「おみおくりの作法」

孤独死した人たちを静かに見送る仕事に従事する
ひとりの中年公務員を主人公に、
彼の地味でささやかな人生を心温まるタッチで描き、
世界中で好評を博した珠玉の感動ドラマ。

~WOWOW~


おみおくりの作法 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

ひとりぼっちで寂しく亡くなった人たちの身辺整理をし、
彼らの最後の旅立ちを静かに見送る、ロンドンの民生係ジョン。
自らも妻子を持たず、孤独でわびしい日常生活を送る中、
故人をあの世へ安らかに送り出すために心を尽くす彼の誠実な姿を、
「思秋期」や「戦火の馬」で知られるイギリスの実力派の性格俳優、
E・マーサンが味わい深く好演。

地味な題材の小品ながら、
世界中で幅広い観客の共感と支持を集め、
日本でも当初の単館公開から口コミで輪が広がり、
100館以上へと拡大上映される異例のヒット作となった。




内容(「WOWOW」より)

ロンドンのとある地区の民生係として、
孤独死した人たちの身辺整理をし、
その葬儀を手配する仕事に携わる、
44歳の独身男性ジョン。

皆が敬遠しがちなその仕事に
長年誠心誠意取り組んできたジョンだったが、
ある日、彼の住居のすぐ近所で
老人がまたもや孤独死していたことを知り、
すっかり落ち込むことに。
その上、役所の経費削減のため、
解雇を言い渡されたジョンは、
最後の案件となった故人の人生をたどる旅へと出発する。



原題⇒「Still Life」
製作年⇒2013年
製作国⇒イギリス・イタリア
内容時間⇒92分


(CAST)
ジョン・メイ⇒エディ・マーサン
ケリー⇒ジョアンヌ・フロガット
メアリー⇒カレン・ドルーリー
ジャンボ⇒キアラン・マッキンタイア
プラチェット氏⇒アンドリュー・バカン


監督:製作:脚本⇒ウベルト・パゾリーニ
製作⇒フェリックス・ヴォッセン:クリストファー・サイモン
撮影⇒ステファーノ・ファリヴェーネ
音楽⇒レイチェル・ポートマン





WOWOWの『W座からの招待状』で放送されたので
「おみおくりの作法」予約録画して観ました。
実はあまり期待せず“ながら観?”してしまい・・・^_^;
ラストに号泣してしまったのには我ながらビックリ!?
もう一度ちゃんと最初から観直しました。


映像やストーリーがおしつけがましくないのは
イギリス映画も日本映画の空気感と近い?
(映画にもよりますが・・・)
心にそっと温もりを灯してくれる
静謐で洗練された良質な映画でした

「おみおくりの作法」のタイトルから
日本映画の『おくりびと』を連想してしまいますが
本作の内容はどちらかというと『アントキノイノチ』に近い?


孤独死した人々の最後を見送る民生係のジョン
主人公を演じたエディ・マーサンがとても良かった。


それにしてもタイトルをどうして「おみおくりの作法」に?
『Still Life』のままでよかったのでは?
原題の方がお洒落ですよね(^_-)-☆






テーマ : 最近見た映画    ジャンル : 映画
 2016_03_22




02  « 2016_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.