恒川光太郎さんの「私はフーイー」


『転生を繰り返す少女フーイーが見た島の歴史と運命とは』

『夜市』の著者が紡ぎだす、新たな沖縄民話の世界
                  ~帯紙より~



私はフーイー

内容(「BOOK」データベースより)

ヨマブリと胡弓の響き、願いを叶えてくれる魔物、ニョラの棲む洞窟、
林の奥の小さなパーラー、深夜に走るお化け電車、祭りの夜の不吉な予言、
転生を繰り返す少女フーイーが見た島の歴史と運命とは―。

沖縄文化の描写と息遣いにあふれている。
怖さと不思議な心地よさが同居する、沖縄幻想譚全7篇。




『弥勒節』
この島では、臨終の際にユタが弥勒節を胡弓で演奏する風習があった。
他所と違い、この島においては、音を鳴らして死者を送る。

『クームン』
私はさとうきび畑に囲まれた集落で育った。
そしてそこには、クームンというものが出没した。

『ニョラ穴』
手遅れにならぬ前に記しておきましょう。
これを読んでいるあなたがなんらかの理由でニョラの支配する無人島
アナカ島にいるのであれば、決して奥の洞窟に近づいてはなりません。

『夜のパーラー』
薄暗い林の奥に赤い提灯が灯っているのが目にとまった。
《沖縄そば》の幟が出ている。小さなパーラーだった。

『幻灯電車』
お化け電車を目撃した同級生によると、お化け電車は青白く光り、
乗客が何人か乗っていたそうです。

『月夜の夢の、帰り道』
〈あなたのお父さんは、死神が目をつけている。かわいそうに。
あなたはお父さんが死んだ後、お祖母ちゃんの家に預けられる。
あなたのお母さんは戻ってこない。〉
 「な、何の話?」 〈未来の話さ〉

『私はフーイー』
フ-イーはそれから五十年後に蘇る。
北の集落に住む女の子が、ある春の日唐突に
「私はフーイーだ」といいはじめたのだ。



沖縄怪談短編集とありますが、怪談というよりは異界?

不思議な世界を覗いた後味は、あまりよくなかったかな…
いつもの恒川ワールドの面白さが伝わらなかったです。
恒川さんは、短編よりも長編の方が向いているかも?

ただ、作者が、読後のもやもや感を狙っていたのなら
私の感じた後味の悪さも、作者の思う壺ですね^_^;






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_07_23




06  « 2015_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.