海堂尊さんの「アクアマリンの神殿」


“ ぼくの願いは、
 彼女が無事に目覚めること。
 それだけだ。”

人口凍眠から目覚めた少年は、
最新の医療が生み出した過酷な現実を
乗り越えられるのか。
          ~帯紙より~



アクアマリンの神殿

内容(「BOOK」データベースより)

桜宮市にある未来医学探究センター。

そこでたったひとりで暮らしている佐々木アツシは、
ある深刻な理由のため世界初の「コールドスリープ」技術により
人工的な眠りにつき、五年の時を超えて目覚めた少年だ。

“凍眠”中の睡眠学習により高度な学力を身につけていたが、
中途編入した桜宮学園中等部では平凡な少年に見えるよう
“擬態”する日々を送っていた。

彼には、深夜に行う大切な業務がある。

それは、センターで眠る美しい女性を見守ること。

学園生活に馴染んでゆく一方で、
少年は、ある重大な決断を迫られ苦悩することとなる。

アツシが彼女のためにした「選択」とは?

先端医療の歪みに挑む少年の成長を瑞々しく描いた、
海堂尊の新境地長編!




『モルフェウスの領域』の、その後を描いている本書では
『モルフェウス』でアツシを見守り続けていた涼子が
今度はアツシに見守られている。

『モルフェウス』では、
涼子のアツシへの想いが優しく、そして切なかったけど
「アクアマリン」では、アツシの成長していく姿が眩しい。

ただ私としては『モルフェウス』の方が好みでしたね。

「アクアマリン」でも、その空気感を引き続き感じられるかなと
楽しみにしていたので、少し残念…。

「アクアマリン」は、学園青春もの感が強くて…
特に、アツシと友人たちの絡みには、
いまいち付いていけなかった…^_^;


涼子が目覚めた後の物語を、是非読んでみたいです!
「アクアマリン」の続編?にあたる「医学のたまご」
まだ未読なので、こちらを先に読まなくては!
「医学のたまご」YA向けですが、
今から読むのが楽しみです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_04




03  « 2015_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.