日本初公開映画「コンフェッション~ある振付師の過ち~」


ブロードウェイで高評価を受けた戯曲を映画化。

老いたバレエ振付師の男性は
ある夫婦の訪問を機に自分の過去と向き合う。

主演は「X-MEN」シリーズのP・スチュワート。
~WOWOWより~



Match

解説(「WOWOW」より)

2004年にブロードウェイで初上演された戯曲を、
作者S・ベルバー自身が監督して映画化。

主人公役は、舞台版でトニー賞の演劇主演男優賞にノミネートされた
フランク・ランジェラから、実力派スチュワートに交代。

「X-MEN」シリーズのプロフェッサーX役や
TV「新スタートレック」でピカード役を演じたスチュワートだが
元々は英国演劇界の本格派。
本作で高い表現力を見せた。

共演は「スパイキッズ」シリーズのC・グジーノ。
WOWOWの放送が日本初公開。





内容(「WOWOW」より)

ニューヨーク。
若いころはバレエダンサーだったが
振付師を経て、老いた今はひとり暮らしをしながら
ジュリアード音楽院でバレエを教えるトビー。

シアトルの夫婦、マイクとリサから
米国バレエ史について取材したいと頼まれ、
彼らを自宅に招く。

ところが夫婦は1960年代のバレエ関係者の
私生活を知りたがり、ある女性の名を出す。

その女性はマイクの亡くなった母親だが
トビーの元恋人で、マイクはトビーが自分の父親だと疑い…。




(CAST)
トビー⇒パトリック・スチュワート
リサ⇒カーラ・グジーノ
マイク⇒マシュー・リラード


監督・脚本⇒スティーヴン・ベルバー
撮影⇒ルーク・ガイスビューラー
音楽⇒スティーヴン・トラスク



日本初登場となる海外の秀作をセレクトした
WOWOW『ジャパンプレミア』枠で放送。


「コンフェッション~ある振付師の過ち~」
タイトルを見て気になったのでHDDに録画し
何の前情報もなく観ました。
(原題は「MATCH」でしたけどね…^_^;)


バレエの世界を中心に描いているのかと
勝手に決めつけて観たのですが、全然違いました^_^;
バレエのシーンは最初のレッスン風景のみ


リサとマイクがトビーを取材しに来たという設定なので
ほとんどが、リサ、マイク夫妻とトビーの会話劇になっている。


ブロードウェイの舞台を映画化したとのことですが
舞台の方が数倍面白かったのでは?
まるで映画『コーラスライン』のよう…
(舞台が最高だっただけに)
映画としては少々物足りなく感じました。





テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2016_09_09




08  « 2016_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.