湊かなえさんの「リバース」


「人殺し」と書かれた告発文。
唯一の闇を、告白するときがきた。

深瀬和久は平凡を絵に描いたようなサラリーマンで、
趣味らしいことといえばコーヒーを飲むことだった。

その縁で、越智美穂子という彼女もできて
ようやく自分の人生にも彩りが添えられる。
と思った矢先、謎の告発文が彼女に送りつけられた。

そこにはたった一行、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれていた。
深瀬を問い詰める美穂子。
深瀬は懊悩する。
ついに“あのこと”を話す時がきてしまったのか、と。
                 ~「帯紙」より~




リバース

内容紹介

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。
今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、
平凡を絵に描いたような男だ。
趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、
敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。
そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。
それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。
豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。
深瀬は毎日のようにここに来ている。

ある日、深瀬がいつも座る席に、
見知らぬ女性が座っていた。
彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。
その後もしばしばここで会い、
やがて二人は付き合うことになる。
そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、
二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。
美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が
送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。

深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、
ある出来事を美穂子に話し始める。
全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。
そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた
大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。
”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。
真相を探るべく、深瀬は動き出す。



私にとって本書「リバーズ」は
今までに読んだ湊作品の中で一番衝撃が大きかった
読後もかなり引き摺りました…^_^;

今までの湊作品では、人の持つ悪意を
意図して、あるいは無意識に相手にぶつけてしまう
そんな作品が多かったのですが
本作では思いもよらないことで
大切な友人を失うことに…
それは誰の身にも起こりうること
ラストのひと言に凍りついてしまい絶句

ネタバレになるので詳しくは書けませんが
日常に潜む恐怖に戦慄した作品でした

湊さんは警鐘を鳴らすために本書を書いたのかしら!?
知らないとホントに怖いですからね

何が怖いのか伝えられずスミマセンm(__)m
気になる方は、是非「リバース」を読んで下さい




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_07




01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.