海堂尊さんの「医学のたまご」


『中学生のボクが医学部で研究をすることになっちゃった!?』

『分厚い医学書が10冊宿題!?ご冗談を。』

『英語の論文なんて、ムリムリムリ!読めないって。』
                   ~帯紙より~



医学のたまご

内容(「BOOK」データベースより)

僕は曾根崎薫、14歳。
歴史はオタクの域に達してるけど、英語は苦手。
愛読書はコミック『ドンドコ』。
ちょっと要領のいい、ごくフツーの中学生だ。

そんな僕が、
ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、
東城大学の医学部で医学の研究をすることに。
でも、中学校にも通わなくっちゃいけないなんて、
そりゃないよ…。

医学生としての生活は、冷や汗と緊張の連続だ。
なのに、しょっぱなから
なにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。
教授は大興奮。研究室は大騒ぎ。

しかし、それがすべての始まりだった…。

ひょうひょうとした中学生医学生の奮闘ぶりを描く、
コミカルで爽やかな医学ミステリー。




本書「医学のたまご」は、YA向けの本ですが
大人が読んでも充分に楽しめると思います。

特に私が気に入ったのは、各章のタイトル

第1章「世界は呪文と魔方陣からできている」と
    パパは言った。

第2章「扉を開けたときには、勝負がついている」と
    パパは言った。

第3章「初めての場所でまず捜すべきは、身を隠す場所だ」と
    パパは言った。

第4章「エラーは気づいた瞬間に直すのが、最速で最良だ」と
    パパは言った。

第5章「ムダにはムダの意味がある」と
    パパは言った。

第6章「閉じた世界は必ず腐っていく」と
    パパは言った。

第7章「名前が立派なものほど、中身は空っぽ」と
    藤田教授は言った。

第8章「悪意と無能は区別がつかないし、つける必要もない」と
    パパは言った。

第9章「一度できた流れは、簡単には変わらない」と
    パパは言った。

第10章「世の中で一番大変なのは、ゴールの見えない我慢だ」と
     パパは言った。

第11章「心に飼っているサソリを解き放て」と
     パパは言った。

第12章「道は自分の目の前に広がっている」と
     僕は言った。



あちらこちらに海堂作品の欠片が散りばめられているので
それを探してピースを当て嵌めていくのも面白い!

主人公の曾根崎薫は、『ジーン・ワルツ』で生まれた双子のひとりで
ゲーム理論学者、曾根崎伸一郎・父親に引き取られたらしい。

曾根崎家に住み込みで働く家政婦の山咲さんは
『ジーン・ワルツ』『マドンナ・ヴェルデ』で
双子を代理出産したみどりさん?

スーパー高校生・佐々木アツシ君は、『ナイチンゲールの沈黙』
『モルフェウスの領域』『アクアマリンの神殿』に登場した
あのアツシ君。
こちらでは、カッコイイ頼りになるお兄さんとして登場しています。

教授になった田口先生や、高階学長、他も
チョイ役?で登場していますよ。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_17




03  « 2015_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.