原田マハさんの「花々」


私に、手紙をください。

教えてください。どこにいて、何をしていますか。
誰と一緒にいるんでしょうか。
私も教えます。頑張って生きている、自分のこと。
ここにいる、私のこと。
手紙を書きます。手紙をください。待っています。

明青と幸が出会ったとき、島では何が起こっていたのか。
ダイバーズショップの純子、明青の初恋の女性、成子。
さまよえる花々の、美しくも儚い島物語。

『カフーを待ちわびて』から3年。
 奄美諸島の小さな離島を舞台に生まれた
 感動のサイドストーリー。
                 ~帯紙より~


花々

内容紹介

『カフーを待ちわびて』の“明青と幸”の暮らしの傍でくり広げられていた、
もう一つの感動ドラマです。

島を愛する旅人でフリーターの純子と、故郷の沖縄を捨て、
東京のキャリアウーマンとして生きる成子。

ひょんなことから、この対照的な二人が出会い、
ある目的のために奄美諸島の神秘の島々を旅することに…。

しかし二人が見つけた物は、探していた目的以上の大きな物。

それぞれの「宿命」だった。





「花々」、とてもステキな物語
タイトル・装丁共に、綺麗で、美しく
目次を見ただけでも幸せな気分になれますよ

『鳳仙花』
・ダイビングショップでアルバイトをしている純子に
 先輩の奈津子が、あれはホウセンカだ、と教えてくれた。
 「花びらをつぶして爪の先に塗るんだよ。ほら、こうして」
 「沖縄では『てぃんさぐぬ花』っていう歌もあるんだよ』
 
『ねむの花 デイゴの花』
・また終電に逃げられた。ホープの散歩行ってくれたよね?
 夫の憲明にメールを送る。しばらく返信がこない。
 成子は首を傾げた。即レスする夫なのに
 その日に限って、成子が会社を出るまで、返信がなかった。

『さがり花』
・純子は奄美諸島の小さな島、与路島の港に着いた。
 なんの知識もなく、やってきた。理由はただひとつ。
 奈津子がメールで「なんにもない島だよ」と教えてくれたから。
 なんにもない、という一言に、強く惹かれた。

『千と一枚のハンカチ』
・成子は、奄美大島の離島、加計呂麻島に来ている。
 離島のリサーチを頼んだ「女ひとり旅中」の純子とは
 お互い目的地に着いたらメールする、ということで
 行き先を告げていなかった。

『花だより』
・朝、出かけるまえに郵便受けを開ける。
 夜ではなく、朝。
 純子は、朝いちばんに郵便受けを開けるのが好きなのだ。
 待っているのは、「島な人々」と純子が呼んでいる人たちからの手紙。


5つの連作短編からなる本書
読みながら、思わず涙が溢れてきて
でも、心をホンワカさせてくれる、そんな物語達。

実は私、『カフーを待ちわびて』まだ読んでいなくて…
ちなみに映画も観ていません。
先にサイドストーリー「花々」を読んでしまいました^_^;

『カフーを待ちわびて』を、今すぐにでも読みたい気持ちに!
次に読む本も決めてもらえ、嬉しい限りです(*^_^*)




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_07_10




06  « 2015_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.