WOWOW生田斗真☆映画祭「シーサイドモーテル」


4つの部屋の4つの事件、無事にチェックアウトできるのは誰!?

“シーサイド”とは名ばかりの山奥にあるモーテルを舞台に、
11人の男女の運命が絡み合う群像ドラマ。

~WOWOWより~



シーサイドモーテル MOVIE

解説(「WOWOW」より)

山奥にありながら“シーサイド”と名付けられた寂れたモーテルを舞台に、
ワケありの男女11人の運命が交錯する一夜を描いた群像ドラマ。

岡田ユキオの漫画「MOTEL」を、「スクールデイズ」で注目された
俊才・守屋健太郎監督が映画化した。

インチキセールスマンに扮した生田斗真、
コールガール役を熱演する麻生久美子をはじめ、
山田孝之、玉山鉄二、成海璃子ら豪華キャストが共演。

4つの部屋それぞれで展開する物語が
やがて絡み合っていく構成の妙に加え、
個性派キャストの演技合戦が見どころ。




内容(「WOWOW」より)

海など見えるはずもない山奥に立つ“シーサイドモーテル”。

寂れたこの宿に泊まるインチキセールスマン亀田のもとに
部屋を間違ったコールガールのキャンディがやって来る。
せっかくだからと商談を持ち掛けるキャンディに
負けじと亀田もインチキ化粧品を売り込むが……。

一方、他の各部屋にも借金まみれのギャンブラーや
スーパー経営の社長と夫人
キャバクラ嬢と彼女に入れ揚げる客と
ワケありの男女が宿泊し……。



(CAST)
亀田雅之⇒生田斗真
キャンディ⇒麻生久美子
朝倉陽介⇒山田孝之
相田敏夫⇒玉山鉄二
二宮留衣⇒成海璃子
太田勝俊⇒古田新太
ペペ⇒温水洋一
大田美咲⇒小島聖


監督・脚本⇒守屋健太郎
脚本⇒柿本流
撮影⇒鯵坂輝国
音楽⇒YOUR SONG IS GOOD



8月6日から全国で上映された(まだやっている?)
『秘密ーTHE TOP SECRET』の公開を記念し
主演の生田斗真さんがこれまでに主演した作品5本を
WOWOWの『生田斗真☆映画祭』枠で放送

「シーサイドモーテル」の他
『予告犯』『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』
『源氏物語 千年の謎』『人間失格』を順次放送

最新作の『グラスホッパー』も来月放送予定です!


『生田斗真☆映画祭』第1弾!で放送された
「シーサイドモーテル」、まだ観ていなかったので
とりあえずHDDに録画し寝かせておき
今日やっと観ることが出来ました。


シーサイドモーテルの各部屋で起きた
同じ時間軸の中の出来事が
次々に映像で流れてくるのですが
演じている役者陣が凄い!

これだけの豪華キャストを集めて
どうでもいいようなドタバタ映画を撮った
守屋健太郎監督に拍手!

くだらないけど面白い
でも観た後は何も残らない!?

こういう映画もたまにはいいですね(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_08_30




吉田修一さんの「橋を渡る」


今、この時の選択が
未来を変える――

大切な人の不倫、不正、裏切り
正義によって裁くか、見えないふりをするか
やさしさに流されてきた3人の男女が
立ち止まるとき――

新次元の群像ドラマ、ここに誕生。

~「帯紙」より~



橋を渡る

内容(「BOOK」データベースより)

ビール会社の営業課長、明良。
部下からも友人からも信頼される彼の家に、
謎めいた贈り物が?

