10月28日(水)安室奈美恵さんのLIVE参戦の為
10月27日~30日まで大阪へ行きます。


「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」
namie

明日から大阪へ行くので、今月いっぱいはブログをお休みしますね(^_-)-☆

最近は不定期にしか記事をUPしていないので
休みの告知はいらないかな?とは思いましたが
毎日ご訪問いただいている皆さまには『お伝えしなくては!』と思い
お休み告知をさせてもらいました。

いつもご訪問いただいている皆さまありがとうございますm(__)m
いってきま~す(^o^)/




テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽
 2015_10_26




宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」


『永遠に消えることのない、過ぎ去った時の痕跡。』

二・二六事件で蜜室と化した帝都。
緊迫の4日間に起こる謎の殺人。
稀有の物語作家・宮部みゆきが放つ長編作!

この国はいちど滅びるのだ_長文の遺書を残し
陸軍大佐・蒲生憲之が自決を遂げたその日
時の扉は開かれた。

雪の降りしきる帝都へ、
軍靴の音が響く二・二六事件のただなかへ
ひそかに降り立った時間旅行者。

なぜ彼は“この場所”へ現れたのか。
歴史を変えることはできるのか。

戦争への道を転がり始めた“運命の4日間”を舞台に展開する
極上の宮部ミステリー!     ―「帯紙」より―





蒲生邸事件

内容(「BOOK」データベースより)

予備校受験のために上京した受験生・孝史は、
二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。

間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、
そこはなんと昭和十一年。

雪降りしきる帝都・東京では、
いままさに二・二六事件が起きようとしていたー。
大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。



10年ほど前に読んだ本ですが、久々に図書館で借り再読しました。

「蒲生邸事件」、恩田陸さんの『ねじの回転』と同じく
二・二六事件前後にタイムトラベルした人物を描いている近代史SF
同じテーマの内容で、ここまで違う面白さを体験させてもらえ
作家ってホント凄い!って唸らされてしまった作品でした。
2作品ともとても面白かったです(^_^)v

今までに、宮部作品、恩田作品、合わせて100冊ほど読んでいますが
再読したいと思っている本がかなりあり…しかし
未読の読みたい本も沢山あるので、なかなか再読ができませんでした…^_^;
でも本作「蒲生邸事件」を久々に読み二度目の面白さはまた違ったので
1ヶ月に一冊のペースで再読できたらいいかな?と思っています。
次は何を再読しようかな(?_?)



テーマ : オススメの本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_10_25




「アオハライド」

咲坂伊緒の人気コミックを
東出昌大と本田翼共演で映画化した青春ロマンス。

初恋の男子と数年ぶりに再会したヒロインが、
やがて彼の心の痛みを知って全力で向き合っていく。
~WOWOW~



アオハライド MOVIE

解説(「WOWOW」より)

累計800万部を突破した咲坂伊緒のコミックを
「陽だまりの彼女」「ホットロード」などの三木孝浩監督が映画化。

どこか陰のある男子を繊細に演じる東出、
何事にも前向きな女子高生を演じる本田。
2人のコントラストを鮮やかに描き出し、
初恋の切なさとすばらしさを正攻法で見せた三木監督の手腕が光る。

双葉の恋のライバルとなる唯を演じた高畑充希の憎まれ演技も特筆ものだ。

いきものがかりが書き下ろした主題歌「キラリ」が
登場人物たちの背中を押すような爽やかさにあふれ、
すがすがしさを感じさせる。




内容(「WOWOW」より)

双葉は中学1年のときに出会った洸に恋心を抱く。
だが、花火大会の日、約束をした場所に彼が現われず、
2人はそれきり離れ離れになってしまった。

やがて高2の春、息苦しい学校生活を送る双葉の前に、
洸が転校生としてやって来る。

だが、彼は明るかった以前とは別人のように変わっていた。
その変貌に戸惑う双葉だが、クラス代表に選ばれたことをきっかけに
彼と次第に友情を深めていく。

そんな矢先、洸を慕う唯が現われて……。


(CAST)
吉岡双葉⇒本田翼さん

馬渕(田中)洸⇒東出昌大さん

村尾修子⇒新川優愛さん

小湊亜耶⇒吉沢亮さん

槙田悠里⇒藤本泉さん

成海唯⇒高畑充希さん

菊池冬馬⇒千葉雄大さん


監督⇒三木孝浩さん
脚本⇒吉田智子さん
撮影⇒山田康介さん
音楽⇒林ゆうきさん





咲坂伊緒さん原作コミック「アオハライド」


アオハライド 漫画

内容(「集英社」より)

高1の双葉には中学時代から忘れられない初恋の人、「田中くん」がいる。

中学のとき女子に、はぶられた経験から自分を偽って日々過ごしている。

「田中くん」を思わせる男子に出会うが、彼は――。
熱く青く一生懸命にぶつかりあう高校生活グラフィティ!




コミックは未読です。(全13巻で完結)

映画は、WOWOW『このコミックがすごい!』少女漫画原作の映画特集にて
「アオハライド」が放送された際、HDに録画して観ました。

原作を読んでいない私としては、登場人物たちが
漫画のイメージとあっているのかどうかは分かりませんが
映画のみの感想で言うならば、
青春の光と影を描いた物語
高校生の恋への一途さや不器用さ
友だちとの微妙な関係や新しい出会い等
(十代だからこその迷いや一生懸命さってあるのよね)
懐かし思いで観ることができ、面白かったです。

でも東出さんの高校生役には???
NHKの『ごちそうさん』『花燃ゆ』のイメージが付きまとい
どうしても高校生に見えなかった…^_^;

東出さんより1歳年下の千葉雄大さんが菊池役を演じていましたが
千葉さんは、ちゃんと高校生にみえましたよ…童顔だから?


