新垣結衣さん主演映画「トワイライト ささらさや」


新垣結衣と大泉洋共演の心温まるヒューマンドラマ。

突然の交通事故で、
美しい妻と生まれたばかりの息子を残して死んだ落語家の霊が、
他人に乗り移って妻子を見守る。
~WOWOW~




トワイライトささらさや MOVIE

解説(「WOWOW」より)

加納朋子のベストセラー小説を
「先生と迷い猫」の深川栄洋監督が映画化。

落命した主人公ユウタロウの霊が乗り移る人々を演じる俳優陣は、
ユウタロウ役の大泉が事前に演じた映像を見て、
動きのクセなどを練習した上で役に当たったという。

そのため、大泉自身の登場場面こそ多くないものの、
逆に彼の存在感が大きく浮かび上がることになった。

一方、次第に母親としての強さを身に付けていくサヤを演じた
新垣のりんとした美しさも魅力たっぷり。

そんな彼女を囲む波乃久里子ら、
ベテラン女優たちの名演も味わい深い。




内容(「WOWOW」より)

売れない落語家ユウタロウは、
これからという時に事故で他界してしまった。

妻のサヤと赤ん坊の息子ユウスケが心残りで成仏できず、
彼は幽霊として2人を見守ることに。

その矢先、絶縁していた彼の父が現われ、
自分の跡継ぎにと強引にユウスケを奪おうとする。

やむなくユウタロウは落語の師匠に乗り移り、
サヤに町を出るようささやきかける。

その後もユウタロウはさまざまな人の体を借りながら、
サヤとユウスケを支えるのだが……。


(CAST)
サヤ⇒新垣結衣さん

ユウタロウ⇒大泉洋さん

佐野⇒中村蒼さん

久代⇒波乃久里子さん

珠子⇒藤田弓子さん

ユウタロウの父⇒石橋凌さん

お夏⇒富司純子さん



監督⇒深川栄洋さん
脚本⇒山室有紀子さん・深川栄洋さん
撮影⇒安田光さん
音楽⇒平井真美子さん




加納朋子さん原作小説「ささらさや」


ささらさや BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

事故で夫を失ったサヤは赤ん坊のユウ坊と佐佐良の街へ移住する。

そこでは不思議な事件が次々に起こる。
けれど、その度に亡き夫が他人の姿を借りて助けに来るのだ。

そんなサヤに、義姉がユウ坊を養子にしたいと圧力をかけてくる。

そしてユウ坊が誘拐された!

ゴーストの夫とサヤが永遠の別れを迎えるまでの愛しく切ない日々。

連作ミステリ小説。




原作は未読です。

映画は、大泉洋さん演じるコウタロウの落語のシーンではじまるので
お笑い中心の映画なのかな?と思って観ていましたが
ラストシーンで思わず涙が溢れ出てきてしまい…(T_T)
思いのほか心にジーンとくる映画でした。

でも、コウタロウいきなり事故にあって幽霊になっちゃうし
そのコウタロウが乗り移った役者陣の演技が可笑しくて
おもわず笑ってしまうシーンも (^^)

笑いあり、涙ありの、少しだけサスペンス?もチョイスされた
内容の濃い、いい映画でした。


CASTもよかった!
サヤ役の新垣結衣さん、凛とした演技がステキでした。

ボケたふりをしている?お夏を演じた富司純子さん、
流石ですね、ホントにボケている?と思わせる演技が凄すぎ!!

他にも、藤田弓子さんや波乃久里子さんなど
凄い方々が脇をガッチリと固めていました。

コウタロウが乗り移った役者陣の中で一番のヒットは
子役のダイヤ役を演じた寺田心君
あのTOTOのCMで有名な可愛い男の子です

チビ・コウタロウがあまりにも可愛くて♡
心君にずっとコウタロウの演技をしてもらいたかったな(^_-)-☆

そして、赤ちゃんもスゴーク可愛いかったです♡
子どもたちにも癒され♪ほんと、ステキな映画でした。

加納朋子さんの原作も読んでみたいです。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_09_30




佐野岳さん主演映画、『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』


喜多川泰のベストセラーを注目の若手・佐野岳主演で映画化。

ささいな嘘から思わぬひとり旅をするはめになった高校生が、
さまざまな人とのふれあいを通じて成長していく。
~WOWOW~




「また、必ず会おう」と誰もが言った。

解説(「WOWOW」より)

周囲から浮かないことばかりを気にしていた高校生の少年が、
ひとり旅を通じて多くの人々と出会い、
生き方を見つめ直していく青春ロードムービー。

12万部を超える喜多川泰のベストセラーを、
「武士道シックスティーン」など青春映画を得意とする
古厩智之監督が映画化した。

JUNONスーパーボーイ・コンテストグランプリで注目され、
特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」で人気を高めた佐野岳が
主人公の少年をみずみずしく演じる。

共演は杉田かおる、嶋田久作、塚本晋也、イッセー尾形などの
個性派がそろう。




内容(「WOWOW」より)

