宮部みゆきさんの「ペテロの葬列」


今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎はある日、
拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。

事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。

しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!

事件の真の動機の裏側には、日本という国、
そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!

あの杉村三郎が巻き込まれる最凶最悪の事件!?

息もつけない緊迫感の中、物語は二転三転、そして驚愕のラストへ!
                       ~帯紙より~



ペテロの葬列 BOOK

あらすじ(「エルパカBOOKS」より)

『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾!

今多コンツェルン会長室直属のグループ広報室に勤める
杉村三郎が主人公の現代ミステリー!

杉村はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。

警察の突入そして突然の拳銃の暴発で犯人は死亡、
人質は全員無事に救出され、
3時間ほどであっけなく事件は解決したかに見えたのだが―。

しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!

そのバスに乗り合わせた乗客・運転手のもとに、
ある日、死んでしまった犯人から慰謝料が届く。

なぜすでに死んでしまった、
しかも貧しいはずの老人から大金が届いたのか?

そしてそれを受け取った元人質たちにも
さまざまな心の揺れが訪れる。

警察に届けるべきなのか?それとも・・・?

事件の真の動機の裏側には、日本という国、
そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!

果てしない闇、そして救いの物語!




ドラマ化されました!


ペテロの葬列 ドラマ

あらすじ(「wikipedia」より抜粋)

今多コンツェルン会長室・直属グループ広報室に勤める杉村三郎は、
編集長の園田瑛子と広報誌の取材で房総の町を訪れた帰り道、
拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇する。

運転手を含め、乗客は男女合わせて7人。

老人は「警察を呼んでください」と意外な指示を出した上で、
人質全員に「後で慰謝料をお支払いします」と謎の提案をする。

そして老人は自らが「悪人」と称する3人の人物達を連れてくるように
要求するが、事件は3時間というあっけなく短い時間で解決することとなる。




(CAST)
杉村三郎⇒小泉孝太郎さん

杉村菜穂子⇒ 国仲涼子さん

今多嘉親⇒平幹二朗さん

園田瑛子⇒室井滋さん

間野京子⇒長谷川京子さん

手島雄一郎⇒ムロツヨシさん

橋本真佐彦⇒ 高橋一生さん

井手正男⇒千葉哲也さん

田中雄一郎⇒峰竜太さん

柴野和子⇒青山倫子さん

坂本啓⇒細田善彦さん

前野メイ⇒清水富美加さん

迫田とよ子⇒島かおりさん

謎の老人⇒長塚京三さん

早川多恵⇒冨士眞奈美さん





TBSの2014年7月期『月曜ミステリーシアター』にて放送されました。

ドラマを毎週欠かさずに観ていたので、内容は知っていたのですが
宮部さんの言葉で紡がれた原作はとても味わい深く
最後まで楽しませてもらいました。

原作「ペテロの葬列」を読みながらも、
杉村夫妻は小泉孝太郎さん、国仲凉子さんが登場!?
まるでTVを観ているようで面白かったです。
原作をほぼ忠実にドラマ化されていました。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_08_18




07  « 2015_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.