監督は『ホットロード』の三木孝浩監督
胸キュン青春グラフィティ
登場人物の心の揺れの描き方は流石でした!





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_20




村山由佳さんの「天使の卵」と「天使の梯子」


『100万人の心に響いた恋愛小説』―「天使の卵」帯紙より―

『こんな美しい泪を これまでしらない』―「天使の梯子」帯紙より―





天使の卵 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。

19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。

高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、
“僕”の心はもう誰にも止められない―。

第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。

みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛した
大型新人のデビュー作。





天使の梯子 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

バイト先のカフェで耳にした懐かしい声。
それはフルチンこと古幡慎一が高校時代に思いを寄せた先生、
斎藤夏姫のものだった。

8歳年上、29歳の夏姫に、どうしようもなく惹かれていくフルチン。
だが彼女は、体はひらいても心を見せてはくれない。

10年前の「あの時」から夏姫の心には特別な男が棲んでいるのだから―。

傷ついた心は再生するのか。愛は蘇るのか。
それぞれの思いが交錯する物語。





映画「天使の卵」


天使の卵 MOVIE

あらすじ(「シネマトゥデイ」より)

美大を目指し浪人中の19歳の歩太(市原隼人)と
大学生の夏姫(沢尻エリカ)はつき合っていた。

だがある日、歩太は満員電車で出会った
美しい女性(小西真奈美)に一目惚れする。

数日後に彼が精神病院に入院中の父を見舞いに行くと、
その女性が父の新しい主治医として現れる。

しかも、彼女は夏姫の8歳年上の姉だと分かり……。






ドラマ「天使の梯子」


天使の卵 MOVIE

あらすじ

輸入食器ブランドに勤める斉藤夏姫(=なつき ミムラ)は
10年前、初恋の相手・歩太(要潤)と交際していた姉を激しく非難した。

その夜、姉は流産の末、他界。
歩太も世捨て人のような生活を送るようになる。

以来夏姫は、すべては自分のせいではないかという
罪悪感にさいなまれてきた。

そんなある日、夏姫は教師時代の教え子・慎一(渡部豪太)と再会する。

慎一は8歳年下の大学生。
8歳下、といえば、亡くなった姉とかつての恋人と同じ年齢差だった。

夏姫の心に無性に当時の切なさが甦るが、
そんなことは知らない慎一は一途に情熱をぶつけてくる……。





「天使の卵」「天使の梯子」2冊ともだいぶ前に読んだ本なのですが
先日、ドラマ「天使の梯子」の再放送を観て内容を思い出したので
ブログにUPすることにしました。


映画とドラマも、上映(放送)当時に観ていたのですが
やはり細部を忘れていて…^_^;
でも再放送を観たことで、その当時の記憶が蘇りました!

本も映画もドラマも、涙なしでは読めない(観れない)・・・(T_T)
とても切ない物語でした。

「天使の梯子」の続編、『天使の柩』が、
2013年11月に出版されている!知らなかった・・・

天使シリーズの完結編 『天使の柩』も、是非読みたいです。




テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_10_18




上田秀人さんの「妾屋昼兵衛女帳面(5)~(8)」


昨日紹介した「妾屋昼兵衛シリーズ」の後半です。



「寵姫裏表(5巻)」

妾屋昼兵衛5

内容(「BOOK」データベースより)

大奥騒動、さらに炎上。
立て続けに襲撃された妾屋昼兵衛は、
大月新左衛門を用心棒につけ背後を洗う。

だが、将軍家斉の子の暗殺疑惑に端を発する死闘だけに闇は深い。

大奥で重宝され抜け出せなくなった八重。

老獪な林出羽守に絡め取られる昼兵衛と新左衛門。

内と外で繰り広げられる壮絶な闘いが、
ついに炙り出した黒幕とは?息もつかせぬ第五弾!





「遊郭狂奔(6巻)」

妾屋昼兵衛6

内容(「BOOK」データベースより)

妾屋稼業に安息なし。
山城屋昼兵衛と大月新左衛門は、
八重を妾にせんとした老舗呉服屋の主をやり込めたことで恨みを買った。

その執念は町方を巻き込み、ついには吉原に飛び火。

妾屋を潰して客を奪おうとの欲に駆られた吉原惣名主は、
ご免色里の立場を利用して圧力をかける。

命を顧みぬ刺客が山城屋に殺到。
猛攻をはね返せるか?波乱の第六弾。




「色里攻防(7巻)」
色里攻防

内容(「BOOK」データベースより)

妾屋を支配下に入れて復権を狙う吉原惣名主。
欲に駆られたその姿は、まさに悪鬼。

苦界から逃れたい女の悲哀につけ込んで山城屋に火を付けさせただけでなく、
命を顧みぬ忘八に昼兵衛と新左衛門を襲わせる。

八重の機転で林出羽守の後ろ盾を得た昼兵衛。

だが既に吉原は、妾屋一党の絆にひびを入れる卑劣な計略を巡らせていた。
絶体絶命の第七弾。





「閨之陰謀(8巻)」

妾屋昼兵衛8

内容(「BOOK」データベースより)

妾屋が命より大事にする帳面を奪わんとする輩が現れた。
そこに書かれているのは、妾を囲えるほどの金と力を持つ男達の情報。
悪用すれば弱みにもなる。

徹底抗戦を覚悟した昼兵衛だが、頼みの新左衛門は手負い。
しかも別の敵の影も見え隠れする。

さらには新左衛門最愛の八重にまで魔手が伸び…。
昼兵衛、最大の危機を防げるか?圧巻の最終巻!