地方の高校生・和也は、雑談中のノリで
東京に行ったことがあると嘘をつき、
つじつま合わせで本当に東京まで旅するはめになった。

証拠写真を撮ってすぐ帰るつもりだった彼だが、
不運が重なり帰りの飛行機に乗り遅れてしまう。

途方に暮れる彼は、
空港売店で働く昌美の家に泊めてもらうことになるが、
部屋を片付けさせられた上、
静岡に住む彼女の元夫へのお使いを頼まれることに。

和也の旅はこうして思わぬ方向へ舵を切りはじめ……。


(CAST)
香月和也⇒佐野岳さん

田中昌美⇒杉田かおるさん

島津純⇒嶋田久作さん

秋山荘介⇒塚本晋也さん

警官・太田⇒徳井優さん

一枝⇒水木薫さん

柳下吉治⇒イッセー尾形さん


監督⇒古厩智之さん
脚本⇒加藤淳也さん
音楽⇒遠藤浩二さん



喜多川泰さん原作、『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』


「また、必ず会おう」と誰もが言った BOOK

出版社からのコメント

この小説は、1人の少年が出会いを通して成長していく旅物語です。

不思議なご縁から原稿を手にした瞬間、
私は直感的に「運命の出会いだ!」と感じました。

それは、物語のディテールが、私自身の抱えているリアルな日常と
あまりにもシンクロしていたから。

この物語には、特別なヒーローなど登場しませんし、
目を覆うような事件も起こりません。

主人公と絡んでいく大人たちは、
どこにでもいるような人間ばかりです。

ところが、あたりまえの大人たちが語りかける言葉の1つひとつが、
妙に輝いて見えるから不思議です。

そこが、人気作家・喜多川泰さんの持ち味なのでしょう。

とにかく、まずは大人たちに読んでいただきたい。

そして、身近にいる中学生や高校生の子供たちに手渡してほしい。

この本に関わった1人として、切に願っています。




WOWOWの番組表を見ているとタイトルがふと目にとまり…
『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』
タイトルに惹かれ、予約録画した映画です。

寝る前に何気なく観ましたが・・・^_^;
いやいや眠気を吹き飛ばすほどの面白さで
じわじわと心に沁みてくる、いい映画でした。

主演の佐野岳さんをはじめ、俳優陣も素晴らしく
和也を何気なく助けてくれる市井の大人達
杉田かおるさん、嶋田久作さん、イッセー尾形さん
とても存在感はあるけど飛び出ていない!?
ちゃんと市井の人々でした(^_-)-☆


喜多川泰さんの原作小説は未読です。

登場人物たちの心象風景を、原作ではどう描いているのか!?
とても興味津々!なので、原作も是非読まなくては!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_09_29




武井咲さん、大倉忠義さん共演の映画「クローバー」


武井咲と関ジャニ∞の大倉忠義が共演したラブコメディ。
目の前に現れた王子様は、眼鏡を掛けたドSな上司。
幼なじみのことが忘れられない新米OLの心は乱される。
~WOWOW~




クローバー MOVIE

解説(「WOWOW」より)

稚野鳥子の少女コミックを、浅野妙子脚本、古澤健監督、
武井主演という「今日、恋をはじめます」のチームで映画化。

上司と付き合う中で本当の愛を見つけていくヒロイン沙耶を演じた
武井のすがすがしさ、
TVドラマ「ドS刑事」で演じたヘタレキャラとは逆の
“ドS”キャラで沙耶の実直さに惹かれていく上司役を演じた
大倉の爽やかさが好印象だ。

そんな2人の恋を邪魔するライバル役に扮した
夏菜と上地雄輔の嫌われ演技も抜群で、
JUJUの歌う「いつか王子様が」と「星に願いを」の
カバー曲が雰囲気を盛り上げる。




内容(「WOWOW」より)

中学時代の初恋が忘れられない恋愛オンチのOL、沙耶。

彼女はエリートの上司・柘植から
容赦ない罵声を浴びせられる日々を過ごしていたが、
ある日、その彼から付き合ってほしいと告白される。

混乱したまま交際を始めた沙耶は、
次第に“ドS”キャラに隠れた柘植の優しさに気付き始めるが、
一方で彼が社長令嬢の栞と交際中という噂を耳にし、不安に陥る。

そんな矢先、彼女は人気俳優となった幼なじみのハルキと再会し……。


(CAST)
鈴木沙耶⇒武井咲さん

柘植暁⇒大倉忠義さん

樋野ハルキ⇒永山絢斗さん

筒井栞⇒夏菜さん

谷上一葉⇒木南晴夏さん

筒井義道⇒上地雄輔さん


監督⇒古澤健さん
脚本⇒浅野妙子さん
撮影⇒小宮山充さん
音楽⇒山下康介さん

主題歌⇒関ジャニ∞「CloveR」(INFINITY RECORDS)
挿入歌⇒JUJU「Some Day My Prince Will Come(いつか王子様が)」
      「When You Wish upon a Star(星に願いを)」




稚野鳥子さん原作漫画「クローバー」


cover1漫画 クローバー18漫画 cover24漫画

内容(「クローバー1巻」)

恋愛に対して臆病になってしまっているOL・沙耶。
上司の柘植からは叱られてばかりの毎日が続いているが、
そんなある日、その柘植から告白されて…。
驚く沙耶に、さらに別の男性からも…!?

