道尾秀介さんの「シャドウ」


少年はただ、父とのささやかな幸せを
願っただけだったのに――。
~「帯紙」より~



シャドウ BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

人は、死んだらどうなるの?
―いなくなって、それだけなの―。

その会話から三年後、凰介の母は病死した。
父と二人だけの生活が始まって数日後、
幼馴染みの母親が自殺したのを皮切りに、次々と不幸が…。

父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、
苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?

いま最も注目される俊英が放つ、巧緻に描かれた傑作。




第七回本格ミステリ大賞受賞作。


道尾さんの著書を久々に読みましたが
ミステリー、サスペンスとしての伏線がしっかりと描かれ
その枠を外さずにエンディングへと導いていく
緻密な構成力、丁寧な人物描写は流石です!

あちらこちらに散らばったピースを
きちんと回収したエンディング
無理のないストーリー展開
ちゃんと納得できましたよ(^_^)v 
面白かったです!


母親の病死、自殺、性犯罪、精神疾患と
とても辛い出来事が次々と起こるので
暗く救いのない物語なのかな?と思って読んでいましたが
思いのほか読後感は爽やかでした。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_04_05




03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.