「妾屋昼兵衛シリーズ」は第11代将軍・家斉の時代
以前読んだ「奥右筆秘帳シリーズ」と時代が重なっているので
もう一度別の角度から、将軍家斉の時代を覗かせてもらえた?
そんな作品でした。

本作では、妾屋の主・昼兵衛が主人公
伊達藩を放逐された大月新左衛門や
弟の為に伊達藩主の側室(妾)となった八重
(第1巻で、八重もお家騒動に巻き込まれ放逐される)
その他、昼兵衛を助ける浪人や飛脚、瓦版屋等
登場人物たちが思いのほか爽やかに描かれていました。
タイトルが「妾屋昼兵衛」なので
もっとドロドロしているのかな?と勝手に思い込んでいた^_^;

妾屋と将軍家斉の寵臣・小姓組頭・林出羽守
伊達藩、尾張家、吉原、大店、
果ては天皇の失われた皇子まで登場してくる
内容盛りだくさんで最後まで楽しく読ませてもらいました。

上田さんの著書はとても読み易いので
時代ものが苦手の方でもサクサク読めるのでは?
電車や飛行機などで移動の際に読むのに最適です!
私もほとんど電車の中で読ませてもらっていますが
ラスト2巻は、電車で読むだけでは止まらず
結局朝までかけて2冊一気読みしました^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_10_17




上田秀人さんの「妾屋昼兵衛シリーズ」1巻~4巻


久々に上田さんの本を読みまくりました!

上田さんの本は読み始めると止まらないので
「妾屋昼兵衛シリーズ」全8巻を5日で読んでしまった^_^;


「側室顛末(1巻)」

側室顛末

内容(「BOOK」データベースより)

世継ぎなきはお家断絶。
苛烈な幕法に苦しむ大名旗本は、秘かに妾屋を訪れた。

そんな稼業を営む山城屋昼兵衛の元に、
ある日、仙台藩主の側室の求めが。

だが、それを機に将軍継嗣にも絡む大規模なお家騒動が勃発。

巻き込まれた昼兵衛は、側室を守る大月新左衛門と共に、
大藩との熾烈な暗闘を繰り広げる―。



    「拝領品次第(2巻)」

拝領品次第

内容(「BOOK」データベースより)

妾屋昼兵衛の口利きで老舗両替商の用心棒になった大月新左衛門は、
働きを認められ妾の護衛を任される。
だがそれは、苦難の闘いの始まりだった。

江戸では、表沙汰にできぬ盗難事件が多発。
裏には、将軍家斉の鬱屈に絡んだ陰謀が。

嗤う妾と、仕掛ける黒幕。
否応なくのみ込まれていく昼兵衛と新左衛門は、
危難を振り払えるか?疾風怒涛の第二弾。




「旦那背信(3巻)」
旦那背信

内容(「BOOK」データベースより)

妾を巡る騒動で老中松平家と対立した山城屋昼兵衛は、
大月新左衛門に用心捧を依頼する。

その暗闘の裏には、ある企みを持って二人の動きを注視する黒幕の存在が。

武と智を尽くして松平家と戦う昼兵衛と新左衛門。
だが、幕政の闇は既に彼らをのみ込んでいた。

裏で嗤う首魁が、将軍家斉を絡めて画策した驚愕の密計とは?
風雲急を告げる第三弾。





     「女城暗闘(4巻)」
     女城暗闘

内容(「BOOK」データベースより)

大奥に将軍家斉の子を殺めた輩がいる…。
小姓組頭・林出羽守は獅子身中の虫を炙り出すべく、
大奥を探る女を用意せよと妾屋昼兵衛に厳命。

白羽の矢が立ったのは仙台藩主の元側室・八重。
だが、かつて体を張って彼女を守った大月新左衛門も
場所が大奥では何もできぬ。

女の欲と嫉妬が渦巻く大奥で八重の孤闘が始まった
読む手が止まらぬ第四弾。



8巻全巻を一気に紹介するとかなり長くなるので^_^;
続きは読後の感想と合わせて明日UPしますね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_10_16




終末医療をテーマにした映画「終の信託」

死の瞬間を患者に託された女医がとった行動は罪なのか……。
「Shall we ダンス?」の役所広司&草刈民代が
16年ぶりに再共演した、周防正行監督の社会派ドラマ。
―WOWOW-



終の信託

解説(「WOWOW」より)

朔立木の原作を、一般映画デビューとなった「ファンシイダンス」以来の
原作ものとなる周防監督が映画化し、
「Shall~」の監督&主演トリオの復活が話題に。

最大の見どころは、草刈演じる女医と役所演じる患者、
そして、大沢たかお演じる検事が織り成す濃密な会話。

まるで舞台劇を思わせるせりふの多さで、
舞台稽古のようなリハーサルがクランクイン前に行なわれたこともあり、
丁々発止の演技バトルは、手に汗握る緊張感に満ちあふれている。

2時間半近い長尺を感じさせない、周防監督らしい手堅い手腕は健在だ。




内容(「WOWOW」より)

