辻村深月さんの「ハケンアニメ!」



天才肌でわがまま人、要領ばかりいい人、傷つきやすい人、
陰口をいう人、でも、みんなの想いはひとつ!

どんなに辛くても、うまくいかなくても、情熱だけは止められない!

いい仕事がしたい!

やる気みなぎる、お仕事小説誕生。


あぁ、だから物語(アニメ)はやめられない!
              ~帯紙より~




ハケンアニメ

内容(「BOOK」データベースより)

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、
9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。

プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。

同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と
人気プロデューサー行城理が組む
『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。

ネットで話題のアニメーター、
舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。

誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、
新たな事件を起こす!

anan連載小説、待望の書籍化。




本書「ハケンアニメ!」では、アニメ業界の裏側を描いているのですが

私、タイトルをみて、ハケン=派遣だと思いこみ
違いました・・・ハケン=覇権でした!^_^;


熱血プロデューサー・有科香屋子と天才監督・王子千春を描いている第1話
生み出した作品は深夜枠アニメ『運命戦線リデルライト』

新人監督・斎藤瞳と敏腕プロデューサー・行城を描く第2話
生み出した作品は、ゴールデン枠アニメ『サウンドバック 奏の石』

『運命戦線リデルライト』『サウンドバック 奏の石』両作品に携わる
原画作家の並澤和奈と、新潟県選永市の公務員・宗森が
『サバク』の聖地巡礼イベント成功に向け頑張る第3話

そして聖地巡礼イベントのその後を描く第4話

3人の女性が主人公の連作短編4話からなる本書、
時系列がほぼ同じ時期のアニメ制作の裏側を描いているのですが、
視点を変えることで、作品の生み出される背景、
登場人物の心象風景が、より深く伝わり
まるでアニメ制作の現場に入り込んだようでした。

「ハケンアニメ」、とてもリアルで面白かったです。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_18




08  « 2015_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.