稚野鳥子さん原作漫画「クローバー」、全24巻・完結しています。


原作が漫画だけあって?絵に描いたようなツンデレラブロマンス
韓国のツンデレドラマのように先が読める内容でしたが
CASTがズバリ嵌まっていたので面白かったですよ(^_-)-☆

大倉忠義さん、カッコイイ上司役が似合っていました
武井咲さんは漫画から抜け出たようで、ふわふわ髪が可愛かったです(^^)

JUJUさんの歌う挿入歌もステキでした♡



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_09_27




伊坂幸太郎さん、阿部和重さん合作「キャプテン サンダーボルト」


世界を救うために、二人は走る

東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29
公開中止になった幻の映画
迫りくる冷酷非情な破壊者

すべての謎に答えが出たとき、カウントダウンがはじまった

「相葉、呆れるくらい変わってないな」
「そう言うおまえもな。
 冷凍保存でもされてたんじゃないか」

野球少年だった過去が、一瞬でよみがえる。
二人で立ち向かうのは、人生の暗闇を抜けるための冒険。

二人でしか辿りつけなかった到達点。
前代未聞の完全合作。    
~帯紙より~




キャプテンサンダーボルト

内容紹介

人生に大逆転はあるのか?

小学生のとき、同じ野球チームだった二人の男。
二十代後半で再会し、一攫千金のチャンスにめぐり合った彼らは、
それぞれの人生を賭けて、世界を揺るがす危険な謎に迫っていく。

東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29と、
公開中止になった幻の映画。そして、迫りくる冷酷非情な破壊者。
すべての謎に答えが出たとき、動き始めたものとは――

現代を代表する人気作家ふたりが、
自らの持てる着想、技術をすべて詰め込んだエンターテイメント大作。




まるで映画をみているような内容に
おもわず勝手にCASTを決め、私の頭の中で演じてもらっていました^_^;

ちなみに、相葉は和田正人さん、井ノ原はV6のイノッチしか浮かばない!?
冷酷非情な外人役は、ブレードランナーのレプリカントのリーダーを演じた
ルトガー・ハウアー、もしくわシュワちゃん!?等々・・・
「キャプテン サンダーボルト」映画化して欲しいですね!

ただ、ハリウッドアクション映画のように?先が読める内容で
エンディングをズバリ当ててしまいました(^^ゞ
血なまぐさいストーリーの割に読後が爽快だったのは
思っていた通りのエンディングだったから!?


阿部和重さんの本は読んだことがないので
今度読んでみようかな?そう思わせてくれる作品でした。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_26




東野圭吾さんの「さまよう刃」

他人事ではない
明日にでも、この物語の『誰か』に
なるかもしれない
その時あなたの『刃』は
どこに向けられるだろう?



さまよう刃 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。
花火大会の帰りに、
未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。
謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、
突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。
犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。
正義とは何か。
誰が犯人を裁くのか。
世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。
重く哀しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。




映画『さまよう刃』日本版


さまよう刃 邦画

内容(「シネマトゥデイ」より)

むごたらしい事件によって、大切な一人娘を亡くした長峰(寺尾聰)。
ある日、娘を殺した人物の名前と居場所を偶然知った長峰は、
犯人の少年の一人を殺害。
後日、もう一人の犯人を追う長峰から、
殺害の自供と現行の少年法への憤りをつづる手紙が警察に届く。
一方、長峰を追う捜査本部の織部(竹野内豊)は、
法と正義のはざまでやるせない思いを抱いていた。




映画『さまよう刃』韓国版


さまよう刃 韓国映画

解説・内容(「WOWOW」より)

日本でも映画化された東野圭吾の同名小説を韓国で再映画化。
少年たちに娘をレイプ殺人されて復讐の鬼と化した男性と、
彼を追う警察の攻防をスリリングに描いたサスペンス。

織物工場で働く中年男性サンヒョンは妻に先立たれ、
中学生のひとり娘スジンと暮らしていたが、
スジンが何者かにレイプされた上に殺されてしまう。
絶望に打ちひしがれるサンヒョンだが、
ある人物から2人の少年、
ドゥシクとチョリョンがスジンを手に掛けたと知らされ、
チョリョンの家を訪ねると、その場にあったバットで彼を撲殺してしまう。
サンヒョンが共犯者ドゥシクを捜す一方、
警察のオッグァン刑事がサンヒョンを追うが……。




東野圭吾さんの原作はだいぶ前に読んだのですが
さまざまな事を考えさせられる内容に
読んだ後、暫し茫然となったことを今でも覚えています。
言葉に表せないほど辛く悲しい物語でした。

寺尾聰さん主演の「さまよう刃」も上映当時観たのですが
内容を知っているのにもかかわらず
衝撃が胸に突き刺さり、観終えた後何とも言えない複雑な気持ちに…


韓国版「さまよう刃」WOWOWにて放送
とても辛く救いのない物語だと分かってはいるのに
東野圭吾さんの原作をどう描いているのか知りたくて
韓国版「さまよう刃」も観ました。

韓国映画では日本映画より描きすぎ?のイメージがあったのですが
「さまよう刃」では原作から脱線することなく描かれていました。
好みでいえば、私は観終えた後涙が溢れ出て止まらなかった
寺尾聰さん主演の日本版ですかね(^_-)-☆
でも、韓国版の被害者の父・サンヒョンを演じた
チョン・ジェヨンさんの演技も凄かったです!