綾乃は患者からの評判も良い、呼吸器内科のエリート医師だが、
長い間、不倫の関係にあった同僚医師・高井に捨てられ、
自殺未遂騒動を起こしてしまう。

そんな彼女の心の傷を癒やしたのは、重度のぜんそくを患い、
入退院を繰り返していた男性、秦三だった。

2人は心の内を語り合い、医師と患者の枠を超えた心の絆で結ばれる。

だが、病状が悪化し、死期が迫ったことを悟った秦三は綾乃に、
その時が来たら楽にしてほしいと懇願し……。


(CAST)
折井綾乃⇒草刈民代さん

江木秦三⇒役所広司さん

高井則之⇒浅野忠信さん

杉田正一⇒細田よしひこさん

江木陽子⇒中村久美さん

塚原透⇒大沢たかおさん


監督⇒周防正行さん
脚本⇒周防正行さん
撮影⇒寺田緑郎さん
音楽⇒周防義和さん

エンディング曲⇒種ともこ「遠く、そして近く」




朔立木さん原作「終の信託」


終の信託 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

呼吸器科の医師・折井綾乃は、患者を安楽死させた疑いで告発される。

「最期のときは、長引かせないでほしい」―
十八年にもわたって担当医を務めた、
重度の喘息患者・江木秦三の願いだった。

医師と患者という関係を超え、固い絆を育んできた二人。
愛する者の思いを受け入れた彼女を待つ、過酷な運命とは?(表題作)。

現役の法律家が実在の事件を元に描く、魂の物語。




末期医療と安楽死をテーマにした「終の信託」
映画を観た後、心に重石を乗せられたようで…。

医療シーンの緻密な描写により
役所さん演じる江木の苦しみが伝わり過ぎて!?
映画を観ながらとても辛かったです。
なので草刈さん演じる綾乃に肩入れし
大沢さん演じる塚原の言葉がどうしても杓子定規に聞えて…

原作は、実際に起きた川崎協同病院事件を元に書かれたと思いますが
その当時の報道をみていた時は全く逆の印象を持っていたので
第三者として離れた距離で観聴きするのと
映像として観たことで、瞬間でも当事者の気分になる?のとでは
感じ方も捉え方も変わるんですね…。

とても考えさせられる映画でした。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_14





紡木たくさん原作・映画「ホットロード」

能年玲奈主演の青春ラブストーリー。
母親に愛されていないのではないかという悩みを抱えて生きる
14歳の少女の心を癒やしたのは、不良チームに所属する少年だった。
―WOWOW―



※ネタバレ有りなので、これから観る予定の方はスルーして下さいね。


ホットロード MOVIE

解説(「WOWOW」より)

1980年代に一世を風靡した紡木たくの同名コミックを、
「アオハライド」の三木孝浩監督が映画化。

連続テレビ小説「あまちゃん」で国民的人気を得た能年が
同作と180度違う役柄に挑戦し、
女優としての新たな一面と成長ぶりを披露した。

共演は三代目J Soul Brothersのボーカル登坂広臣で、
能年演じる和希と出会うことで変わっていく不良少年役を好演。

エンドロールで流れるのは、尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」。

どこか懐かしさを感じさせる雰囲気も見どころの一つ。




ホットロード

内容(「WOWOW」より)

亡き父親の写真が1枚もない家で母親と一緒に暮らす14歳の和希。
彼女は自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めていた。

ある日、和希は転校したてで学校になじめない親友に誘われるまま
夜の湘南に出掛け、Nightsという不良グループの少年・春山と出会う。

始めは傷つけ合ってばかりいた2人だったが、
和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも
急速に惹かれていく。


(CAST)
宮市和希⇒能年玲奈さん

春山洋志⇒登坂広臣さん

ママ⇒木村佳乃さん

鈴木⇒小澤征悦さん

玉見トオル⇒鈴木亮平さん

宏子⇒太田莉菜さん



監督⇒三木孝浩さん
脚本⇒吉田智子さん
撮影⇒山田康介さん
音楽⇒mio-sotido

主題歌⇒尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」




紡木たくさん『ホットロード』


ホットロードまんが 
”夜明けの蒼い道 赤いテイルランプ 去ってゆく細いうしろ姿 
 もう一度あの頃のあの子たちに逢いたい 逢いたい……” 
母親と2人で暮らす14歳の少女・和希。
親の愛に恵まれず、行き場のない不満を抱える彼女は、
ある日、刹那的に生きる暴走族の少年・ハルヤマと出会う。
どこか似たもの同士の2人は、いつしか互いに惹かれあっていき…。



ホットロード2
軽い気持ちでついていった男たちに乱暴されそうになった和希は、
駆けつけてきたハルヤマに救われる。
意地を張り合いながらも、少しずつ絆を深めていく2人。
そして、引退する総頭(リーダー)から後継者に指名されたハルヤマに対し、
心配しながらも和希はついていく決心をする。
そんななか、敵対する暴走族が抗争をしかけてきて…。


ホットロード3 
信頼を寄せていた総頭(リーダー)のトオルが、2人の前から姿を消した。
敵対する暴走族に1人で殴りこみ、怪我を負うハルヤマ。
そして2人はともに暮らし始め、お互いへの想いを深めていく。
しかし、死を身近に感じ怯える和希と、
チームと女の二者択一を迫られるハルヤマ。
いつまでも続くと思われた2人の絆に、ハルヤマが終わりを告げる…。



ホットロード4
学校と暴走族、集団の中にいても、より孤独を深めていく和希とハルヤマ。
離れて暮らしながらも、互いを求め合う2人の想いは膨らんでいった。
そして、惹きあう引力に抗うこともなく、再び2人はともに暮らし始める。
しかし、母親ともわかりあえた和希のもとに届いたのは、
ハルヤマの事故の知らせだった…。
和希とハルヤマ、2人の幼い愛は、はたしてどのような結末を迎えるのか?



