柚木麻子さんの「あまからカルテット」


女子校時代からの仲良し四人組も、いよいよ三十歳目前。
恋に仕事に押し寄せる悩みを、
美味しい料理をヒントに無事解決へ導けるか!?




あまからカルテット



内容(「BOOK」データベースより)

女子中学校の頃から仲良し四人組の友情は、アラサーの現在も進行中。

ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子は、
それぞれ容姿も性格も違うけれど、恋に仕事に悩みは尽きず…

稲荷寿司、甘食、ハイボール、ラー油、おせちなど
美味しいものを手がかりに、無事に難題解決なるか!?




本書の売りは?なんといっても食べ物の描写につきる!?

表紙の写真からも分かるように”美味しそう”なので
お腹がすいている時に読むと結構辛いかも?
特に夜中に読むのはやめた方がいいですね^_^;
本文にレシピの描写もあり、味も想像できるので?尚更食べたくなる!?


『恋する稲荷寿司』⇒ピアノ講師・咲子の物語
オクテの咲子が花火大会で出会った憧れの君を探せ!
ヒントは、タッパーに残った稲荷寿司のみ!?

『はにかむ甘食』⇒料理上手な主婦・由香子の物語
主婦・由香子がネットバッシングされたことでひきこもりなってしまい
そんな由香子の窮状を救うため、3人はノンちゃんを探すことに!

『胸さわぎのハイボール』⇒美容部員・満里子の物語
満里子の彼の発したひと言
「ユキコー、ハイボールおかわり!」
美貌の満里子に強敵あらわる?

『てんてこ舞いラー油』⇒編集者・薫子の物語
完璧主義者・薫子の唯一の弱点は、家事。
会社の同僚バキさんと結婚した薫子
中庭の素敵なマンションに引っ越してきたのはいいけれど
マンションの住人や姑とのやりとりが薫子を追いこむ?

『おせちでカルテット』⇒4人それぞれの物語
大雪の大晦日、はなればなれの親友を襲った災難とは?
家事の苦手な薫子の為に、大晦日の夜は
4人揃っておせちを作るはずだったのだが…。


本書は、4人に起こる様々な問題を
食をメインに次々に解決していく連作短編集です。が、
仲良し4人組の物語よりもレシピに気がいってしまうのは何故?
柚木さんって、食べ物の描写が上手いんですよね
特に稲荷寿司編では、作ってみようかな?と思ってしまうほど

ただ『ランチのアッコちゃん』シリーズのような
心にグッと迫ってくる物語ではなかった
アッコちゃんシリーズを期待して読んだので
私としては少し物足りなかったかな…^_^;

でも読後感はさっぱりしているので
電車での移動中など軽く読みたいときにお薦めです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_17




01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.