都議会議員の夫と息子を愛する篤子。
思いがけず夫や、ママ友の秘密を知ってしまう。

TV局の報道ディレクター、謙一郎。
香港の雨傘革命や生殖医療研究を取材する。
結婚を控えたある日…

2014年の東京で暮らす3人の悩み、ためらい。
果たして、あの選択でよかったのか―





本書「橋を渡る」、構成が面白い!
ホームドラマ風に始まるのですが・・・
興味深く読ませてもらいました。
正しく“新次元の群像ドラマ”でしたよ(^^)

[目次]
【春―明良】
橋を渡る
下町に夕立つ
夏を踏む

【夏―篤子】
願いごと 叶うべし
男たちの言葉涼し
不感の湯につかる

【秋―謙一郎】
快哉を叫ぶ
太鼓に乱れる
鬼がくる

【そして、冬】




エピローグ


五つの章からなる物語ですが
[春・夏・秋]は2015年の出来事
[そして、冬で]は70年後の話
[エピローグ]2015年にもどる


不倫・収賄・自殺・殺人・生殖医療、等々
盛り沢山のエピソードをパズルのように散りばめ
各章にそれとなく絡めていく手腕は流石!
出来あがったパズルに納得です(^_^)v




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_08_28




『映画で会える!K-POPスター特集』第2弾!「明日へ」


人気グループ「EXO」のD.O.が
映画デビューを飾った社会派感動作。

スーパーの非正規雇用従業員たちが、
理不尽な解雇に抗議すべく店内で立てこもりを開始して…。
~WOWOWより~


明日へ

解説(「WOWOW」より)

日本と同じく、非正規雇用の労働者が社会問題化する韓国で
実際に起きたというストライキ事件を題材にした社会派感動ドラマ。

「ビッグ・スウィンドル!」などのヨム・ジョンアが
正社員昇格を約束された矢先、突然解雇通告を受けた
女性従業員の主人公を熱演する。

現代っ子ながらそんな母の身を案じる息子役で
人気K-POPグループ「EXO」のD.O.が
本名のド・ギョンス名義で映画初出演を果たした。

弱い立場のパートタイマーたちが
衝突しながらもやがて団結して
会社組織に立ち向かう姿に感動させられる。





内容(「WOWOW」より)

大手スーパーのレジ係ソニは、
サービス残業にも耐えて必死で働き続けた苦労が実り、
ついに正社員昇格を約束される。

これで息子のテヨンにも新しい携帯電話を買ってあげられると
喜ぶソニだったが、その矢先、
会社の上層部が現場業務の外部委託を決定、
非正規雇用の従業員は一斉解雇されることになった。

納得いかないソニたちは、
話を聞こうともしない会社側に抗議するため、
ついに店内に立てこもってストライキを開始するが…。



ソニ⇒ヨン・ジョンア
テヨン⇒ド・ギョンス(EXO)
ヘミ⇒ムン・ジョンヒ
スルレ⇒キム・ヨンエ
カン・ドンジュ⇒キム・ガンウ
ミジン⇒チョン・ウヒ


監督⇒プ・ジヨン
脚本⇒キム・ギョンチャン
撮影⇒キム・ウヒョン
音楽⇒イ・ジス



映画「明日へ」は、実際に2007年に韓国で起きた
イーランド経営の大型スーパー・ホームエバーと
非正規労働者の闘争を題材としている


この映画で描かれている非正規労働者の実態
韓国だけの問題ではなく
類似することは日本でも起きている
不当解雇をはじめ、パワハラ、マタハラ、ブラックバイト

EXOのD.O.演じるテヨンは
自ら被ったバイト代不払で
母親ソニの立場を理解することに…
悲しいかな、似たような目にあったことで
反発していた母親の気持ちが分かったのよね

その時ソニがテヨンのバイト先の経営者に
啖呵を切ったところが凄くカッコ良かった!
そのおかげでバイト代金が全額支払われ
まぁ当たり前のことですが…だからブラックバイト


韓国封切時の原題は『カート』ですが、
日本では「明日へ」と変更さえれている…どうして!?
私の印象では、原題の『カート』のままでよかったと思うのですが
ラストのテロップを読み(労組の代表3人を除き再雇用した…)
タイトル「明日へ」はちょっと違うような気がしました

権力に押され無力な彼女たちには
権力者へカートを押しつけることしかできなくて…

ラストのカートで押しまくるシーンは
とても迫力があり衝撃的で心打たれました。




テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2016_08_26




映画で会える!K-POPスター特集、第1弾!
「レディアクション 4つの青春」


SUPER JUNIORのドンヘ、
FTISLANDのスンヒョンら人気アイドルたちが豪華出演

韓国の今を生きる若者たちの姿を描いた
青春オムニバスムービー。

~WOWOW~



レディアクション

解説(「WOWOW」より)