紡木たくさんの原作漫画が大好きだったので
映画「ホットロード」を観ながら
読んでいた当時の気持ちが蘇ってきました。

それにしてもキャスティングが凄い!
よくぞここまで原作のイメージ通りの役者陣を揃えましたね

特に和希と春山を演じた能年さんと登坂さん
思っていた以上によかったです。正しく和希と春山でした!

そして漠統のNo2永山を演じた遠藤雄弥さんにもビックリ
ちゃんと暴走族してましたね~『ちゅらさん』の和也君が…(*_*;


WOWOW『このコミックがすごい!』少女漫画原作の映画特集
(私が観た)第3弾は「ホットロード」でした♪
『アオハライド』も予約録画しているので後日UP予定です(^_-)-☆





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_12




役所広司さん主演映画「蜩ノ記」


10年後の切腹を命じられた武士の姿を、
彼の監視役の目を通して気高く描写。

第146回直木賞受賞の葉室麟の原作を、
役所広司、岡田准一の競演で映画化した感動の時代劇。
―WOWOW―




ひぐらしのき

解説(「WOWOW」より)

あの黒澤明の遺稿を映画化した「雨あがる」で監督デビューして以来、
師の衣鉢を継いで、清廉なドラマ作りに励んできた小泉堯史監督。

本作では、葉室麟の原作をもとに、義侠心あふれる武士道を
どこまでもまっすぐに貫き通す男たちの姿を端正に描き、
同監督らしい清々しい道徳教育劇に仕上がった。

主演の役所が貫録充分の存在感を発揮。

また、彼に感化されていく監視役の侍を岡田が好演し、
第38回日本アカデミー賞では、本作の最優秀助演男優賞と並んで
「永遠の0」では最優秀主演男優賞と、W受賞の栄誉に輝いた。




内容(「WOWOW」より)

ある日、城内で刃傷沙汰を引き起こした豊後羽根藩の檀野庄三郎は、
厳罰に処せられる代わりに、家老の中根兵右衛門からあることを命じられる。

それは、目下幽閉中の身にある元郡奉行・戸田秋谷を監視せよというもの。

秋谷はかつて、とある大事件を引き起こして10年後の切腹を命じられ、
その間、藩の歴史書である「家譜」の編纂作業に従事していた。

庄三郎は、秋谷やその妻子と一緒に生活しながら、秋谷の見張り役を始める。



(CAST)
戸田秋谷⇒役所広司さん

檀野庄三郎⇒岡田准一さん

戸田薫⇒堀北真希さん

戸田織江⇒原田美枝子さん

松吟尼(お由の方)⇒寺島しのぶさん


監督⇒小泉堯史さん
脚本⇒小泉堯史さん、古田求さん
撮影⇒上田正治さん、北澤弘之さん
音楽⇒加古隆さん




映像や音楽はもちろんのこと
戸田家の方々、檀野庄三郎の所作がとても美しく
その美しさをじっくりと味わいたくて
なんと、二度続けて観てしまいました。

『ガッチャマン』のように早送りではなく^_^;
通常再生で最初から最後まで観たことで
さらに細やかな表現に気付くことができ
二度見たのは正解です(^_^)v

堀北真希さん演じる薫が奉納舞を踊る姿は
映画『ロミオとジュリエット』のオリヴィア・ハッセーに
引けも取らないほどの美しさで、ホント見惚れてしまいました。

岡田准一さん、役柄では右筆でしたが
殺陣が本当に素晴らしく、正しく武士!

役所広司さん原田美枝子さん演じる夫婦
静かで何事にも動じず
心洗われるような清廉された二人
その二人の最後のシーンにグッときました。

とても美しい映画でした。



【受賞】
第38回山路ふみ子映画賞・受賞記念上映
第39回報知映画賞・監督賞 - 小泉堯史
第27回日刊スポーツ映画大賞
  ・主演男優賞 - 岡田准一(『永遠の0』と合わせて受賞)
第38回日本アカデミー賞
  ・最優秀助演男優賞(岡田准一)
  ・優秀作品賞
  ・優秀監督賞(小泉堯史)
  ・優秀主演男優賞(役所広司)
  ・優秀音楽賞(加古隆)
  ・優秀撮影賞(上田正治/北澤弘之)
  ・優秀照明賞(山川英明)
  ・優秀美術賞(酒井賢)
  ・優秀録音賞(矢野正人)
 ・優秀編集賞(阿賀英登)
第10回おおさかシネマフェスティバル
 ・2014年度ベストテン 第6位(日本映画の部)
 ・助演女優賞(原田美枝子、『ぼくたちの家族』と合わせて)
平成26年度芸術選奨文部科学大臣賞 - 小泉堯史




葉室麟さん原作「蜩ノ記」


ひぐらしのき BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

豊後・羽根藩の奥祐筆・檀野庄三郎は、
城内で刃傷沙汰に及んだ末、からくも切腹を免れ、
家老により向山村に幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の元へ遣わされる。

秋谷は七年前、前藩主の側室と不義密通を犯した廉で、
家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。

庄三郎には編纂補助と監視、
七年前の事件の真相探求の命が課される。

だが、向山村に入った庄三郎は秋谷の清廉さに触れ、
その無実を信じるようになり…。

命を区切られた男の気高く凄絶な覚悟を
穏やかな山間の風景の中に謳い上げる、感涙の時代小説。



第146回(平成23年度下半期) 直木賞受賞





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_09




実写映画「ガッチャマン」


伝説のSFアニメを松坂桃李、綾野剛ほか、
人気俳優共演で実写映画化。

謎の侵略者“ギャラクター”を倒すため、
選ばれし適合者で構成された“ガッチャマン”が立ち向かう。
―WOWOW―



ガッチャマン MOVIE

解説(「WOWOW」より)

