米澤穂信さんの「王とサーカス」


わたしはまだ、
なにをも知ってはいないのだ。
ひとにものを訊く意味も、
ひとにものを伝える意味も。

~帯紙より~



王とサーカス

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、
知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、
事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、
穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。

太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、
そんな彼女を嘲笑うかのように、
彼女の前にはひとつの死体が転がり…。
「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?

『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、
太刀洗万智は異邦でふたたび、
自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。

二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた
壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!





ジャーナリズムにとっての正義とは?

取材で得た事実を取捨選択し報道することで
センセーショナルな物語を捏造しているのでは?

本書の主人公、フリーの記者・太刀洗万智は
海外旅行特集の事前取材でネパールを訪れていた
そこで偶発的に起きた王族殺害事件に遭遇
必然的に事件を追うことになるのだが
万智が情報を得るために接触した人物が
死体として発見される…背中に刻まれた文字
彼は自分と会ったことで殺されたのか?

真実を伝えるため取材を続ける万智
彼女は何を取捨選択したのか…


ミステリーとしても面白い作品ですが
ジャーナリズムが陥る問題に言及する等
社会派ドラマとしても読み応え十分!
とても深く考えさせられる秀作でした。

タイトルの「王とサーカス」
読む前は明るく軽快な印象でしたが
読後は真逆に!…深遠なタイトルだったのね^_^;





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_27




04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.