兵役や就職、いじめやスクールカーストなど、
“今”を生きる韓国の若者たちが抱えたさまざまな悩みを題材に
4つのストーリーが展開する青春オムニバスムービー。

SUPER JUNIORのドンヘ
FTISLANDのスンヒョン
4Minuteのジヒョンなど
K-POP界の人気アイドルであり
俳優業にも進出した“演技ドル”たちをはじめ
ソ・ウナ、パク・ソダムなど
注目の若手スターが大挙出演した。

等身大の役柄に扮する彼ら、彼女らのフレッシュな演技と
リアルな青春模様を楽しみたい。





『噂』
生徒会長ジョンウは、
恋人ヘリのいかがわしい動画が
流出したという噂に悩まされる。

監督⇒キム・ジンム
脚本⇒キム・ジンム/キム・イェラン
(CAST)
イ・ジョンウ⇒イ・ドンヘ(SUPER JUNIOR)
ヘリ⇒ウリン


『訓練所へ向かう道』
兵役で訓練所へと向かうマンジェは、
訳あって先輩からに追われる友人ジョングの
逃亡を手伝うはめになり……。

監督・脚本⇒パク・ガヒ
(CAST)
スンア⇒ナム・ジヒョン(4Minute)
ジョング⇒クウォン
マンジェ⇒チョン・ヘイン


『世間に信じられる者はなし』
銀行襲撃を成功させた強盗団の男たちが、
やがて互いに疑心暗鬼に陥って……。

監督・脚本⇒チュ・ソンス
(CAST)
イ教授⇒ソン・スンヒョン(FTISLAND)
キム社長⇒チェ・ヨンソン


『プレイガール』
学園に君臨する女子グループが、
ある転校生によって団結を崩していく。

監督・脚本⇒チョン・ウォンシク
(CAST)
ゴウン⇒ソ・ウナ
ヨンジュ⇒パク・ソダム



K-POPのスターが出演している
4つのオムニバス青春映画
結構期待して観たのですが…

感想を一言で言うと
気が滅入ってしまう映画!?

韓国の若者たちが抱える
さまざまな悩みを描いている
それはそれでいいのだけれど
でもそれだけじゃね…。

4作目のスクールカーストを描いた
『プレイガール』は、早送りで観てしまったほど…
いや、4作目はほとんど観ていない
映像を目で追っていただけ^_^;


ちゃんと観た3作品に関して言えば
最後に“エッ!”と思わせるシーンがあり
どんでん返し的な?終り方は面白かったです。




テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2016_08_24




「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」


プルトニウムを奪ったテロリストが標的を東京に定めた。

警察庁、警視庁、海保、それぞれの特殊部隊員は
日本を守り切れるのか。

向井理、綾野剛共演の人気TVドラマ劇場版。
~WOWOWより~



S最後の警官 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

日本の警察組織に実在するSATとSITに次ぐ
第3の“S”=特殊部隊として創設されたという設定の架空組織、
警察庁特殊急襲捜査班NPSの活躍を描く人気TVドラマの劇場版。

単独でも楽しめるように作られているが、
オダギリジョー演じるテロリストとの因縁や
登場人物たちの人間関係はTV版から引き継がれており、
併せて観ればより熱中度は高まるだろう。

主演の向井理とライバル役の綾野剛に
新垣結衣、吹石一恵らレギュラー陣が再結集、
もう一つの“S”海上保安庁SSTも加わり
大スケールの物語が展開する。




内容(「WOWOW」より)

NPS隊員の神御蔵とSAT隊員の蘇我、
親友にしてライバルの2人は
それぞれの場所で自らの闘いを続けていた。

あるときバスジャック事件が発生、
NPSが現場へ急行する。

だが犯人からの要求はなく、
時間だけが過ぎる状況に
神御蔵たちは不穏なものを感じる。

一方、太平洋上では
大量のプルトニウムを載せたタンカーが乗っ取られ、
東京湾へと船首を向けていた。
その主犯は、神御蔵と蘇我の宿敵である
国際テロリスト、正木だった。