1970年代に人気を博したタツノコプロ製作の
TVアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を、
「カイジ」シリーズの佐藤東弥監督が実写映画化。

アニメ版の設定を下敷きに、映画版は大胆なアレンジが施された。
幼少期をともに過ごした健とジョーとナオミの愛憎、
健とジュンの恋、メンバー間の友情など、
今風なテイストが組み込まれている。

オープニングからCGを駆使したスタイリッシュなアクションが炸裂し、
終盤にはアニメ版でもおなじみのあの技も登場。

劇中にタツノコプロの名キャラが登場するお遊びにも注目だ。




内容(「WOWOW」より)

2050年代。謎の組織ギャラクターが人類に宣戦を布告、
瞬く間に世界の半分が制圧された。

ISO(国際科学技術庁)の南部博士は、
大鷲の健、コンドルのジョー、白鳥のジュン、燕の甚平、
みみずくの竜の5人に最後の望みを託す。

彼らこそは、
ある特殊な結晶体“石”からパワーを引き出せる適合者として、
幼い頃から訓練を受けた究極の特殊部隊、
科学忍者隊“ガッチャマン”だった。

はたして人類の存亡を懸けた戦いの行方は?



(CAST)
健⇒松坂桃李さん

ジョー⇒綾野剛さん

ジュン⇒剛力彩芽さん

甚平⇒濱田龍臣さん

竜⇒鈴木亮平さん

ナオミ⇒初音映莉子さん


監督⇒佐藤東弥さん
原作⇒タツノコプロ
脚本⇒渡辺雄介さん
撮影⇒蔦井孝洋さん
音楽⇒ニマ・ファクララさん

主題歌⇒BUMP OF CHICKEN「虹を待つ人」





原作アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」


科学忍者隊ガッチャマン アニメ

概要(「ニコニコ大百科(仮)」より)

謎の支配者・総裁X率いる悪の秘密結社ギャラクターと、
国際科学技術庁の南部博士によって組織された
特殊部隊・科学忍者隊の戦いを描く。

当時の平均的なテレビアニメの作画水準を
遥かに超越した高品質な作画によって描かれる華麗なアクションと、
とくに後半のシリアスなストーリー、魅力的なキャラクターなどが
素晴らしいSFアニメの古典的名作。

熱血リーダー、クールなNo.2、美しく優しい紅一点、
最年少のムードメーカー、気の優しい力持ち、という、
個性が際立ったメンバーで構成される主人公像は、
後の日本のアニメや特撮などに現代に至るまで
絶大な影響を与え続けており、スーパー戦隊シリーズも
本作から少なからぬ影響を受けている。





「ガッチャマン」好きなアニメなので
実写映画版がWOWOWで放送された際
予約録画して観るのを楽しみにしておりましたが

…映画とアニメでは内容が違いすぎて…

科学忍者隊の5人がギャラクターと闘っている
それだけが同じ、登場人物のキャラクターも
ちょっと私のイメージと違い…

映画のCAST、カッコよかったんですよ
アニメよりカッコよすぎたのが仇になってしまった?


ガッチャマン CAST

どうですか?実写の役者陣カッコイイですよね(^_-)-☆
特にガッチャマンスーツ姿、5人とも凄く似合っていて♡

アニメと別物と思えば?面白い映画でしたよ。

録画して観ていたので、二度続けて観てしまった私です(早送りで)
綾野剛さんの初登場シーンがカッコよかったのよね(そこだけ通常モード)
それと松坂桃李さんのガッチャマンスーツ姿
立っているだけで絵になります(そこは一時停止で)

映画「ガッチャマン」、原作アニメを知らないほうが、より楽しめるかも!?




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_06




「国防政策が生んだ沖縄基地マフィア」ノンフィクション

今日は、いつもとは趣の違う本を紹介したいと思います。


友人Tさんに『一家に一冊置くべき本ですよ。』と薦められ
私も日頃から、辺野古新基地移設問題に関心があったので
Tさんのお話を伺った直後本屋さんへ
目次を確認して『読みたい!』と思えたので、すぐに購入しました。

購入して読んだのはホント正解でした!

日本人として知らなくてはいけないことが記されている本書
沖縄が、政府や利権屋にどう歪められきたのか…


帯の推薦文を書いた佐高信氏の
「沖縄に群がるマフィアの内幕を抉る衝撃の書」というコピーが
本書の内容を的確に表現している。
著者は「週刊金曜日」編集長の平井康嗣氏と
同誌記者・野中大樹氏の共著の形だ。
内容も「週刊金曜日」に掲載された記事をもとに、
名護市長選挙前の政治事情を踏まえて、
名護市に巣喰う基地マフィアの実態に焦点を当てた
興味深い内容となっている。
ー「琉球新報」より抜粋引用―



国防政策が生んだ沖縄基地マフィア

内容(「七つ森書館」より)

沖縄県知事選、衆院選で
新基地建設反対への圧倒的な民意が示されたにもかかわらず、
なせ安倍首相は新基地建設を進めようとするのか。
その裏で蠢く「基地マフィア」の実態を
『週刊金曜日』編集長と若き記者が暴く。



※私が購入を決めた目次を全て載せますね!