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_24




芦田愛菜ちゃん主演「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」


西加奈子の小説を
「北の零年」などの行定勲監督が映画化したハートウォーミングドラマ。
人気子役・芦田愛菜を主演に、
普通が嫌いな小学生の少女が過ごす日々を綴る。
~WOWOW~




円卓こっこ MOVIE

解説(「WOWOW」より)

大阪を舞台に、“普通”が大嫌いな小学3年生の女の子・こっこが、
家族や友人たちと繰り広げる騒動と成長を、
温かいまなざしで見つめたハートウォーミングドラマ。

「サラバ!」で第152回直木賞を受賞した
人気作家・西加奈子の小説「円卓」を、
「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」などの売れっ子監督行定勲が
映画化した。

「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たした
天才子役・芦田愛菜が主人公のこっこ役に扮し、愛くるしい好演を見せた。
共演に八嶋智人、平幹二朗、いしだあゆみなど。





内容(「WOWOW」より)

大阪。狭い団地に3世代8人の大家族で暮らす小学3年生の琴子は、
みんなに“こっこ”と呼ばれる元気な女の子。

食事時にはみんなで円卓を囲む、にぎやかすぎる毎日を過ごす彼女は、
一方で孤独に憧れ、人と違うことこそがかっこいいという価値観を
育てていた。

ものもらいで眼帯をするクラスメイトや、
元ボートピープルのベトナム人ゴックん、
在日韓国人の朴くん、
“普通”じゃないみんなに羨望のまなざしを送るこっこだったが……。



(CAST)
渦原琴子⇒芦田愛菜さん
ぽっさん⇒伊藤秀優
三つ子:理子/眞子/朋美⇒青山美郷さん
森上⇒入江甚儀さん
ジビキ⇒丸山隆平さん
渦原寛太⇒八嶋智人さん
渦原詩織⇒羽野晶紀さん
渦原石太⇒平幹二朗さん
渦原紙子⇒いしだあゆみさん
ほか

監督⇒行定勲さん
脚本⇒伊藤ちひろさん
撮影⇒福本淳さん
音楽⇒めいなCo.



西加奈子さんの原作『円卓』

円卓 BOOK

内容(「DeNA ショッピング」より)

公団住宅で三つ子の姉と、両親、祖父母に愛されて暮らす
「こっこ」こと渦原琴子は、口が悪く、偏屈で硬派な、
孤独に憧れる小学三年生。

こっこの日常は、不満と問題と驚きと発見に満ちている。
世間の価値観に立ち止まり、悩み考え成長する姿を、
活きのいい言葉でユーモラスに温かく描く。

光溢れる感動傑作。



原作は未読です。

映画「円卓こっこ、ひと夏のイマジン」は、
WOWOWで放送されたので観ました。

西加奈子さん原作だけあって!?なかなかシュールな映画でした。
主人公こっこのヘアゴムが目玉なのも、きも可愛い(日本語あってる?)

こっこの妄想と現実が入り混じる不思議な映画なのですが
平幹二朗さん演じる祖父の教えや
まわりの友だちの影響をうけ、こっこが少しずつ成長していく。

それにしても愛菜ちゃんの演技力凄い!そして可愛い♡

でも私が嵌まったのは、チョイ役で登場する『S男ダンサー』!?
こっこの妄想だと思っていたけど・・・
警察に連行されるシーンがあったのでどうやら妄想ではなかったようです^_^;


「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」
ジャンルとしてはコメディーの部類に当てはまるようですが
いやいや、プチ心理学のようで!?深さを感じた映画でした。
原作も読んでみたいです。



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_09_22


「非戦」

Category: 未分類  


坂本龍一さん監修の本「非戦」


核と非暴力。
原子爆弾がもたらした最大の悲劇から正しく引き出された教訓は
ちょうど暴力が対抗的な暴力によって一掃されないように
原子爆弾も原子爆弾の対抗をもってしては
滅ぼすことはできないということである。

人類は、非暴力によってのみ暴力から脱出しなければならない。
憎悪は愛にのってのみ克服される。
憎悪に対するに憎しみをもってすることは
ただ憎悪を深め、その範囲をひろげるだけである。
~マハ-トマ・ガンディー~


昨日、日本政府は(一部の政治家たちの強行採決により)
非暴力とは対極の道を選んでしまった。

私はこの日を決して忘れません。
安保関連法案に賛成した国会議員と政党を、決して忘れません。



非戦

内容(「BOOK」データベースより)

全世界が切望する「希望ある未来」のために、
戦争という暴力は認められない。

世界の深い亀裂を埋める平和の種子を集めた一冊。



本書「非戦」は
2001年9月11日に起きた米国同時多発テロ事件と軍事報復について、
あらゆる人々が語っている本です。


(坂本龍一さん「あとがき」より)
事件以降、大手メディアの流す報道は、
一部質の高い論評などもあったが、
多くはアメリカ寄りの一方的なものが多いと感じられ、
残念ながらそこからはテロと戦争の真実が見えてこなかった。

このような非常事態の中で、
いかにぼくたちが「真実」から遠ざけられているか、改めて気づかされる。

一方、ネットには様々な陰謀説も含めて、
多種多様な論考や意見がとびかっていた。
そこでぼくは、ニ、三人の友人たちと、
お互いに重要だと思われる論考や記事を発見しては、
メールで送り合うことを自然発生的に始めていた。
そして煩雑さを避けるため、
この情報交換はメーリングリストへと発展した。
そして、このメーリングリストに、
次々と新たな友人たちが加わり、交換される情報も増していった。

お互いに情報を送り合う中で、いつしかそれらの論考や記事を
まとめた本を出版しようという話しがもちあがった。
一般のメディアではあまり目にすることのない、
こうした声を少しでもたくさんの人に読んでもらいたいとの思いからだ。


(著者からのコメント)
真実を知ることこそが力  
アメリカ本土に対する残虐非道なテロ攻撃に対し、
ブッシュ政権と同盟諸国のとった限りなく報復に近い
武力攻撃という選択肢しかなかったのだろうか。

