米澤穂信さんの「満願」


第27回山本周五郎賞受賞
2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位
2014「週刊文春ミステリーベスト10」 第1位
2015年版「ミステリーが読みたい! 」 第1位
2015年「本屋大賞」第7位
TBS系列「王様のブランチ」
  ブックアワード2014 谷原章介賞受賞

『切れ味極上。
 これぞ、ミステリの至芸』
            ー帯紙よりー


※以下、多少ネタバレ有なので、これから読む方はスルーして下さいね^_^;


満願

内容(「BOOK」データベースより)

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。

驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、
交番勤務の警官や在外ビジネスマン、
美しき中学生姉妹、
フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。

入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、
ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。




6つの短編が収められている本書
『世にも奇妙な物語』を彷彿とさせるサスペンス・ミステリーに
頁を捲る手を止められず、一気に読んでしまいました。

『夜警』
妻に切りつけ110番通報された夫・田原が
駈けつけた警官たちに切りかかったため
川藤巡査が拳銃を五発発砲。
田原はその場で死亡。
刺された川藤巡査は殉職。
…交番長の俺が呟いた独り言…
『あいつは所詮、警察には向かない男だったよ。』

『死人宿』
元恋人・佐和子を探して山奥にある温泉宿を訪ねた私。
その宿は、自殺志願者たちのあいだで評判となり
不便な山奥にもかかわらず『死人宿』と呼ばれ客足は絶えないらしい。
佐和子は、そんな『死人宿』で仲居をしているという。

『柘榴』
さおりが大学のゼミで知り合った佐原は
けっして美男子ではないが、彼の心地よい声の響きが
妙に異性を魅了し、さおりもそんな佐原に惹かれていき
容姿が美しいさおりは、ライバル達を篩い落とし佐原と結婚する。
しかし結婚した後の佐原は、生活力がなく仕事を転々とし
その上、浮気をして次第に家にも帰らなくなった。
さおりは、離婚しようと決意するが…
娘の親権をめぐり、佐原と家庭裁判所で争うことになる。

『万灯』
私は裁かれている。
アラムを殺したのも、森下を殺したのも
全て必要なことだったのだ。
露見しないはずだった。不愉快な仕事は片付いて
元の有意義な仕事に胸を張って戻っていけるはずだった。
だがいま、私は裁かれつつある。
思いも寄らなかった存在によって。

『関守』
ライターの俺は、知り合いの編集者から
都市伝説を書いてくれと依頼を受ける。
手持ちのネタが無い俺は、先輩のところに駆け込んだ。
先輩に渡されたネタは『死を呼ぶ峠(仮題)』
しかし先輩は、『いや、やっぱりそれはやめた方がいいかもしれない』
『そいつは、ホンモノだって気がするんだ。』と言い
俺をひき止めた。

『満願』
鵜川妙子の裁判は、私が弁護士として独り立ちしてから
初めて取り扱った殺人事件だ。
妙子は、私が学生の頃下宿していた家の奥さんで
その家の主人・重治の商売が旨くいかず
みるみるうちに商売は左前になっていった。
借金を重ねていた重治が入院したため
妙子の元を金貸しの矢場が訪れ
妙子はその矢場を刺殺してしまう。


タイトルにもあるとおり
それぞれの業、願い、思惑によりなされた満願。
登場人物の深層に潜む心の闇が
緊張感溢れる文体で描かれており
なかでも『関守』のストーリー展開には唸らされた。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_05_05




04  « 2015_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.