はじめに  なぜ基地マフィアを追うのか ──『週刊金曜日』編集長 平井康嗣

序 章 足下の小さな事実

第1章 名護市の基地マフィア 2008年
 1 米軍再編マネーに群がる基地マフィアたち
 2 守屋武昌更迭を切望した名護市
 3 少女暴行事件を無視した名護市議会自民党系議員たち
 4 沖縄防衛「族」議員
 5 1年間で学生の7割が逃げた〈振興費〉学校

第2章 基地マフィアと名護市長選 2013年〜2014年
 1 大混乱の名護市長選候補者選び
 2 基地マフィアたちのもくろみと、大誤算
 3 「たった4、5人でものごとを決めではダメですよ」
     ──比嘉鉄也・元名護市長インタビュー
 4 首相官邸、自民党、『産経新聞』、東京からのおぞましい「一本化」圧力
 5 名護市で「推進」を叫ぶ正式候補が誕生
 6 問われた沖縄北部振興事業の実態

第3章 新基地建設に揺さぶられるまち 2014年夏
 1 基地マフィアに殺された元銀行員
 2 地方権力者と対峙する名護
 3 膨らむ基地利権と漁協組合長の暴走
 4 名護市を闊歩した利権屋の正体は元大手商社マン

第4章 変わる沖縄の政財界と沖縄県知事選 2014年秋
 1 沖縄、民意変化の胎動
 2 「イデオロギーではなくアイデンティティが問われている」
     ──平良朝敬かりゆしグループCEOに聞く

第5章 脱「基地経済」への道程 2015年4月
 1 「沖縄はカネの奴隷にはならない」
     ──金秀グループ呉屋守将会長インタビュー
 2 「財政依存、公共事業依存体質から沖縄は脱却する」
     ──照正組社長、照屋義実インタビュー
 3 沖縄振興策は見せかけの看板
     ──琉球大学・島袋純教授インタビュー
 4 ナショナリズムとアイデンティティのはざまで
     ──作家・目取真俊インタビュー

おわりに  無名の告発者たち──『週刊金曜日』記者 野中大樹



第5章(4)ナショナリズムとアイデンティティのはざまでの
目取真俊さんのインタビュー記事、とても心に突き刺さる内容でした。


本書の「序章」と、「おわりに」で触れていた『沖縄の不都合な真実』
『沖縄は実は基地に反対していない。表向き反対しているのはカネのためだ』
といった趣旨の言説が拡散しており、
『沖縄の不都合な真実』大久保潤・篠原章著(新潮新書)は
その代表書だが、沖縄の実情とはかけはなれた認識には唖然とするしかない。
どう唖然とさせられるのか『沖縄の不都合な真実』読んでみたいと思います。
(この本は図書館で予約中!)


最後に『琉球新報.JP』より、
「国防政策が生んだ沖縄基地マフィア」に関する記事を抜粋引用

『この新刊は、こうした状況を生んだ背景にもメスを入れている。
 辺野古新基地建設の推進派には、
 北部経済振興を第一義とする勢力が存在する。
 基地建設を受け入れる代わりに
 過疎化している北部地域の活性化を要求しているのだ。
 そこには必ず利権や官製談合といった負の要素も入り込んでくる。
 最終章では、金秀グループの呉屋守将会長、
 照正組の照屋義実氏、琉球大学・島袋純教授、
 作家・目取真俊氏らのインタビューも集録されている。
 沖縄県民にはおススメの一冊だ。』(岡留安則・ジャーナリスト)




テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_10_04




佐々木蔵之介さん主演映画「超高速!参勤交代」



幕府の陰謀で、わずか5日以内での参勤交代を命じられた東北の弱小藩。

この無理難題に、7人の侍が挑む。
佐々木蔵之介、深田恭子ら豪華キャスト共演の明朗痛快時代劇。
~WOWOW~


第38回日本アカデミー賞
最優秀脚本賞(土橋章宏)
優秀監督賞(本木克英)
優秀主演男優賞(佐々木蔵之介)

第57回ブルーリボン賞
作品賞




超高速参勤交代 MOVIE
解説(「WOWOW」より)

2011年の城戸賞を受賞した土橋章宏の脚本を、
「すべては君に逢えたから」の本木克英監督が映画化した痛快時代劇。

東北の貧しい弱小藩に無理難題が降りかかり、
藩主たちが奮闘する様子を描く。

藩主・内藤と家臣たちが野を駆け山道を進み、
刺客に襲われても歩みを止めない姿や、
普段は頼りない藩主が意外に芯の強い一面を見せる展開も爽快だ。

内藤に助けられ、行動をともにするお咲を演じる深田、
内藤の実直さに打たれて助ける元忍びの段蔵を演じる伊原剛志など、
キャストの魅力も面白さに一役買っている。



内容(「WOWOW」より)

享保20年、磐城国・湯長谷藩の藩士たちが
1年の参勤を終え、故郷に戻って来た。

藩主の内藤は久々のゆったりした時間を過ごしていたが、
そんな折、江戸の老中からなんと再度の参勤の命が下される。

しかも、通常で8日はかかる道のりを
わずか5日以内で参れという無理難題だ。

藩の金山に目を付けた老中が仕組んだ陰謀であるのは明らかだった。

藩を守るため、家臣を連れた内藤の参勤行列は
刻限までに間に合うよう野山をひた走る。


(CAST)
内藤政醇⇒佐々木蔵之介さん

お咲⇒深田恭子さん

雲隠段蔵⇒伊原剛志さん

荒木源八郎⇒寺脇康文さん

秋山平吾⇒上地雄輔さん

鈴木吉之丞⇒知念侑李さん

相馬兼嗣⇒西村雅彦さん



監督⇒本木克英さん
脚本⇒土橋章宏さん
撮影⇒江原祥二さん
音楽⇒周防義和さん

主題歌⇒塩ノ谷早耶香「Like a flower」



同じ参勤交代をテーマにした
NHKで放送されていたドラマ『一路』を観たばかりなので
「超高速!参勤交代」、『一路』と比べながら興味深く観ました。

『一路』が暗なら、「超高速!参勤交代」は明
内容はどちらも切迫した参勤交代の道程を描いているのですが
「超高速!参勤交代」は、スピーディーな展開と
シリアスだけど笑い満載?の、コミカルで痛快な映画だったので
最後まで笑わせてもらいました(^_^)

