恩田陸さんの「消滅 VANISHING POINT」


この中にテロリストがいる!!

超大型台風が接近し封鎖された空港で、
別室に連行された11人(+1匹)。

この中に、テロを計画する首謀者がいるという。

それぞれが秘めた「事情」「思惑」は何か?
閉鎖空港での推理合戦が始まった!

~帯紙より~



消滅

内容(「BOOK」データベースより)

202X年9月30日の午後。
日本の某空港に各国からの便が到着した。

超巨大台風の接近のため離着陸は混乱、
さらには通信障害が発生。

そして入国審査で止められた11人(+1匹)が、
「別室」に連行される。
この中に、「消滅」というコードネームの
テロを起こす人物がいるというのだ。

世間から孤絶した空港内で、
緊迫の「テロリスト探し」が始まる!

読売新聞好評連載小説、ついに単行本化。





本書を読みながら
まるで舞台を観ているような錯覚に?


空港の入国審査で足止めされた11人と犬一匹
閉鎖された空間で次第に追い詰められていく人々の
人物描写、心理描写がお見事!


足止めされた人が11人だったので
萩尾望都さんの『11人いる!』をすぐに思い浮かべ
それならエンディングはタイトルの「消滅」のような
物騒な事にはならないのでは?と
勝手に決め込んで読んでいました。

突然のアラームと爆発音のプロローグも似ている?
『11人いる!』でのタダのような
透視少年?までもが登場してきて…
となるとキャサリンは『11人いる!』での石頭?
さすがにそれはないですね^_^;


かなりの長編ですが、とても読み易いので
一気に読むことが出来ました。

エンディングには賛否両論あるかもしれませんが
私としては、スッキリと終わってくれたので
良かったのかなと…グレーじゃなかった
恩田作品のほとんどが余韻を残したエンディングなので


ところで何が消滅したの?
そこは知りたかった!
読者の解釈にお任せですかね?

…やっぱり恩田さんでした
…多少余韻あり…^_^;


私の読みとり不足で消滅したことに気付かなかった?
そちらの可能性の方が大きいかも…^_^;

興味のある方は、是非読んで「消滅」を確認して下さい♪




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_06_12




05  « 2016_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.