事態の背景を探り、真の解決をめざす可能性は
無限に開かれていると私たちは思う。
とりわけ平和憲法をもつ日本人として、
それらの可能性をもっとていねいに、
皮相な現実に押し流されない勇気をもって考え抜こう。

本書に収められている国も思想も背景も違う
様々な人々のメッセージがそのための糧になることと信じている。



本書「非戦」を読んだのは、今から13年前の2002年です。

今の日本の有様を、その当時の私は想像することもできなかった。
平和憲法を持つ日本だからこそできる可能性
私はその可能性に希望を持つお人よしの一人だったのか
今、とても残念でならず、そして憲法を蔑ろにした政府に対して怒っている

でも一番の責任は国民である私たちにあるのでは!?
あまりにも自らの一票をおざなりにしていた私たち国民
選挙に行かない人が半数もいるという愚かさ
そのことに私たちが気付くためのカンフル剤となった安保関連法案

昨日可決された安保法を廃止にしましょう
今からでも遅くはないのです
今度こそ大切な一票を価値ある一票にするため
ちゃんと国民全員が選挙におもむき意思表示をしましょう

未来を担う若者たち、これから生まれてくる子どもたちの為にも
憲法9条の正しい解釈を取り戻し、
戦後70年を非暴力で通してきた私たちの国が
さらに70年、いや永久に非暴力で過ごせるように
私はその為にも大切な一票を
安保法案強行採決した国会議員と政党には投票しません。

私は、決して昨日の強行採決を忘れません。
国民の声を無視した政治家たちを忘れません。




テーマ : 考えさせられる本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_20




辻村深月さんの「ハケンアニメ!」



天才肌でわがまま人、要領ばかりいい人、傷つきやすい人、
陰口をいう人、でも、みんなの想いはひとつ!

どんなに辛くても、うまくいかなくても、情熱だけは止められない!

いい仕事がしたい!

やる気みなぎる、お仕事小説誕生。


あぁ、だから物語(アニメ)はやめられない!
              ~帯紙より~




ハケンアニメ

内容(「BOOK」データベースより)

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、
9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。

プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。

同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と
人気プロデューサー行城理が組む
『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。

ネットで話題のアニメーター、
舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。

誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、
新たな事件を起こす!

anan連載小説、待望の書籍化。




本書「ハケンアニメ!」では、アニメ業界の裏側を描いているのですが

私、タイトルをみて、ハケン=派遣だと思いこみ
違いました・・・ハケン=覇権でした!^_^;


熱血プロデューサー・有科香屋子と天才監督・王子千春を描いている第1話
生み出した作品は深夜枠アニメ『運命戦線リデルライト』

新人監督・斎藤瞳と敏腕プロデューサー・行城を描く第2話
生み出した作品は、ゴールデン枠アニメ『サウンドバック 奏の石』

『運命戦線リデルライト』『サウンドバック 奏の石』両作品に携わる
原画作家の並澤和奈と、新潟県選永市の公務員・宗森が
『サバク』の聖地巡礼イベント成功に向け頑張る第3話

そして聖地巡礼イベントのその後を描く第4話

3人の女性が主人公の連作短編4話からなる本書、
時系列がほぼ同じ時期のアニメ制作の裏側を描いているのですが、
視点を変えることで、作品の生み出される背景、
登場人物の心象風景が、より深く伝わり
まるでアニメ制作の現場に入り込んだようでした。

「ハケンアニメ」、とてもリアルで面白かったです。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_18




りぼん・ぷろじぇくとの「新・戦争のつくりかた」
           What Happens Before War?


“よくよく考えれば、「平和」の反対語は
 「戦争」じゃなくて「ペテン」だとわかります。
ぼくらがペテンにひっかかるところから、
もう戦争は始めっています” ・・・アーサー・ビナード(詩人)

ネットや新聞で話題!
10年前に今を予言していた平和の絵本。

こどもから大人まで
すべての人に今よんでほしい絵本。

あれから、何が起こったのか!?
この10年間で起きた事実をまとめた資料を補足した新装版。

もう見ないふりはできません。
行動を起こすのはあなたです。
            ~帯紙より~




新・戦争のつくりかた

内容紹介

2004年に発売され、新聞、雑誌、テレビやネットで
大きな話題となった『戦争のつくりかた』。

戦争をしないと決めた国・日本が、
戦争のできる国になっていく道筋を、
やさしい言葉で描いた絵本でした。

あれから10年。

あの小さな絵本は予言の書だったのでは、
とささやかれ始めた話題作に、
この間の新しい資料、自衛隊の派遣先地図、
日本国憲法ができてからの関連年表を加え、
イラストも新たに描き下ろした新装版が、ここに完成!