(CAST)
神御蔵一號⇒向井理
蘇我伊織⇒綾野剛
林イルマ⇒新垣結衣
棟方ゆづる⇒吹石一恵
中丸文夫⇒高嶋政宏
霧山六郎⇒近藤正臣
正木圭吾⇒オダギリジョー
香椎秀樹⇒大森南朋


監督⇒平野俊一
脚本⇒古家和尚
撮影監督⇒山本英夫
撮影⇒小林純一
音楽⇒高見優・木村秀彬

主題歌⇒MISIA「流れ星」




TBSドラマ『Sー最後の警官』

S最後の警官 ドラマ



原作コミック『S-最後の警官』

S最後の警官 マンガ
全20巻・完結


「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」
映画はWOWOWの『メガヒット劇場』枠で放送の際
HDDに予約録画して観ました。

原作コミックの存在も知らず
連続ドラマ版も観ていません。

ドラマ版を観ていたらもっと楽しめたかな!?
神御蔵の正木へのこだわりが
いまひとつ伝わらなかった…^_^;


テロリストと特殊部隊の攻防という
かなりハードな内容なので
どちらかというと苦手なジャンルですが
エンターテイメント作品として楽しめました。

同じ内容の韓国映画だとしたら
あまりにもリアルで観るのを諦めたかも?

邦画特有の万人受けを狙ったアクション映画?
私にはちょうど良かったです!
俳優陣もイケメン&美女揃いで
目の保養になりラッキー(^_-)-☆



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_08_16




恩田陸さんの「タマゴマジック」


窓から謎の卵が降り
赤い犬が宙に浮かぶ――

東北の中心・S市で起きた奇怪な出来事
宇宙人襲来か、はたまた都市伝説か?

恩田ワールドが東北で炸裂する
仙台出身の著者が放つミステリー集

震災後の都市の苦悩を描く書き下ろし
『魔術師二〇一六』も収録

~「帯紙」より~



タマゴマジック

【目次】
・魔術師 一九九九
・ブリキの卵/この世は少し不思議(エッセイ)
・魔術師 二〇一六
・あとがき


「魔術師 一九九九」は、
(地の巻・人の巻・天の巻)から成る短編です。
(地の巻)で起こった事件の話を
(人の巻)で関根多佳雄が貝谷から聞いている
その事件の謎を(天の巻)で関根が読み説く
なかなか面白い構成の短編でした。
 

「ブリキの卵/この世は少し不思議」
(ブリキの卵・12編)は、河北新報で連載していた短編小説
仙台市内を舞台にし、写真部の撮った写真を
挿画の代わりに付けている。
(この世の少し不思議・11編)は、
別の時期に連載で書いていたエッセイ
数がちょうど合うので
サンドイッチのように互い違いに収録


「魔術師 二〇一六」は
(ブリキの卵/この世は少し不思議)のサンドイッチを
さらに「魔術師」で挟むために
「魔術師」を(魔術師一九九九)と改名し
(魔術師二〇一六)を書き下ろしで収録。
(魔術師二〇一六)に関根春が登場している
春は、(魔術師一九九九)に登場した多佳雄の息子
ちなみに二人は、恩田さんのデビュー作
『六番目の小夜子』の主人公・関根秋の父と兄です。


恩田さんの不思議ワールドに最初は…!?
普通の小説と思って読んだので
本編を読んでもつかみどころがなく…
いまいちかな?と思っていましたが
「あとがき」を読んで納得!
なかなか面白い試みでしたね(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_08_14




伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングは三つ数えろ」


絶体絶命のカウントダウン!

嘘を見抜く名人
天才スリ、演説の達人
精確な体内時計を持つ女――

史上最強の天才強盗4人組みに
強敵あらわる!

~「帯紙」より~



陽気なギャングは三つ数えろ

内容(背表紙より)

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、
消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。
だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。

正体に気づかれたギャングたちの身辺で、
当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。
蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、
人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!

必死に火尻の急所を探る四人組に、
やがて絶体絶命のカウントダウンが!




