映画「天空の蜂」


テロリストはジャックしたヘリを高速増殖炉に墜落させて
大事故を起こすと当局を脅すが……。

江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵らが共演。
堤幸彦監督の社会派サスペンス大作。
~WOWOW~



天空の蜂 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

人気作家の東野圭吾が1995年
(オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした年)
に発表した小説を、20年後の2015年に映画化。

2011年に福島第一原子力発電所事故が起きた後の日本で、
映画が取り上げるとしては難しい題材に
TVと映画にまたがる「SPEC」シリーズの鬼才・堤幸彦監督が挑み、
まるで21世紀版「新幹線大爆破」を思わせる、
骨太のサスペンスアクションを実現。

善悪の彼岸を超えたような役における
本木の熱演もあり、邦画の常識を覆す、
戦慄の社会派エンターテインメントに仕立ててみせた。





内容(「WOWOW」より)

1995年8月8日。航空自衛隊に納入されるはずの
最新大型ヘリ“ビッグB”は予定と異なり、
設計した湯原の幼い息子を乗せて、
福井県にある高速増殖炉の上空に到着する。

“ビッグB”を遠隔操作する、
“天空の蜂”を名乗る謎の人物は政府に対し、
日本の全土にある原発の破棄を要求してくる。

湯原は同じ会社の同期で、
高速増殖炉を設計した三島と協力し合い、
息子の救出と“ビッグB”の墜落阻止に全力を挙げるが…。



(CAST)
湯原⇒江口洋介さん
三島⇒本木雅弘さん
赤嶺⇒仲間由紀恵さん
雑賀⇒綾野剛さん
室伏⇒榎本明さん
中塚⇒國村隼さん
佐久間⇒光石研さん
今枝⇒佐藤二朗さん



監督⇒堤幸彦さん
脚本⇒楠野一郎さん
撮影⇒唐沢悟さん
音楽⇒リチャード・プリンさん

主題歌⇒秦基博「Q&A」



WOWOW『メガヒット劇場』枠で放送
録画して観ました。

東野さんの原作が面白かったので
とても楽しみにしていましたが…

原作と設定が多少違っており
肝心な部分がぼやけていたように感じました。

原作の印象を、2014年5/21当ブログで
「天空の蜂」ー人質は日本国民と題して紹介しております
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/category17-2.html

そのブログを見て記憶を手繰り寄せましたが
やはり原作の言わんとしていることが
焦点がずれているような!?


とは言え、この作品を映画化したというだけでも
拍手喝采です!
一昔前なら絶対に映像化は無理だった
それをエンターテインメント作品としても
十分に楽しませてもらえた上
原発の安全神話は幻想なんだと
今一度思い起こさせてくれた

松竹と堤監督のタブーを打ち破った勇気に
心から賛辞を送りたい

役者陣の迫真の演技も素晴らしく
特に綾野剛さん、本木雅弘さんの
鬼気迫る演技は凄かった。
メガヒット作品になったのも頷けます。

まだご覧になっていない方へ
原作&映画「天空の蜂」
是非お薦めしたい作品です。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_06_20




05  « 2016_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.