夏川草介さんの「神様のカルテ3」


「医者をなめてるんじゃない?
 自己満足で患者のそばにいるなんて、
 信じられない偽善者よ」

青年医師・栗原一止に訪れた、最大の転機!
                  ~帯紙より~




神様のカルテ3

内容(「小学館」より)

自己満足で患者の傍にいるなんて偽善者よ。

栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の
本庄病院で働く内科医である。

医師不足による激務で忙殺される日々は、
妻・ハルの支えなくしては成り立たない。

昨年度末、信濃大学医局からの誘いを断り、
本庄病院残留を決めた一止だったが、
初夏には恩師である古狐先生をガンで失ってしまう。 

夏、新しい内科医として本庄病院にやってきた小幡先生は、
内科部長である板垣(大狸)先生の元教え子であり、
経験も腕も確かで研究熱心。
一止も学ぶべき点の多い医師だ。
 
しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、
急患であっても受診しないのだった。

抗議する一止に、小幡先生は
「あの板垣先生が一目置いているっていうから、
どんな人かって楽しみにしてたけど、ちょっとフットワークが軽くて、
ちょっと内視鏡がうまいだけの、どこにでもいる
偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。

彼女の医師としての覚悟を知った一止は、
自分の医師としての姿に疑問を持ち始める。

そして、より良い医者となるために、新たな決意をするのだった。




神様のカルテ3も、やはり涙なくしては読めない…
前回の反省から!?本書はちゃんと自宅にて読みました。(正解!)


小幡先生の「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの。」
その言葉が一止の背中を押すことになるのですが
著者自身が医者であるからこそ、重く突き刺さる言葉でした。
患者の立場としては、全ての医者がそう感じていると信じたいです。
無知であることに気づけない医者がいるとしたら怖いですよ…。


読みながら、医療関係者の方々の苦悩や大変さが伝わってきて
おもわず、『コンビニ受診を決してやりません!』と心の中で叫んでいる?


本書では、医療ミスや、診察拒否等も描かれ
全体的に、重苦しい空気が通奏低音のように流れており
一止ではないけれど頭痛がしてきそうに…!?
でも、魅力的な登場人物達の存在が
特にハルの妖精のような透明さが
物語に浮遊感、清涼感を与えてくれて
読後は思いのほか爽やかな気持ちになれました。


『神様のカルテ0』も是非読みたいのですが
夏川さん、3の続きも出版お願いしますm(__)m







テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_08_31




07  « 2015_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.