子どもから大人まですべての人に読んでほしい一冊です。




本書「新・戦争のつくりかた」、2015年7月22日に紹介したのですが
昨日、本書を購入したので、もう一度UPさせてもらいました。


以前の記事は下記のURLからご訪問いただけます。

http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-date-20150722.html



2004年版「戦争のつくりかた」は持っていたのですが
新装版やっと購入しました^_^;
新装版では資料が旧版の3倍になっており
本編の絵本で疑問に思ったこと、分からなかったことを
資料の関連法律集と見比べることで理解度が深まっていきます。

絵本を読むと感じられると思いますが
戦争への歩みはひたひたと忍び寄ってきます
気がついた時には手遅れに…そうならないように
今それぞれが出来ることを、行動を


国会で審議中の安保関連法案に反対する国民の思い

『 安保法案 大詰め審議、国会前で大規模抗議デモ』
TBS系(JNN) 9月14日(月)19時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150914-00000030-jnn-pol


『人文字:7000人で「NO WAR」安保法案反対 広島』
毎日新聞 2015年09月13日 18時56分(最終更新 09月13日 20時16分)
http://mainichi.jp/select/news/20150914k0000m040017000c.html


『九州・関西・福井などでも安保法案反対行動』
2015年9月13日23時34分
http://www.asahi.com/articles/ASH9F5Q4MH9FTIPE56D.html


【真実を探すブログ】より
『若者が一斉に「安保法案反対」 全国64カ所、シールズ主導』
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7716.html
安全保障関連法案に反対する大学生らのグループ
「SEALDs(シールズ)」が呼び掛けた「全国若者一斉行動」が
23日、各地で行われた。シールズによると、
北海道から沖縄までの64カ所でデモや集会が実施され、
若い世代の反対運動が広がりを見せた。
参加者らは「法案は戦争への道を開く」
「私たちの行動は政権にも影響を与えるはずだ」と訴えた。
ーSEALDsより引用ー


他にも、抗議集会やデモが各地で行われておりますが
気付いたNEWSのみ取り急ぎUPしました。




テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_15




イ・ジョンソク主演「君に泳げ!」



高校の水泳部を舞台に、
韓国の人気男優イ・ジョンソクとソ・イングクが、
ライバル同士の天才スイマーを演じた青春スポーツドラマ。

少女時代のユリがヒロイン役で共演。
         ~WOWOWより~



君に泳げ

解説(「WOWOW」より)

韓国ドラマ「君の声が聞こえる」でブレイク、
その後も「ピノキオ」などのTVドラマで絶大な人気を誇る
若手俳優イ・ジョンソクが、映画初主演を果たした青春スポーツドラマ。

彼が扮するのは事件を起こしてオリンピック代表から外された
クールな天才スイマー役。

一方、歌手出身のソ・イングクが、
映画初出演ながらW主演でライバルとなる熱血スイマー役を好演する。

対照的な2人の競演ぶりと、鍛え上げた筋肉美は必見だ。

ヒロイン役は人気K-POPユニット、少女時代のユリ。
3人の恋の行方も見どころとなっている。



内容(「WOWOW」より)

水泳界のプリンスとして注目されながら、
ある事件で五輪候補から外された天才スイマーのウサン。

一方、期待の星と目されながら、
同じく水泳選手だった父の死をきっかけに競泳界から姿を消したウォニル。

少年時代しのぎを削っていた2人は、
ウサンが偶然ウォニルの通う高校に転校したことで再会を果たす。

そんな矢先、ウサンがウォニルの幼なじみジョンウンに恋してしまい、
2人のライバル関係が復活することになるが…。



(CAST)
チョン・ウサン⇒イ・ジョンソク
チョ・ウォニル⇒ソ・イングク
ジョンウン⇒クォン・ユリ
ジョンドン⇒シン・ミンチョル
テチャン⇒キム・ジェヨン
チャン・ハンシク⇒パク・チョルミン
ほか


監督⇒チョ・ヨンソン
脚本⇒ユ・ヨンア:チョ・ヨンソン
撮影⇒イ・ジュンギュ
音楽⇒マルコ



韓国ドラマの定番三角関係
そのヒロイン・ジョンウンを少女時代のユリが演じていますが
歌っている時とは違い素朴な雰囲気だったので
最初気付かなかった^_^;
でも歌のオーディションシーンでは『やっぱりユリ!』
『あまちゃん』での小泉今日子さんのようにアイドルオーラ復活!

主演のイ・ジョンソクはイケメン王道まっしぐら!
前に紹介した『僕らの青春白書』よりも数倍イケメン度UPしていました♡
特に泳ぐシーンがカッコイイ(*^_^*)

それにしてもコメディータッチの韓国映画を観て毎回思うことですが
食事のシーンが面白可笑しく誇張されすぎているのでは?
本作でのウォニルの下品な食事の食べ方もどうにかならないかなと…
(失礼、下品は言い過ぎですね^_^;)
せっかくのイケメンさんが台無し!
本作に限らず、映画の内容は面白いのに表現方法に難あり?
というのかシックリとこないシーンが時々あります。

コメディー、シリアスもの、いずれにしても描きすぎな感があったり…
まぁ、好みの問題なのでしょうが…
私的には、『面白いのにもったいない!』

『スタンドバイミー』のパイのシーンもしかり…韓国映画に限りませんね^_^;

日本映画にもそういうの沢山あると思うのですが!?
あまり気にならないのはお国柄?笑いのツボが国民性で違う?
ちなみに『ポリスアカデミー』の笑いにもついていけなかった私です…^_^;

いろいろ書きましたが
「君に泳げ!」ストーリーは面白かったんですよ(^_-)-☆
CASTもよかった。
特にウサン役のイ・ジョンソク、嵌まり役でした♡



テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2015_09_14




早見あかりさん主演「百瀬、こっちを向いて。」


冴えない少年が、先輩の2番手の彼女との偽装交際を頼まれる。

報われない恋と知りながら心は揺れ……。

元ももいろクローバーの早見あかりがヒロイン役を演じた恋愛ドラマ。
                      ~WOWOWより~


※早見あかりさん、元ももクロメンバーだったのね?
 知らなかった^_^;
 『ラーメン大好き小泉さん』で初めて知った女優さん
 ラーメンの食べっぷりの良さで印象に残っていましたが
 元ももクロだったとは…(しつこい^_^;)