目次を見ただけでも面白さが伝わります(^^)

第一章 
悪党たちは久々に銀行を襲い
小さな失敗をきっかけに
トラブルに巻き込まれる。いつものこと。
――おとなしくできないなら、
せめて気をつけてやれ。

第二章
悪党たちは降りかかる火の粉を払うため
何が起きているのかを探るが
払えば払うほど火の粉がまとわりつく。
――眠っている犬は
できるかぎり寝かせておけ。

第三章
悪党たちは事件の構図に気づくが
相手の後手に回る。
――1インチ与えれば1ヤード取られる。

第四章
悪党たちは別の悪党から逃れるために
必死に行動するが
予定通りに物事が進まない。
――計画を立てるのは人だが
成敗するのは天だ。


陽気なギャング一味のいつもの4人
ホントいいキャラしています。

相手の嘘を見抜ける、公務員の成瀬
言葉を自由自在に操る演説の名人、喫茶店主の響野
人間以外の生き物が大好きな、天才スリの久遠
正確な体内時計を持つ、天才ドライバー雪子


たまたまホテルで鉢合わせしたことで
ハイエナ記者・火尻につけ狙われることになった久遠

久遠の回りをしつこく嗅ぎまわる火尻に
成瀬、雪子の弱みまで握ぎられてしまう…


個性豊かな登場人物描写
スピーディーなストーリー展開
散らばるピースのラストでの回収など
伊坂節満載でホント面白かったです!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_08_10




森博嗣さんの「すべてがFになる」


孤島での殺人。
すべてはここから始まった。

~「帯紙」より~



すべてがFになる BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

孤島のハイテク研究所で、
少女時代から完全に隔離された生活を送る
天才工学博士・真賀田四季。

彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい
両手両足を切断された死体が現れた。

偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と
女子学生・西之園萌絵が、
この不可思議な密室殺人に挑む。

新しい形の本格ミステリィ登場。






ドラマ版『すべてがFになる』

すべてがFになる ドラマ


内容情報

2014年10月~12月(全10話)フジテレビ系で放送。

14歳のとき両親殺害の罪に問われ、以来15年間、
孤島のハイテク研究所に幽閉されている天才工学博士・真賀田四季。

完全に隔離され警察の監視下にあった彼女の部屋から
ウエディングドレスをまとった花嫁姿の死体が現われた。

密室に残されていたのは、
コンピュータのディスプレイに記されていた
「すべてがFになる」という言葉だった・・・。



(CAST)
西之園萌絵⇒武井咲
犀川創平⇒綾野剛
国枝桃子⇒水沢エレナ
浜中深志⇒岡山天音
真賀田四季⇒早見あかり
喜多北斗⇒小澤征悦
鵜飼大介⇒戸次重幸
片桐誠人⇒坂本真
西之園捷輔⇒吉田鋼太郎


脚本⇒黒岩勉・小山正太
演出⇒城宝秀則・小椋久雄・小林義則
制作⇒フジテレビ

主題歌⇒ゲスの極み乙女。「デジタルモグラ」





アニメ版「すべてがFになる」


すべてがFになる アニメ




霜月かいりさんのマンガ版「すべてがFになる」


すべてがFになる マンガ



アニメ版とマンガ版の存在は知らなかった…

実は、放送当時のドラマ版も1話のみ観て
2話から予約録画を解除してしまい…
なので最終回まで観ていません

原作を読み終えかなり面白かったので
ドラマを最後まで観なかったことを今更ながら後悔…

1話を観て『金田一少年の事件簿』もどき?
と勝手に決めつけてしまい…
似たようなドラマならいいか
ということで予約録画を解除してしまった^_^;

ちなみに『金田一少年の事件簿』
放送当時かなり嵌まっていたドラマです(^^)


森博嗣さんの小説を読んだのは
『スカイ・クロラ』シリーズ全巻と
『トーマの心臓』ノベライズ版のみ

『トーマの心臓』は面白かったのですが
『スカイ・クロラ』が難解だったこともあり
森作品、今まで敬遠していました…^_^;



※2014年2月のブログでスカイクロラ紹介済です
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-entry-74.html


