画でしたが
ハラハラドキドキで面白かったです。


タイトルを見て、コメディータッチのホームドラマ?
そう思いこんで観たのですが
いやはやかなりハードな映画でした。
DV、ネグレクト、泥棒、詐欺師、殺人…
ダークな世界がてんこ盛り!?

森山家の3人の子どもたち
坂口健太郎さん、黒島結菜さん、池田優斗さん
それぞれ影のある役柄でしたが良かったです!

中でも長男役の坂口健太郎さん
爽やかな役から悪役まで
幅広い役柄を演じられる今人気の若手俳優
これからの作品も楽しみですね(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_10_05




上田秀人さんの「表御番医師診療禄」シリーズ4巻~6巻



「悪血(4)」

悪血

内容(「BOOK」データベースより)

大奥の警備に就いていた
御広敷伊賀者が、何者かに襲われた。
女中が事件に関わっているという。

将軍綱吉の命により、
表御番医師の矢切良衛は
江戸城中から御広敷に職務を移し、
真相解明を任されることに。

閉鎖的な女社会に戸惑いながらも、
良衛は大奥に乗り込んでいくが…。
その裏では、綱吉の跡継ぎ問題を巡り、
女たちの様々な思惑が交錯していた―。

勇ましき剣豪医師が悪事に挑む、
書き下ろし時代小説シリーズ、第4弾!





「摘出(5)」
大奥の病巣を抉り出せ。
勇ましき剣術医師が、
権謀術数渦巻く事件を斬る!

~「帯紙」より~

摘出

内容(「BOOK」データベースより)

将軍綱吉の跡継ぎを巡り、
女たちの思惑が渦巻く大奥。
警護の御広敷伊賀者が負傷した事件に、
礼儀指南役の山科の配下が関わっているとの噂が流れた。

将軍の命により、
表御番医師から御広敷に職を移した
矢切良衛は、真相究明を託され、
将軍の側室である伝の方と接触することに。

だが、その矢先、良衛に対する
いくつもの魔手が忍び寄ろうとしていた―。
良衛は度重なる窮地を乗り切れるのか。
書き下ろし時代小説シリーズ第5弾!





「往診(6)」
幕府と朝廷の闇。奸計の渦巻く京へ
医術遊学を許され、
長崎を目指す矢切良衛に、襲いかかる危機。

~「帯紙」より~

往診

内容(「BOOK」データベースより)

大奥で密かに進められていた陰謀を未然に防いだ
御広敷番医師の矢切良衛は、
その褒美として将軍綱吉より
長崎への医術遊学を許された。
同時に寄合医師に昇格した良衛は、
自らの医科を休業し、医術を究めるため江戸を発つ。

一方、幕府内と大奥では、
良衛の出世と遊学を利用せんとする策謀が―。
道中の良衛をつけ、接触する女の伊賀者。
さらに箱根の峠に入った良衛たちに、
謎の刺客たちが襲いかかる。好評シリーズ第6弾!




「表御番医師診療禄」シリーズ
手元にあった6巻を2日で読んでしまいました。

でも主人公の医師・矢切良衛が
やっと長崎に到着したところで6巻が終わったので
続きが気になる!


本シリーズまだ完結はしておりませんが
8巻までは出版済!
最新刊の「乱用(8)」は8月25日発売されたばかり
なので最終回はまだまだですね…。


続きが気になりますが・・・最終回まで待って
まとめて購入した方がいいかしら?
悩みどころです…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_04




上田秀人さんの「表御番医師診療禄」シリーズ1巻~3巻



「切開(1)」

剣豪医師が謎の殺傷事件に挑む
~「帯紙」より~

切開

内容(「BOOK」データベースより)

5代将軍綱吉の治下、表御番医師として
江戸城中の診療に努める矢切良衛。

ある日、大老堀田筑前守正俊が
若年寄の稲葉石見守に斬殺される事件が起こるが、
良衛は様々な不審を抱き、真相追究に乗り出す。
しかし、堀田家を訪れた良衛は、
何者かの襲撃に遭ってしまう。
果たして事件の裏に隠された陰謀とは―。

剣術を備えた医師として
葛藤と苦悩を抱えながらも
果敢に立ち向かう男の生き様を描いた、
時代小説シリーズ、第1弾。




「縫合(2)」
謎の刃傷事件がついに決着!
勇ましき男の姿に、心高ぶる!

~「帯紙」より~

縫合

内容(「BOOK」データベースより)

若くして表御番医師となった矢切良衛は、
大老堀田筑前守正俊が殿中で斬殺された事件に
不審を抱き、解明に乗り出していた。
しかし義父の突然の訪問を受け、
自身の言動を咎められてしまう。

葛藤する良衛だったが、
やがて一連の騒動の裏には、
将軍綱吉を巡る男たちの様々な思惑が
交錯していることが明らかになる。
そして事件は意外な展開を迎えて―。

時代小説の名手が剣豪医師を鮮やかに描いた、
渾身の書き下ろしシリーズ、第2弾!




「解毒(3)」
このなかに裏切り者がいる。
剣豪医師が将軍毒殺未遂事件を追う。

~「帯紙」より~

解毒

内容(「BOOK」データベースより)

五代将軍綱吉に出された昼餉を毒味した真田真之介が、
腹痛を起こし、後日謎の死を遂げた。
大目付の松平対馬守から命じられ、
表御番医師である矢切良衛が事件解決に乗り出すことに。

やがて真田が口にした御膳には
毒が盛られていたことが判明。
江戸城中に綱吉暗殺を企む者がいる。
いったい誰の仕業か。
真相に近づいた良衛は
何者かの襲撃に遭ってしまう…。

正義感あふれる剣豪医師を描いた、
書き下ろしシリーズ、第3弾!




上田秀人さんの「表御番医師診療禄」シリーズ
1巻~3巻を一日で読んでしまいました。

上田さんのシリーズ物は読み始めると止まらない!

物語の起承転結がはっきりしており
上田作品を何度も呼んでいると
先が読めてくるのですが
それがまるで『水戸黄門』のような?
クセになる面白さで^_^;

手元に6巻まであるので
続きを読むのが楽しみです。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_10_03




09  « 2016_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.