個性的な役者陣、凄くよかったです。
特に、西村雅彦さん演じる家老、真面目だからこそ可笑しくて(*^_^*)
宿屋の女・お咲を演じた深田恭子さんや
生真面目で人情味のある殿を演じた佐々木蔵之介さん
嵌まり役でしたね(^_-)-☆

久々の痛快時代劇!
映画を観た後は、気分爽快になること間違いなし(^_^)v




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_02




山下智久さん主演映画「近キョリ恋愛」



イケメン英語教師と
常に学年トップの成績を誇る天才女子高生の秘密の恋。
彼のツンデレぶりに、彼女の心は揺れ動く。

山下智久と小松菜奈共演で送る話題のラブストーリー。
~WOWOW~



近キョリ恋愛 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

みきもと凛の大ヒット少女コミックを
「君に届け」の熊澤尚人監督が映画化。

年上の教師と女子高生の秘密の恋という定番の物語を、
“ツンデレ”という要素を加えた今どきの感覚でアレンジしてみせた。

山下演じる教師ハルカのツンデレぶりには
女性なら胸がときめくことだろう。

また、熊澤監督はヒロインの親友役を演じる山本美月を巧みに使い、
小松演じるヒロインゆにの恋のアシストをさせるという技を見せる。

ゆにの心の揺れを、スカートをギュッとつかんだり
耳たぶに当てるなどの手の動きで見せる細やかな演出も光る。




内容(「WOWOW」より)

どんなときもクールな表情を崩さない女子高生ゆには
成績こそ学年トップだが、英語だけは大の苦手。

そんなある日、彼女は赴任したての英語教師ハルカに
放課後の特別補習授業を言い渡されてしまう。

感情表現が苦手なゆには、
自信満々なハルカの態度に反発するが、
常に気持ちを抑え強がっていることを見抜かれ、心を乱す。

一方、ゆにの親代わりでもある数学教師・明智は、彼
女がハルカに惹かれていくことを危惧するが……。


(CAST)
櫻井ハルカ⇒山下智久さん

枢木ゆに⇒小松菜奈さん

滝沢美麗⇒水川あさみさん

的場竜⇒小瀧望さん

名波菊子⇒山本美月さん

佐藤咲⇒佐野和真さん

明智数馬⇒新井浩文さん


監督⇒熊澤尚人さん
脚本⇒まなべゆきこさん
撮影⇒柳田裕男さん
音楽⇒安川午朗さん

主題歌⇒サカナクション「蓮の花」



みきもと凛さんの原作漫画「近キョリ恋愛」


近キョリ恋愛 1 漫画  近キョリ恋愛 完結 漫画

「近キョリ恋愛」1巻の内容(「KC+」より)

枢木ゆには、担任で産休代理の英語教師・櫻井ハルカの顔が大好き。
でもチャラチャラした振る舞いは大嫌いでした。
おかげで英語の成績はガタ落ち(それ以外は満点!)。
ところが、放課後に個人授業を受けるようになってから、
櫻井のやさしさを知るようになり!?

全10巻・完結。




「近キョリ恋愛」ノベライズ版


近キョリ恋愛 BOOK

内容(「KC+」より)

ひょんなことから、つきあいはじめた超天才クール少女・枢木ゆにと
臨時担任のイケメン英語教師・櫻井ハルカ。

担任じゃなくなったら正式にラブラブになるはずが、
元担任のご懐妊で、櫻井ハルカは担任をつづけることになり・・・。

絶対にヒミツのこの関係は、甘い危険がいっぱいなのです。
笑えて泣けて胸キュン!
禁断の大ヒットラブ「近キョリ恋愛」が、ついに小説になりました。

1天才少女のフォーリンラブ           
2天才少女の元カレ              
3天才少女の起死回生             
4天才少女の危機               
5天才少女の愛の使者             
epilogue 天才少女の遠キョリ恋愛




原作漫画は未読です。
…映画化&ノベライズも出版
その上、スピンオフ・ドラマも放送されたようで
「近キョリ恋愛」かなりの人気漫画だったんですね!?


WOWOWで先月から、『このコミックがすごい!』
少女漫画原作の映画特集をしており
以前ブログで紹介した、コミック原作映画『クローバー』に引き続き、
今回は「近キョリ恋愛」を予約録画して観ました。

正直言うと、「近キョリ恋愛」の内容は全然期待していなかったんです
どちらかと言えば、内容よりも山P見たさ?
…不純な動機でスミマセン^_^;


教師と生徒のありがちな恋愛物語
ましてやツンデレものなので、もっと軽い内容なのかと…!?
でも、思っていたよりもクールな?面白い映画でした(^^)

クールな枢木ゆに役を演じた小松菜奈さん、よかったです!
無表情な役なので、ゆにを演じるのは難しかったと思いますが
機微な心の揺れを、表情と仕草で上手く演じていました。

イケメン教師役の山下さんは、やはり映画でも(いい意味で)山Pでした
こんなイケメン教師が学校にいたら、英語の勉強もっと頑張った!かも?


WOWOW『このコミックがすごい!』少女漫画原作の映画特集で
今月は「ホットロード」が初放送されます。早速予約しました!
能年玲奈さん主演映画なので楽しみです(^_^)v





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_10_01




09  « 2015_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.