でも姉に薦められ読むことに
姉はドラマを観て面白かったので
小説を購入し読んだとのこと
(その小説が今私の手元に)


「すべてがFになる」(S&Mシリーズの第1巻)
S&Mシリーズ全10巻を読破したい!
そう思わせてくれるほどの面白さでした。


TVを1話のみでも観たお陰で
犀川が綾野剛さんのイメージになるのでラッキー(^_-)-☆
これから読むであろうシリーズでも
綾野剛さんが登場してくれるかしら!?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_08_07


「あん」

Category: 映画 > ・邦画  


樹木希林さん主役映画「あん」


どら焼き屋の雇われ店長の前に、
働かせてほしいと言ってある日現われた老婦人。

彼女が作る粒あんの味は、絶品だった…。

樹木希林、永瀬正敏の共演で贈る感動の人間ドラマ。

~WOWOW~



あん MOVIE

解説(「WOWOW」より)

初の商業長編映画「萌の朱雀」が
第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)に輝いて以来、
海外でも多くのファンを持つ河瀬直美監督。

彼女が、先に「朱花の月」に明川哲也名義で俳優として出演した
ドリアン助川の同名小説を、
やはり同作に出演した樹木希林を主役に迎えて映画化。

ともに暗い過去を持つ、どら焼き屋の雇われ店長である中年男性と
あん作りの名人である老婦人が織り成すドラマを、
人生の哀歓を込めながらじっくりと描き、
味わい深い感動作に仕上がった。

共演は、樹木の実孫にあたる内田伽羅。





内容(「WOWOW」より)

とある町でどら焼き屋の雇われ店長として働く、
ワケありの中年男性の千太郎。

ある日、私をここで働かせてほしいと言う、
ひとりの老婦人が彼の前に現われる。

名前は徳江で年齢は76歳と自己紹介する彼女に、
千太郎はつい尻込みしていったんはそれを断わるが、
彼女お手製の粒あんを試しに味見してそれが絶品の味だったことから、
徳江に店を手伝ってもらうことに。

やがて口づてに評判が広まり、
店は繁盛するようになるのだが…。



(CAST)
徳江⇒樹木希林
千太郎⇒永瀬正敏
ワカナ⇒内田伽羅
佳子⇒市原悦子
ワカナの母⇒水野美紀



監督・脚本⇒河瀬直美
撮影⇒穐山茂樹

主題歌⇒秦基博「水彩の月」






ドリアン助川さん原作『あん』


あん BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

線路沿いから一本路地を抜けたところにある小さなどら焼き店。

千太郎が日がな一日鉄板に向かう店先に、
バイトの求人をみてやってきたのは
70歳を過ぎた手の不自由な女性・吉井徳江だった。

徳江のつくる「あん」の旨さに舌をまく千太郎は、
彼女を雇い、店は繁盛しはじめるのだが…。

偏見のなかに人生を閉じ込められた徳江、
生きる気力を失いかけていた千太郎。
ふたりはそれぞれに新しい人生に向かって歩きはじめる―。

生命の不思議な美しさに息をのむラストシーン、
いつまでも胸を去らない魂の物語。





原作『あん』は未読です。

映画「あん」は、WOWOWの『W座からの招待状』
ベストセレクション枠で放送されたので、
HDDに録画して観ました。



映画「あん」、映像がとても美しく
キャストも素晴らしい


ハンセン病や偏見、元犯罪者と孤独など
重いテーマを扱った内容でしたが
BGMを上手く使い
(BGMは、暮らしの音、風の音、ピアノの優しい音色)
ドキュメントのように描かれたことで
極端に暗くならずにすんだ!?
静謐で優しい映画になっていました。


樹木希林さんと
お孫さんの内田伽羅さん
二人のシーンは微笑ましくて
温もりを感じました。

千太郎役の永瀬正敏さん
徳江役の樹木希林さんの二人は
実在の人物?と思わせるほど
リアルな存在感で素晴らしかったです。


河瀬監督ならではの
美しい映像に魅せられた
心に響くいい映画でした。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_08_01




07  « 2016_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.