松山ケンイチさん主演の映画「天の茶助」


人間の人生の台本を作る天界の住人が、
死ぬ運命にあった女性を救おうと下界へと降りていくのだが…。

SABU監督と主演松山ケンイチのコンビによる奇想天外コメディ。

~WOWOW~



天の茶助 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

「ポストマン・ブルース」などの個性派SABU監督が、
「うさぎドロップ」に続いて松山ケンイチを主演に迎えた
奇想天外にしてハートウォーミングなファンタジーコメディ。

舞台は、人間の運命が天界の脚本家たちの書き記す
シナリオによって決められているという世界。

そんな天界で茶番頭を務めていた男が、
死すべき運命にあったヒロインを救おうと人間界に降臨、
天界のルールを無視した大騒動を巻き起こす。

展開が予測できない疾走感あふれるストーリーは、
脚本も手掛けるSABU監督の真骨頂だ。






内容(「WOWOW」より)

天界。ここでは無数の“脚本家”が、
人間ひとりひとりの人生のシナリオを記していた。
人間たちはシナリオ通りに人生を送り、あるいは終えるのだ。

そんな天界で脚本家たちに茶を配る茶番頭の茶助は、
体は悪くないのに口が利けなくなった女性、ユリを気に掛けていた。

だが、彼が脚本家に不用意なことを言ったばかりに、
彼女は事故死する運命にされてしまう。
責任を感じた茶助は彼女の人生を書き換えるべく、
下界へ向かうのだが……。




(CAST)
茶助⇒松山ケンイチさん
新城ユリ⇒大野いとさん
種田潤一⇒大杉漣さん
彦村ジョー⇒伊勢谷友介さん
チャーリー・ポン⇒田口浩正さん
茶子⇒玉城ティナさん
康夫⇒今野浩喜さん
黒木⇒寺島進さん



監督・脚本⇒SUBUさん
撮影⇒相馬大輔さん
音楽⇒松本淳一さん





WOWOWで放送されたので録画して観ました。
あまり期待せず観たのですが
思いのほか面白かったです。

内容うんぬんよりも映像が!?
沖縄で撮影された映画なので
南国特有のエキゾチックな世界感
エネルギッシュさが画面から伝わり
市場の中を走り回るカメラの疾走感もよかった!


内容は、天使(茶助)が天界から下界に降り立ち
ヒロインを救うお話…よくある話ですが
映画のところどころに出てくるパロディー
『タイタニック』には思わず笑いが…^_^;
パロディーのネタ元を思い浮かべて観るとさらに面白い!?

でも、血腥いシーンもあり結構ブラック
出てくるエピソードも、それありなの…?

まぁ、ファンタジー映画なので
そう思って観れば許容範囲かな^_^;


沖縄のエイサーや迷路のような市場のシーン
とても印象的でした。
そして冒頭の茶助が天界から飛び降りるシーン
沖縄の城壁?その映像もよかったです。


ファンタジー映画だと思っていなかったので
いろいろな意味で楽しめた映画でした(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2016_05_16




04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.