百瀬、こっちを向いて MOVIE

解説(「WOWOW」より)

人気作家・乙一が中田永一名義で発表、
“恋愛の持つ切なさすべてが込められた、
みずみずしい恋愛小説”と称された同名小説を映画化。

映画館で流れる意見CM“NO MORE 映画泥棒”の演出をはじめ、
CMやPVで高い評価を受ける耶雲哉治が監督を手掛けた。

大人になった主人公ノボルと憧れの先輩との再会から
青春時代の回想が展開。

早見演じる百瀬と竹内太郎演じる高校時代のノボルの
切ない恋が浮かび上がる。

映画初主演の早見が百瀬の揺れる心を繊細に演じ、
劇中に出てくる“花言葉”が巧みに使われている。



内容(「WOWOW」より)

高校卒業以来、久々に故郷に降り立った30歳のノボル。

彼は変わらぬ街並みに触れ、ある“嘘”を思い出す。

15年前、高校に入学したノボルは、
他人とうまく関われない自分は女の子とは一生縁がないと諦め、
冴えない毎日を送っていた。

ある日、彼は幼なじみで人気者の先輩・瞬から
隣のクラスの百瀬を紹介される。

本命の彼女がいるのに瞬と百瀬が交際中との噂が流れ、
困った瞬はノボルと百瀬の交際を偽装しようというのだが……。



(CAST)
百瀬陽(15歳)⇒早見あかりさん

相原ノボル(15歳)⇒竹内太郎さん
     (30歳)⇒向井理さん

神林徹子(18歳)⇒石橋杏奈さん

宮崎徹子:33歳時の神林徹子⇒中村優子さん

宮崎瞬⇒工藤阿須加さん

田辺真治:ノボルの友人⇒ひろみさん(第2PK)

相原悦子:ノボルの母⇒西田尚美さん
ほか


監督⇒耶雲哉治さん
原作⇒中田永一さん
脚本⇒狗飼恭子さん
音楽⇒ 阿南亮子さん
主題歌⇒WEAVER「こっちを向いてよ」




中田永一さん原作「百瀬、こっちを向いて」


百瀬、こっちを向いて BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

「人間レベル2」の僕は、
教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。

野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。

しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。

「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」

恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。




原作は未読です。

映画はWOWOWで放送されたので観ましたが
ありがちな青春映画?だと思っていたら
いやいや、なかなか面白かったですよ(^_-)-☆

百瀬役の早見さん嵌まり役でした♡

ただ15歳のノボルを演じた竹内さんが
15年後に向井さんになる!?カッコよくなりすぎ!
(竹内さんごめんなさいm(__)m)


作品の要は花言葉?
人間関係の機微が花言葉で表現されており
一見優しそうな神林さんが一番凄かった
恋する女性は強し!!

観終えた後余韻の残る映画でした。




テーマ : 日本映画    ジャンル : 映画
 2015_09_12




恩田陸さんの「EPITAPH東京」



「あなただけにお教えします。
 あなたは僕と同じようにこの街の秘密を探している、
 いわば同志ですから。」

吸血鬼に導かれ、
東京を彷徨う“筆者K”

街の秘密を支配する死者たちの記憶とは?

東京にふさわしい墓碑銘とは何か。
           ~帯紙より~




EPITAPH東京

内容(「BOOK」データベースより)

東日本大震災を経て、東京五輪へ。

少しずつ変貌していく「東京」―。

その東京を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている“筆者”は、
ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。

吉屋は、筆者に
「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが…。

将門の首塚、天皇陵…
東京の死者の痕跡をたどる筆者の日常が描かれる「piece」。

徐々に完成に向かう戯曲の内容が明かされる作中作「エピタフ東京」。

吉屋の視点から語られる「drawing」。

三つの物語がたどり着く、その先にあるものとは―。

これは、ファンタジーか?ドキュメンタリーか?

「過去」「現在」「未来」…一体、いつの物語なのか。

ジャンルを越境していく、恩田ワールドの真骨頂!!




本書を読んだ感想は、まず一言 “装丁&構成にビックリ!”

色つき頁は企画物としては面白いアイデアだと思いますが
私の視力では少々読みづらく…
おもわず読み飛ばしてしまいたい衝動に…^_^;
でもちゃんと全ての頁を(ガンバッテ)読み切りましたよ!

内容は、フィクションとリアルが混在しているので
どうにもつかみどころのない不思議な物語

著者の記憶の断片を切り取り
物語のピースに無理やり張り付けた印象でした。

(一つ一つのピースに描かれているエピソードが
 私が昔読んだ本や、随分前に観た映画、etc...出てきたので
 懐かしく、興味深かった。)

挿入されていた写真や挿絵も面白かったです(^_-)-☆

ただ恩田陸さんの小説を読み慣れていない方には
あまりお薦めできないかな・・・
先に恩田さんの小説を充分に楽しんだ後
本書を手にした方がいいのでは!?そう思います。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_11




有川浩さんの「明日の子供たち」



想いがつらなり響く時、
昨日と違う明日が待っている!

