鈴木英治さんの「大脱走(裏切りの姫)」


崩壊寸前の甲斐・武田家。
信玄の娘・千鶴は、危険な脱走に賭ける!
           ~「帯紙」より~




大脱走

内容(「BOOK」データベースより)

長篠の合戦から7年、滅亡の淵に立つ武田家。
駿河を任されていた親族衆筆頭の穴山信君も
密かに徳川方への寝返りを画策していた。

武田勝頼の馬廻り・前島平蔵は、その動きを察知し、
甲府にいる信君の妻・千鶴、嫡男・勝千代の身柄確保に乗り出す。

手勢を率いて穴山屋敷を囲んだ平蔵。
はたしてその鉄壁は破られるのか



NHK大河ドラマ『真田丸』第1話放送で、
武田家滅亡直前の悲劇が描かれていましたが
家臣の裏切りにより孤立する武田勝頼が哀れでした

でも本書での勝頼は、非力な暴君として描かれ
自分に逆らう者を次々と手討ちや上意討ちにしているので
裏切られるのも仕方ない?


武田家の在り方に疑問を抱きながらも
最後まで勝頼を支え、守り抜く決意をしていた前島平蔵
ほとんどの家臣が新府に移ったが、平蔵は甲府に残っていた。

平蔵は、親族筆頭の穴山信君が武田を裏切るのではないかと疑り
甲府に残る穴山の妻子が屋敷から逃げ出さないよう
毎日欠かさず穴山の屋敷を見張っていた。

一方、穴山信君の妻・千鶴は、勝頼の姉、信玄の娘であるが
夫が勝頼を見限った為、城を脱出する決意をする。

本書では、平蔵の視点と、千鶴の視点を交互に描いているので
それぞれの心の動きを、対比しながら感じとることができ
場面展開も、両サイド陣営から脱走にいたる経緯を覗き見している?
読み手としては、どちらに重きを置くかでドキドキ感も変わっていく。

歴史上の出来事を描いた時代小説「大脱走」
千鶴と勝千代の脱出劇をテンポよくスリリングに描くことで
一級のエンターテインメント作品に仕上げており
作家の凄さを感じました。

鈴木英治さんの作品を初めて読みましたが面白かったです。
時代小説に、また嵌まってしまいそう!?



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_15




12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.