恩田陸さんの「ブラックベルベット」


すべてが、鮮やかに一転する瞬間!
この恩田マジックを見逃すな

東西文化の交差点・T共和国。
この国で見つかった、全身に黒い苔の生えた死体。
入国後に消息を絶った、気鋭の女性科学者。

ふたつを結びつけるのは、想像の域を超えたある事実だった―。
                    ~「帯紙」より~




ブラック・ベルベット

内容紹介(「双葉社」より)

外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。
ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、
博士は殺されてしまう。

一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。
ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。
恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとは――?



本書は、神原恵弥シリーズの3作目です。
ちなみに1作目は『MAZE』、2作目は『クレオパトラの夢』
2作品ともだいぶ前に読んだので詳細は覚えていないのですが…^_^;
ブログにまだUPしていなかったので紹介したいと思います。



シリーズ第一作『MAZE』


MAZE

内容(新装丁版より)

アジアの西の果て、荒野に立つ直方体の白い建物。
一度中に入ると、戻れない人間が数多くいるらしい。

その「人間消失のルール」を解明すべくやってきた男たちは、
何を知り得たのか?

人間離れした記憶力を持ち、精悍な面差しながら女言葉を繰り出す
魅惑の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥を生み出したシリーズ第一弾





シリーズ第二作『クレオパトラの夢』


クレオパトラの夢

内容(「BOOK」データベースより)

シリーズ第一作「MAZE」で非凡な才能を見せた神原恵弥。
その彼が北国のH市を訪れた。

不倫相手を追いかけていった双子の妹の和見を連れ戻すためだが、
もう一つ重大な目的があった。

それはH市と関係があるらしい「クレオパトラ」と呼ばれるものの
正体を掴むこと。
人々の思惑や駆け引きが交錯するなか、恵弥は何を知ったのか。

粉雪舞う寒空に広がる、恩田陸の無限のイマジネーション。





神原恵弥シリーズとなっている3作品ですが
舞台となる場所や背景、ストリーに関連性がないので
バラバラな順序で読んでも大丈夫(^_^)v

『MAZE』は読み始めがSFホラー的な展開で始まり
カナダ映画『CUBE』を彷彿とさせ怖かったのですが
結末は思っていたほど怖くなく、恩田さんらしく纏めていました。
キャラが際立っていた恵弥に惚れこんだのを覚えています(^^)

本書「ブラック・ベルベット」での恵弥は少し年取った?
カッコイイというよりは、さらにお姉キャラに磨きをかけ
変わらずいい味出していました(^^)

「ブラック・ベルベット」とても面白かったのですが、
ラストは好みが分かれるかな?

もっとドロドロとした国際的な陰謀でいくのかと思っていたので
やや肩透かし…でもこのエンディング、かなり好きです(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_04




12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.