児童養護施設を舞台に
繰り広げられるドラマティック長編。

諦める前に、踏み出せ。
思い込みの壁を打ち砕け!
        ~帯紙より~


明日の子供たち

内容(「宮脇書店Blog」より

「明日の子供たち」は、
児童養護施設を舞台をした作品で施設で働く大人達、
そして子供達の心の葛藤や成長、
明日へ踏み出そうとする力強い姿が描かれています。

元営業マンから転職してきた新任職員の三田村慎平は、
やる気満々で児童養護施設『あしたの家』にやってきた。

しかし3年目の先輩女性・和泉にはいきなり叱られ、
見た目は陰気だがベテランで信頼の篤い猪俣にも諭されてしまい、
どうにも空振りしている。

しかも施設内で“問題のない子供”と言われている少年・久志はともかく、
少女・奏子に何故か嫌われてしまったみたいで・・・? 

この主人公格の三田村君、はじめはヒサやカナより情けなく、
大丈夫かとつい思ってしまうのですが、
物語が進むにつれ彼によって周りが変わっていく様子が実に爽快です。

変わらずバカな所もあるのですが、彼によって物語が始まり、
彼の成長した姿で締めくくられる珠玉のヒューマンドラマ。 



私自身、勝手な思い込みで理解していることが多々あり…
新人の頃の三田村先生に近いかも?
「明日の子供たち」は、その偏見に!?気付かせてくれた本
そんな私にとって、厳しくも優しい猪俣先生のような本でした。

本書を読みながら、
正しく「目から鱗が落ちる」気付きが沢山あり
知らないのは無関心と同じ?
有川さんの本が知る機会を与えてくれました。
ありがとうございますm(__)m

未読の方には、ステキな登場人物達に出会って欲しい
その想いを込めて帯紙にあった登場人物紹介を載せますね(^_-)-☆

・三田村慎平:やる気は人一倍の新人職員

・和泉和恵:愛想はないが涙もろい3年目(仕事の壁)

・猪俣吉行:理論派の熱血ベテラン

・谷村加奏子:聞き分けのよい“問題のない子供”16歳(将来の夢)

・平田久志:大人より大人びている17歳(恋の行方)
※()の言葉は、帯紙では吹き出しになっていました。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_08




小谷田奈月さんの「ジュンのための6つの小曲」


誰からも理解されない。
14歳のジュンは彼にしか聴こえない「音楽」が友達だった。
トクと出会うまでは。


『この本が奏でる音楽が、あなたの耳に届きますように。』

どうぞ。自由に。
ジュンを鳴らして。 ~帯紙より~




ジュンのための6つの小曲

内容(「BOOK」データベースより)

学校では「アホジュン」と蔑まれ、友達はひとりもいない。

でも、孤独じゃなかった。

「音」があった。自転車があった。

歌われることを待っている「歌」もあった。

14歳。夏の少し前。
同級生のトクが奏でるギターを聴いて、ジュンは、やっと気がつく。

自分が楽器であることに。

「僕、楽器なんだ!」小説の愉楽、ここにあ!! 歓喜。興奮。

ささやかだけれど奇跡的な物語。





小谷田奈月さんの本を読むのは初めてなのですが
図書館で中島梨絵さんの挿画にひと目惚れし
おもわず借りてきてしまった^_^;

もちろん前情報なしで読んだ本
でも頁を捲る手は止まらない!

小谷田さんの描く文章は不思議な響を奏で
ジュンの言葉は五線紙の上に描かれた音符のよう

トクとジュンの偶然の出会いが奇蹟の扉を開く
心に響くステキな物語でした。


各章のタイトルもステキですよ♡

♪ジュンとアコースティックギターのための小曲Ⅰ
♪ジュンと声楽のための小曲
♪ジュンと吹奏楽のための小曲
♪ジュンとハトのための静寂
♪ジュンとピアノのための小曲
♪ジュンとアコースティックギターのための小曲Ⅱ


すべてが音楽と繋がっているジュンの感性(サヴァン?)
天才の見る風景を垣間見せてくれた物語でした。


宝物のような物語と出会うことができ
中島梨絵さんの挿画に感謝です m(__)m





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_02





以前、原田マハさんの「太陽の棘」の記事をUPした際
「ニシムイ ~太陽のキャンバス~」展を紹介しましたが
やっと観に行くことができました。


原田マハさんの「太陽の棘」過去記事URL
http://bookmusicmovie.blog.fc2.com/blog-entry-497.html




ニシムイ カタログ1

ニシムイ カタログ2


素晴らしい作品を実際にこの目で観ることができ感動!!

特に、本の表紙となっていた絵を2作品とも観ることが出来たのが、
ホント嬉しかったです(*^_^*)


【スタンレー・スタインバーグ:玉那覇正吉】

太陽の棘


【自画像:玉那覇正吉】
太陽の棘2




素晴らしい作品群の中でも、心を鷲掴みにされた作品がこちら



【老母像:玉那覇正吉】

老母像 玉那覇正吉

「老母像」、作品の前で動けなくなるほど圧巻でした!



もちろん、他にも素晴らしい作品ばかりで、
詳細は下記のURLをクリックしてご確認下さい。

[沖縄県立博物館・美術館.WEB]

http://www.museums.pref.okinawa.jp/art/topics/detail.jsp?id=1401


お近くにお住まいの方、ご旅行で沖縄へ訪れる方
よければ足を運ばれてみては如何でしょうか?
「ニシムイー太陽のキャンバス」展、ホントお薦めです!

もし観に行かれるのなら、その前に
原田マハさんの『太陽の棘』を先に読んで下さいね(^_-)-☆
そのほうが感動倍増すること間違いなし(^_^)v




テーマ : お勧め    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_01




08  « 2015_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.